とらねこビスケット

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : パスカル ビエット  Becky Bloom  Pascal Biet  小宮 悦子 
  • 小学館 (2000年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (26ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097273134

とらねこビスケットの感想・レビュー・書評

  • ねことねずみは仲が悪いわるいといわれているけど、この絵本の主人公ビスケットは ねずみが大好き。ある朝新聞をみて仕事をさがしますが、すぐにクビになってしまいます。そんなビスケットをたすけてくれたのは、いがいなどうぶつでした。

  • 図書館で借りました。

     絵本。動物擬人化。
     なぜ、この世界でネズミだけ嫌われてるんだろう?
     レストランにアヒルがいる方がよほど不衛生なのに??
     人種差別的。

     内容
     虎猫のビスケットは仕事探すが、ネズミに木ぎれを渡すと倉庫を首になり、ネズミに桟橋で釣りをさせると、やはり首にされ、レストランでネズミのカップルを席に通すと、またまた問題になる。
     ネズミが嫌いな動物が多いからだ。
     ビスケットは思う。「ネズミを追い払うために猫のボクを雇ったんだ。でもそんなことはしたくない。ネズミはボクのことを追い払わないから」
     そしてビスケットは今までのネズミたちの協力で、ネズミのチーズ屋さんに落ち着く。

     ビスケットの台詞って、ベトナム戦争に行かないと言った米国の有名ボクサーの台詞に似てる。
    「俺はベトコンに怨みなんかねーぜ。なのになんで殺しにいかなきゃなんないんだよ」
     みんながそう言っていれば、戦争はなかったのにねえ。
     なんかとても意味深。
     ここのネズミってなんだか、ユダヤ人のイメージがする。

全2件中 1 - 2件を表示

とらねこビスケットはこんな本です

ツイートする