かさじぞう (日本名作おはなし絵本)

  • 21人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 柏葉幸子
制作 : 村上 勉 
  • 小学館 (2009年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097268819

かさじぞう (日本名作おはなし絵本)の感想・レビュー・書評

  • 村の外れの6体のお地蔵さんがあったが、おじいさんとおばあさん以外は見向きもしなかった。
    笠を売りに行った帰り道、雪まみれのおじぞうさんをかわいそうに思い、傘を被せる。
    1体分足りないので自分の笠を被せる。
    夜、おじぞうさんの声が聞こえ、返事をすると戸口の前に米俵や正月の食べ物が。

    文章は柏葉幸子。
    こんな昔話も担当していたんだ、と驚き。
    おじいさんおばあさんが日頃からお地蔵さんを大事にしていたことが追加されているのが珍しい。
    単純に昔話の筋を追うのではなく、物語として膨らませてあるのが面白い。
    一般的な基本的な話だけを求める人には向いていないとも言える。

    絵は村上勉。
    市でものを売っている人たちがみんな同じに見えるけれどご愛嬌。
    笠を持っているおじいさんを見つけるのに少し探した。
    村上勉のおじいさんおばあさんは昔話にぴったり。

  • ・「小さな家」というが絵からは分からない、お地蔵さんが一列になってやってくる、と書いてあるが絵では一列ではない、など絵が文章とあっていないことがあり気になる。
    ・文章が説明的。余計な情報が多い。
    ・お地蔵さんがお地蔵さんらしくない。

  • 大好きな柏葉幸子さんというだけで飛びつくのに、村上勉さんの挿絵ときました!
    図書館の児童担当によると「導入部に、大晦日ではない普段のおじいさんおばあさんの様子が書かれているのがいい」だそうです。最後のお地蔵様にはおじいさんのかさをあげ、お地蔵様がやってくる姿を直接見ているという点が私の覚えている話とは少し違いましたが、昔話なのでいろんな語られ方があるのかな?

全4件中 1 - 4件を表示

かさじぞう (日本名作おはなし絵本)の単行本

ツイートする