たのしいひっこし: ぴっかぴかえほん

  • 22人登録
  • 2.88評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 小学館 (2016年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097266624

たのしいひっこし: ぴっかぴかえほんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はるおくんが近所を引っ越して挨拶してあるきます。ナンセンスな挨拶ぶりが楽しいです。

  • 岡田よしたかさんらしい、斬新なお話。

    終盤の街全体が見渡せるページが特に面白い。たい焼きやさん、近いじゃんとか(笑)

  • 引っ越し先は!?

全3件中 1 - 3件を表示

岡田よしたかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
西村 敏雄
シゲタ サヤカ
tupera t...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

たのしいひっこし: ぴっかぴかえほんの作品紹介

「うわっ!」とビックリ、ぼくのまち

新しい町へ引っ越してきたぼく。どんな町かなと散歩に出かけます。犬小屋の横にネコ小屋があったり、シマウマに憧れているシロウマに頼まれごとをしたり・・・。ぼくは次々にあらわれる思いもよらぬ住人達と友だちになっていきます。関西弁のリズムで楽しく綴られる、ツッコミどころ満載の展開に、思わずクスクス、ニヤニヤ。笑いを誘う絵本です。

【編集担当からのおすすめ情報】
奇想天外な物語がだんだんとエスカレートしていって、とある住人と一緒に、ぼくの町を見下ろすシーンは必見! 岡田よしたかワールドが炸裂した楽しい絵本です。住み慣れた町もいいけれど、新しい町も楽しいかも、と思えてきます。

たのしいひっこし: ぴっかぴかえほんはこんな本です

ツイートする