カプリの王さま

  • 25人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : ジェーン レイ  Jeanette Winterson  Jane Ray  柳原 由紀  Ayuo 
  • 小学館 (2012年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097262077

カプリの王さまの感想・レビュー・書評

  • 作者の都合が見える

  • 贅沢三昧の王様の財産一式が風に飛ばされ、貧乏なおばさんの家の庭に舞い降りた。一夜にして大金持ちになったおばさんは…。

    美しい色彩の絵、童話の王道を貫いたストーリー展開です。小姑みたいに本選びに口を出す人がいる場での読み聞かせの場などでは、鉄板な一冊。

  • 小説家、ジャネット・ウィンターソン初の絵本だそう。

    カプリの島に食べるのが大好き、贅沢三昧の王様が暮らしていました。
    ある日、大嵐がやってきて何もかもが向かいのナポリの町の一番貧しい洗濯おばさん(ジュエルさん)の裏庭に飛んでいってしまいます。
    一気に王様が貧しくなり、それまで貧乏だったおばさんが女王に立場が逆転してしまうのが面白い。
    貧しく質素な暮らしでも気持ち一つで豊かに楽しくできるのかなと思いました。
    逆にどんなに豊かでも心が満たされていなければ寂しく空しいものなんだということも。

    明るく色鮮やかな絵も印象に残りました。

  • イギリス人が思うイタリアのイメージかしら?とも思いました。ネコの役割がもう少しありそうに思ったものの、それほどなかったのががっかり。

  • カプリの王さまは毎日、ぜいたくな料理をたくさん食べていました。それでも、口がふたつあればいいのに、とさえ思い、貧しい人々の事など考えた事もありませんでした。
    そんなある日、大風が吹き、王様の持ち物のみならず、国じゅうのいろんな物が飛ばされました。
    飛ばされた先は、ナポリの貧しい洗濯おばさんの庭でした。いきなりすべても物を手に入れた洗濯おばさんは・・・。


    自分だけよければ、なんでも独り占め、なんて、物に満たされても心は寂しい。明るくユーモラスなイラスト。

全5件中 1 - 5件を表示

カプリの王さまの作品紹介

むかしむかし、カプリの島に、食いしんぼうの王さまがすんでいました。毎日毎日ごちそうの食べほうだい。ところがある日、大あらしがやってきて、王さまの洋服やごちそうを、入り江のむこうの町ナポリの、まずしいせんたくおばさんのうら庭に、つぎつぎとおとしていきました。きるものも、なにもかもなくした王さまは、しかたなく、せんたくおばさんに会いにでかけていったのですが…。

ツイートする