いいな いいな あの おうち (おひさまのほん)

  • 36人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 軽部武宏
  • 小学館 (2013年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097264958

いいな いいな あの おうち (おひさまのほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「あ、おれ、最後に初めて下選ぶ!」(S9)

    かるべくんが案内してくれる不思議なお家。何故か二件づつ、どっちがいい?って。
    そういえば子供の頃、家の中を延々描くのが好きだったとこの絵本を見て思い出した。
    ノートをめくると隣の部屋で、理想の部屋を描く。
    ダンボールを解体したものに巨大な地下のお家を描いたりもしたなあ。
    「100かいだてのいえ」を開きたいと思わないのは、そんな小さな自分の満足をプロの上手な絵と比べるのが怖いのかもしれない。
    ところでこの絵本には家の中は出てこない。ただ以外なところに思わずニヤリとする家がある。
    自分が住むならどのおうち?比べる参考に追記されるそれぞれのお家知識にもニヤニヤ。

    「ねぇねぇ、どのお家がいい?Mちゃんはあ。”あ”がいい。」(M6)
    よく見たら表紙もお家だった。うーん。「の」か「ち」かな。
    「あ」「な」は中庭ができるんだな。それもいいな。
    「い」「う」は一度外に出ないと別棟に行けないし。
    などとつい現実的に想像する。
    でもこういうのも楽しい。

  • 元気が好きそう。
    どっちがすきかな?

  • 変なお家が2つずつ登場。
    勝手に吸い込まれて招かれる家、トランポリンになっている家、バス停になっている家、てるてるぼうずになっている家、ハムスターの車みたいになっている家、カエルがたくさん来るハスの家…。

    面白いけれど、どっちがいいと言われても実際にはどっちも住みたくない。

全3件中 1 - 3件を表示

軽部武宏の作品

いいな いいな あの おうち (おひさまのほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いいな いいな あの おうち (おひさまのほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いいな いいな あの おうち (おひさまのほん)の作品紹介

ありそうでありえない、すてきなおうち!

読み聞かせ絵本雑誌「おひさま」で2004年から8年間連載され、大好評をはくしたお話の絵本化第2弾。
一級建築士の資格をもつ作者が、ありそうでありえない、とってもおもしろいお家を考えました。掃除機や冷蔵庫といった家電のおうちや、折り紙や郵便はがきのおうちという、ちょっと想像のつかないおうちが勢ぞろい!全部で14軒のお家とその秘密を大公開します。
読み聞かせをしながら、「どれが好き?」「こんなおうちを考えた!」など、親子で会話が広がります。

いいな いいな あの おうち (おひさまのほん)はこんな本です

ツイートする