チェブラーシカ (おひさまのほん)

  • 145人登録
  • 3.78評価
    • (18)
    • (16)
    • (28)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
制作 : エドゥアルド・ウスペンスキー  こじま ひろこ 
  • 小学館 (2007年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097278894

チェブラーシカ (おひさまのほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼稚園に途中入園する娘に毎日読み聞かせしていました。
    幼稚園は、友達の家みたいなところだよ。
    お友達がいっぱい待ってるよ♪
    今日初登園でしたが、すんなり、輪の中に入れたようです(*^_^*)

  • チェブラーシカよりも、周りのキャラクターの方が目立つ。
    横文字の名前ばかりで覚えにくい&読みにくい…

    チェブラーシカはかわいい。

  • チェブラーシカの人形アニメで見たことがあったものの絵本作品。チェブラーシカは二次元より三次元のほうが圧倒的にキュート。

  • 「チェブラーシカとロシア·アニメーションの作家たち」展を見てきた。
    そこに置いてあったのを読んだ。
    ムーミンと同じように、キャラクターは知られているけれど案外ストーリーを知っている人は少ないんじゃないかと思う。
    私はこの展示ではじめてちゃんと見た。

    アフリカにいた謎の生き物が、うっかりロシアに運ばれて、友達募集中のワニ(動物園勤務)らと友達になる。
    チェブラーシカはもちろん可愛いけれど、話が魅力的なのは周囲のキャラクターとのかかわりが素敵だからだ。

    すごく面白そうなんだけど、この絵本では単純にキャラクターを愛でるお話に縮められてしまっている気がする。
    原作を読みたい。

  • ビブリア古書堂の事件手帖を見て、本当は旧版を読んでみたかったけど、書店には置いていないため取りあえず新版を読んでみた。
    わかりやすいかわいいお話。意地悪なおばさんの存在がいい味だしてます。

  • チェブが好きすぎて★2以下にできないけど、全っ然人形アニメに及ばないしこれはこれとして味わうには別物でもないしって感じの煮え切らない絵本でした(笑)でもかわいいの!ほんとチェブかわいいよー。絵本にもロシアの寒々しさがあればなぁ。

  • 2012/10/29

    999||ウ (3階絵本)

    ロシア生まれのキャラクター、チェブラーシカ。
    チェブラーシカってどういう意味?
    この本からチェブラーシカの物語が始まります・・・。

  • ---

    H24*07*13*Fri 読了

    ---

    チェブラーかわいい!
    お友達の家って考えがかわいいなぁ。
    ビブリア古書堂に出ていたのはこの本ですね。
    子犬のドーピグとか(^ ^)

    読み聞かせにしたいけど、
    長い!!

    End.
    ---

    iPhoneから送信

  • 子犬のトービクの登場がさりげない。

  • “チェブラーシカ”は息子が大好きなキャラクターです♪絵本と同じ内容のDVDも持っていますが、私が読んで聞かせてあげたいと思い買いました。 by もふたん

全17件中 1 - 10件を表示

やまちかずひろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘレン・バンナー...
酒井 駒子
マージェリィ・W...
モーリス・センダ...
マーカス・フィス...
マーガレット・ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

チェブラーシカ (おひさまのほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チェブラーシカ (おひさまのほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チェブラーシカ (おひさまのほん)を本棚に「積読」で登録しているひと

チェブラーシカ (おひさまのほん)の作品紹介

ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」という意味の名を持つ、不思議な生き物"チェブラーシカ"。初めてやって来た街で友だちを探すため、歩き始めたのですが…。

チェブラーシカ (おひさまのほん)の単行本

ツイートする