まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん

  • 46人登録
  • 3.69評価
    • (4)
    • (5)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 朽木祥
制作 : 片岡 まみこ 
  • 小学館 (2016年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097266228

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 食べてばかりで狸みたいに太ってしまったひとりぼっちのノネコ

    友だちをさがしに山をおりると
    子犬においかけられてとびこんだ土管にはまってしまう

    おりしもまんげつの夜
    たくさんの猫がやってきてノネコの土管でうたいだすおどりだす

    版画の猫も愛らしく
    読後ほっこりの物語絵本、子どもからおとなまで

  • >ひとりぼっちのノネコは、食べてばかり。
    さみしいと、心のかわりにおなかをみたしてしまう。
    とうとう、ノネコは、ともだちをさがしにでかけた。
    まんげつの夜は、猫たちの特別な夜。
    たん、たん、たん!
    「まんげつのよ~~~~~~~る」
    たん、たたん!
    さてさて、なにがおきるのでしょうか?

    なんとも不思議なタイトル。
    どんな話なのか楽しみにしながら読み始めました。

    ずっと一人ぼっちで寂しい暮らしをしていたノネコ。
    食べても食べてもおなかがいっぱいにならない・・・
    分かるような気がしました。
    でも、待つことをやめて自分から友達を探しに出かけたノネコの勇気は素晴らしい。
    土管にはまってしまうアクシデントはあったけれど、たくさん友達ができてよかったよかった。
    心が満たされた時、狸のようだった体も元に戻ったというのもなるほどでした。
    片岡まみこさんの版画もとても雰囲気があって素敵でした。

  • まずタイトルが目を惹く。そして表紙にはこちらを見返す猫一匹。どんなお話だろうかとワクワクする。
    山の上でひとりで暮らしているけど、ごちそう作っても誰も来ない。そんなノネコが
    町に降りてみたら犬に追われて土管の中へ。
    そう言えば子どもの頃、空き地の土管に入って遊んだなあと懐かしく思い出す。猫も子どもも潜れるところは潜るし、穴から出るものがあれば気になるよね。
    ひとりとひとりぼっちは違う。どかんねこのノネコは、ひとりで山の上に住んでいてももうひとりぼっちじゃない。
    使われる言葉も絵もユーモラスで楽しい。
    ”まんげつのよーる!”
    ”ほろほろ、どかんねこのあしがいっぽん!”
    月の光に照らされて猫たちが歌い踊る姿を見ちゃったら、もう楽しくてたまらないよね!

  • 食卓のシーンがいい。キツネ色にこんがり焼けたフィッシュケーキ(どんな味なんだろう)とか、ネコのラベルの赤ワインとか。猫好きだという版画家・片岡まみこさんが描くネコたちが可愛い。

  • 絵が可愛かった(ご近所の太めの猫に似ている!)ので読み始めたが、ストーリーもありきたりではなくて、おもしろかった。
    猫たちの緩い連帯がよく表れていると思う。

  • どかんねこのあしがいっぽん~~♪

全6件中 1 - 6件を表示

朽木祥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
柏葉 幸子
tupera t...
ばーじにあ・りー...
ヨシタケ シンス...
あき びんご
宮下 奈都
くすのき しげの...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽんの作品紹介

さみしいノネコのたのしいお話

山に暮らしていたひとりぼっちのノネコ。ノネコは、さみしくなって山をおりることにしました。けれども、でっかい犬に追いかけられて、ノネコはびっくりして、土管の中に逃げ込みました。ところが、なんと、土管から体が抜けません。
なぜかというと、ノネコは、山で、毎日毎日お料理を用意して、お客を待っていたのですが、だ~れもやってきません。しかたないので、ひとりで食べてしまっていたので、いつの間にか狸みたいに大きくなってしまったのでした。
土管にはまったノネコが、じたばたもがいているところに、猫たちが集まってきました。その日は、まんげつの夜。それから、なにが起きたかというと・・・・・・。

児童文学の数々の賞を受賞している朽木祥の最新作、子どもから大人まで、ほろっとする絵物語です。

猫好き画家の片岡まみこさんが、すてきな版画で、物語を描いてくださいました。

【編集担当からのおすすめ情報】
ひとりぼっちでさみしかったノネコは、食いしん坊。食べても食べてもお腹がいっぱいにならないような気がしてました。そして、いつの間にか狸みたいに大きくなってしまったのですが、それは、なんとも人間のようです。
読み終わったときに、心が満たされる、そんな物語です。

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽんはこんな本です

ツイートする