はじめてのオーケストラ

  • 65人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館 (2016年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097266716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
トミー=アンゲラ...
エラ・フランシス...
アンヌ クロザ
デビッド マッキ...
宮下 奈都
シェル・シルヴァ...
ヨシタケシンスケ
ビバリー ドノフ...
ポール・フライシ...
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

はじめてのオーケストラの感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

はじめてのオーケストラを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はじめてのオーケストラを本棚に「積読」で登録しているひと

はじめてのオーケストラの作品紹介

指揮者佐渡裕が初めて手がけた絵本が登場!

2011年にベルリンフィルを指揮し、現在オーストリアを代表するトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督を務める世界的指揮者佐渡裕氏が初めて手がけた絵本。
ひとりでも多くの子供たちにクラシックコンサートに足を運んで欲しいという思いがこもっています。絵は人気絵本画家のはたこうしろう氏。本作に登場する曲は日本人が一番好むといわれる、歓喜の歌で有名なベートーヴェンの『第九』。主人公は6才の女の子。お父さんは指揮者というお仕事をしている。でもお父さんの仕事って何?オーケストラって何だろう。自分ははまだ未就学児童だったから演奏会に行けなくて、よくわかりません。でも大丈夫。やっと小学校にあがったのです。今日はオーケストラの演奏会に行ける日。おめかししてお母さんと一緒にコンサートホールへ向かいます。ホールに入ると、そこにはたくさんの人、人。そしてたくさんの演奏家たち。
舞台が暗くなりお父さんが指揮台に立つと、素晴らしい時間が始まりました……。

ツイートする