おばけのもり (ことばあそび絵本)

  • 94人登録
  • 3.69評価
    • (8)
    • (13)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 石津ちひろ
制作 : 長谷川 義史 
  • 小学館 (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097261810

おばけのもり (ことばあそび絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あいうえお作文。この手の作品は、文章の意味がわからない事が多いが、本作もしかり。あいうえお作文があまり上手くない。

    カッパの所は面白かった。

  • 図書館で借りて読み。

    言葉遊び絵本。あいうえお作文みたいな。
    かっぱがたくさん出てきたのがうれしかった(かっぱ好き)。

  • 24年度1年 ⑫1年  ⑫

  • いろいろな妖怪が次々に登場し、その名前であいうえお作文をしていくお話です。この絵本をきっかけに、子供たちとオリジナルのあいうえお作文を考えるのも楽しそうだと思いました。(メイ)

  • なかなか面白いです。1、2年生なら好きそうかな。

  • ダジャレも おりこまれた ことばあそび♪

  • 友達と神社のお祭りに行った男の子が、買ったたこ焼きを食べようとするとたい焼きが転がって行って暗い穴の中へ。
    追い掛けていくとお化けの世界へ。
    幽霊、河童、ろくろ首、大入道、吸血鬼…。
    いろいろな妖怪の名前であいうえお作文の文章が出来ていて話が進む。
    最後はお化けのパーティでまたたこ焼きを食べようとしたらたこ焼きが転がって、気が付けば元の神社からの帰り道。
    目の前には友達もいるのだった。

    さすが石津ちひろ、妖怪の名前であいうえお作文の言葉遊び。
    ゼッケンに小学館と書いてあったりと細かいところでも笑える。

  • ≪県立図書館≫

    子供達、たこやき探しに夢中。
    絵がコミカルだった。

  • 2013/9/3
    一年生

  • おばけをあいうえお作文で説明してあり楽しいです。

全24件中 1 - 10件を表示

石津ちひろの作品

おばけのもり (ことばあそび絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おばけのもり (ことばあそび絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おばけのもり (ことばあそび絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする