ぼくのおにいちゃん

  • 23人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 星川ひろ子
制作 : 星川 ひろ子  星川 治雄 
  • 小学館 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784097272236

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしなが こうた...
谷川 俊太郎
マイケル・グレイ...
八島 太郎
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくのおにいちゃんの感想・レビュー・書評

  • 人間はそれぞれ違った「持ち味」をもってる
    お父さんの言葉に、「持ち味」を発揮できてないのは私だと思った。

  • 写真絵本。
    私としては、もう少し丁寧に時間をかけて読んであげたかったけれど
    少し長かったから、眠たい夜に読んだらブーイング気味。

  • 障害を持つ「ぼくのおにいちゃんって、なんでみんなのおにいちゃんとちがうのさ?」と問う弟に「人にはそれぞれもち味っていうのがあってね、みんなちがう味がするんだよ」と父親

  • この本の著者 星川ひろ子さん・治雄さんご夫婦のご長男が重度の知的障害・視力障害などを併せ持って生まれた経緯からこの写真絵本を出版されたそうです。息子の反応を見ていて感じるのですが、この本が写真絵本であるが為に見たままの事実をそのまま受け入れているように思います。あれこれ質問はしてきませんし、写真の中のお兄ちゃんの屈託の無い笑顔が気に入っているようで、大好きな新幹線の絵本と同様に読んで欲しいと言います。

全4件中 1 - 4件を表示

ぼくのおにいちゃんはこんな本です

ツイートする