ちかてつのぎんちゃん

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鎌田歩
  • 小学館 (2016年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097266211

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェリー・ダスキ...
間瀬 なおかた
tupera t...
山岡 ひかる
鈴木 のりたけ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちかてつのぎんちゃんの感想・レビュー・書評

  • 地下の苦手なぎんちゃんが、まわりの音に耳をすまし励まされてがんばる。

    C8771

  • 4歳後半
    のりもの絵本を読み漁る中、
    とっても存在感が増してきているのが鎌田歩さんの本。
    これは氏の絵本の中で、
    乗り物が擬人化されているところが珍しい。
    銀座線、よく乗っていたけど
    地下鉄電車がトンネル怖い、なんて思ったこと
    なかったなぁ~。
    ・・・などなど、
    思いながら読んでいる親のわたし。
    息子はただ黙って聞いて楽しんでいます。

全2件中 1 - 2件を表示

ちかてつのぎんちゃんの作品紹介

地下鉄電車ぎんちゃんのゆかいなお話

こどもの大好きなのりもの絵本『ヘリコプターのぷるたくん』に続く、第2弾。小さなこどもが必ず夢中になる電車の絵本です。
大都市の地下を網の目のように走る地下鉄は、真っ暗なトンネルのなかを走る電車です。それは、ちょっと不思議な存在。地下のトンネルのなかは、古い引き込み線があったり、上にも下にも電車が走っていたり、使われてない駅があったり・・・。恐がりで暗いトンネルが苦手なぎんちゃんが、トンネルの世界を大冒険します。
モデルは、実際に走っている東京メトロ、銀座線。地上の始発浅草から、地下に潜って、終点の渋谷までの大冒険です。東京メトロ監修。

【編集担当からのおすすめ情報】
銀座線は、日本で最初の地下鉄です。現在は、開業当時の1000系の車両を当時の塗色を再現した復刻版が走っています。丸っこいボディーがとてもかわいらしいのですが、この絵本では、その実物さながらのキュートなキャラクターとして登場します。
暗いところが苦手な、ちょっとおちゃめなぎんちゃんが、がんばる姿は、小さな子どもの共感を呼ぶでしょう。

ちかてつのぎんちゃんはこんな本です

ツイートする