ゆうかんなうし クランシー

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : Lachie Hume  長友 恵子 
  • 小学館 (2011年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097263203

ゆうかんなうし クランシーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ロミオとジュリエット」の牛版、皆んな仲良くって事⁉️

  • 幼稚園
    仲間と違って模様のない黒牛の話
    最後はみんなと仲良くなる

  • 978-4-09-726320-3 33p 2011・5・14 初版1刷

  • 可愛く、ユーモアもあって、感慨深い本。
    良作

  • 12歳の子が作った話だそう。(たぶん絵も)同じ仲間たちと違う柄で産まれてしまったクランシー。でもその体の色を活かして大きくなり、皆を救う。どの学年でも読んであげられそうです。

全5件中 1 - 5件を表示

ゆうかんなうし クランシーの作品紹介

クランシーは、冬のあらしの日に生まれた。その日、パパとママは、とってもがっかりした。だって、パパとママは、胴のまわりが白い、シロオビ・ギャロウェイ族の牛だったから。クランシーは、からだじゅう、まっ黒だった…。

ツイートする