みつばちマーヤの冒険 (小学館児童出版文化賞受賞作家シリーズ)

  • 46人登録
  • 3.95評価
    • (8)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 小学館 (1996年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (26ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097270423

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

みつばちマーヤの冒険 (小学館児童出版文化賞受賞作家シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 茨城県近代美術館の企画展「日本のプチファーブル熊田千佳慕展」で原画を見てきました。
    極細の筆の毛先三本で点描を打つようにして描く、超のつくよな細密・写実描写で有名なクマチカさんが最後につくりあげたマーヤの世界は、独特の極みです。
    デフォルメすれば親しみが増すってもんじゃないんだなぁぁ、と実感しました。リアルなムシにも、台詞があたると可愛らしかったり横柄だったりキャラクターが見えてきて、感情移入できるのが不思議です。緑のハエのハンスとヤンマのシュヌックの絵の前では、「ハンスーっ(涙)!」と心の中で叫んでしまいました。

  • 小さい頃アニメでみた記憶があったのだが、それはみなしごハッチだったらしい。高橋健二訳のマーヤはおしゃまで良い。

  • チビ1号、幼稚園にて。
    マーヤがぶじ、みつばちのくにに帰れて良かったといっていました。ドキドキしましたといっていました。

  • 大判・細密・リアルな絵。作者がいかに昆虫好きかが想像できる。鬼ヤンマが蝿を捕食するページ、スズメバチとミツバチが戦うページ、バッタが登場するページ、が印象に残った。

全4件中 1 - 4件を表示

みつばちマーヤの冒険 (小学館児童出版文化賞受賞作家シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

みつばちマーヤの冒険 (小学館児童出版文化賞受賞作家シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

みつばちマーヤの冒険 (小学館児童出版文化賞受賞作家シリーズ)はこんな本です

みつばちマーヤの冒険 (小学館児童出版文化賞受賞作家シリーズ)の単行本

ツイートする