ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)

  • 135人登録
  • 3.92評価
    • (13)
    • (10)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 佐野洋子
  • 小学館 (2001年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097273240

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
平田 研也
有効な右矢印 無効な右矢印

ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)の感想・レビュー・書評

  • 『100人の心に響いた絵本100』の紹介文で引用されていた
    この言葉に射抜かれた。

      「ねえ とうさん、ぼく、とうさんの子どもでうれしいよ」

    このまっすぐな言葉を口にするくまの子はどんな子で、
    とうさんはどんなとうさんなのか。

    表紙のふたりは、
    もさもさでむっくりでステッキを片手になにやら思案顔の大きなとうさんと
    そのとうさんをあこがれのまなざしで見つめるむすこ。

    クレヨン画のような二匹は、美化されたきれいな姿というよりも
    ずんぐりむっくりの体型で描かれている。

    中表紙は、くまの家族のものと思われる三枚の大きさの違うタオルが干されているところ。

    それだけで、なんだか幸せな家族だということが伝わってくる。

    くまの家族が住んでいるのは、森の中。

    雪が所々残っている中にある小屋。

    くまの子とかあさんしかいないけど、
    そこはとうさんが、ちゃんと「いる」ってわかる。

    ホットケーキ6枚と言って、だめ3枚よ、
    はちみつおおさじ3ばいと言って、だめ2はい
    とかあさんに言われているくまの子。

    とうさんが好きでまねしたくてしょうがない年頃なのだろう。

    食べる量だって同じにしてみたいのね。

    そこに姿がなくても、とうさんはいつも「いる」のだ。

    とうさんは、冬の間、遠くに仕事に行っているようだ。

    かあさんに、こぶしのはながさいたら帰ってくるよと教えてもらっている。

    そして、こぶしのはながさき、とうさんが帰ってくる。

    くまの子ととうさんはしっかりと抱き合い、
    そのあと、とうさんとかあさんは、しっかりとキス。

    離れていてもしっかりとした絆がある
    大草原の小さな家みたいな家族なんだな。

    とうさんは、あんまりしゃべらない。

    「ねえ とうさん、さんぽに ゆこう」
    「よしよし」

    「ねえ とうさん、てを つないでも いい?」
    「よしよし」

    こんな感じだ。

    橋が流されているよと言われると、よしよしと言って、
    大きな木をバキッと折ると川に橋を渡しちゃったりする。

    くまの子は、とうさんが、すごくてまぶしくてたまらないんだよね。

    この言葉少ななとうさんが、唯一いっぱいしゃべったのが、
    冒頭に引用した「ねえ とうさん、ぼく、とうさんの子どもでうれしいよ」のところなのだ。

      「ねえ とうさん、ぼく、とうさんの子どもで
      
      うれしいよ。すごく とうさんらしいもの」

      くまの子は とうさんを みあげて、

      いいました。

      「おれは ただ、くまらしいだけさ。くまだからね」

      とうさんは、しずかに いいました。

    むすこの「とうさんらしい」という言葉に対して、
    自分は「くまらしいだけさ。くまだからね」と答えるとうさん。

    くまらしいという言葉は、ニンゲンらしいに置き換えるよりも、
    自分らしいに置き換えたほうがしっくりくる。

    とうさんという役割でいるわけではなくて、
    ただ自分は自分でいるだけだよと答えているのではないだろうか。

    さて、このとうさんの言葉を聞いたあとのくまの子の変化がかわいらしい。

    とうさんのメッセージが伝わったのだろう。

    ここに描かれているとうさん像、家族像は、古風に見える。

    だが、何も男は黙って・・・しなさいということではないだろう。

    どんな父であれ、息子は見ている。

    そして、確実に影響を受けるだろう。

    別に無口で力持ちじゃなくてもよい。

    自分なりの自分と自信を持っていえる生き方ができればそれでいいのではないか。

    親の自然な自己肯定は、まっすぐな親の肯定となって子どもから戻ってくる。
    ... 続きを読む

  • お土産をたくさんもって仕事から帰ってきたクマの子のお父さん。
    お父さんは力持ち。
    クマらしいクマ。
    コグマはお父さんのようなクマになりたと思うのだった。

  • 遠くで働いていたとうさんが帰ってきました。くまの子は嬉しくてなりません。
    一緒に散歩に出かけたくまの子は、優しくて力持ちで、なんでもできるとうさんを目の当たりにして、誇らしさでいっぱいです。ぼくもとうさんみたいになるんだ!
    子どもから絶対の信頼と尊敬を得たとうさんも幸せだけど、とうさんを目標にすると言い切れる子どもは、もっと幸せだろうなと思うのです。
    5才くらいから、お父さんにもぜひ。4分。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • おとうさんが 大好きな くまの子。おとうさん、たくましい!!

  • おとうさんらしさってこういうシンプルなことなんだろうなって思いました。頑張ってお父さんをするのではなく、その人らしく行動することが子どもをひきつけ、父を感じるのかなってしみじみ思いました。

  • 佐野洋子さんのくまの本。
    絵があったかい。こわくない^^(佐野さんをなんだと・・!笑)

    おとうさんカッコイイ!

    おとうさんにあこがれて、くまのこもちょっぴり成長する話

  • こぶしの花が咲く季節、遠くで働いていたおとうさんが、久しぶりに帰ってきました。おとうさんと一緒に手をつないで歩いたり、肩車してもらったり、くまの子は嬉しくてたまりません。橋が流されていれば、木で橋を作り、みつばちの巣をなんなく取るおとうさんが、誇らしくて大好き!

    久しぶりに帰ってきたおとうさんとくまの子のふれあいを描いています。くまの子のお父さんを尊敬する気持ちが伝わってくる絵本です。おとうさんは一見怖そうなのですが、素朴な絵からは優しく包容力のある様子が伝わってきます。強くて威厳のあるおとうさんが素敵な1冊です。

  • お父さんの凄さを再確認出来ちゃう絵本。
    表紙からして注目ですよね・・・主人公のくまの子に比べて、お父さんの大きいこと!
    この絵本の趣旨である「お父さんってたくましくてカッコイイ!」を表していますよね。

    こぶしの花が咲く頃、久しぶりにお父さんが帰ってきました。
    くまの子はお父さんと手をつなぎ、森の中を散歩します。
    肩車をしてくれたり、流された橋の代わりに大きな木を折って川にかけてくれたり・・「お父さんってすごい!」
    くまの子もいつか、お父さんのような「熊らしいお父さん」になる日がくるのでしょうね。

  • お父さんに読んでもらいたい本です。自分の子が「お父さんみたいなお父さんになりたい!」って思ってくれたらこんなうれしいコトはないですよね。お父さんくまと子ぐまの会話がリズムよく展開する絵本です。

  • 熊の世界でもとうさんは大変だと思って気が。

  •  もりのくまの子は、母さんと2人父さんの帰りを待ちわびています。帰ってきた父さんは、「ねえ、とうさん、さんぽにいこう」というくまの子に「よしよし」と付き合ってくれます。「ねえ、とうさん、てをつないでもいい?」「よしよし」「ねえねとうさん、かたぐるま、してくれる?」「よしよし」「ねえ、とうさん、およいでくれる?」「よしよし」、なんでも父さんは「よしよし」と聞いてくれます。途中、橋がこわれているのを簡単になおしてしまう父さん。くまの子は「ねえ、とうさん、ぼくとうさんのこどもでうれしいよ。すごくとうさんらしいもの」というくまの子に、「おれは、ただ、くまらしいだけさ。くまだからね」という父さん。そんなとうさんにくまの子はあこがれ、くまらしくなろうと思うのでした。

  • 「ねぇとうさん、○○していい?」と、こぐま。とうさんは、なんでも「よしよし」と言ってくれる。ただし、その前の伏線がすばらしい!! 日常の象徴である母さんがいるからこそ、父さんの素晴らしさも光るんだろうなぁー。

    作者の佐野さんって、すごいなー!!

全18件中 1 - 18件を表示

ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする