おじいさんとヤマガラ―3月11日のあとで

  • 41人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鈴木まもる
  • 小学館 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097265078

おじいさんとヤマガラ―3月11日のあとでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鳥が大好きで、冬の間に家の周りに巣箱をつけ、ヤマガラが巣箱の中で卵を産み、親鳥がせっせと虫を運んでひなを育て、ひなが元気に飛び立つのを楽しみにしているおじいさんがいます。冬にはエサ台にひまわりの種を置き、沢山のヤマガラがおいしそうに食べにきます。3.11の原発事故のあと、やってくるヤマガラが少なくなり、とても心配しているおじいさんです。おじいさんは、今までよりよりも沢山巣箱を作り、山の掃除もして、沢山の鳥や動物が暮らしていけるようにしたいと思っています! 鈴木まもる 作「おじいさんとヤマガラ」です。

  •  3月11日、大きな地震がおこった。おじいさんのすむところから、いくつか山をこえたところにある原子力発電所が津波でこわれた。5月、いつものようにヤマガラがやってきて、巣を作りヒナを育てはじめた。

  • またもや 鈴木先生の名作誕生!

全4件中 1 - 4件を表示

鈴木まもるの作品

おじいさんとヤマガラ―3月11日のあとでを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おじいさんとヤマガラ―3月11日のあとでを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おじいさんとヤマガラ―3月11日のあとでの作品紹介

おじいさんは、むしやとりやどうぶつがだいすきです。ふゆになると、いえのまわりに6このすばこをとりつけます。まいとし、ヤマガラがやってきてヒナがそだつのがたのしみなのです。このふゆもおなじようにすばこをつけました。あのじこのあと、おじいさんはしんぱいでしんぱいでしかたありません。

おじいさんとヤマガラ―3月11日のあとではこんな本です

ツイートする