名画に隠された「二重の謎」―印象派が「事件」だった時代 (小学館101ビジュアル新書)

  • 78人登録
  • 3.52評価
    • (7)
    • (6)
    • (9)
    • (4)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 三浦篤
  • 小学館 (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098230235

名画に隠された「二重の謎」―印象派が「事件」だった時代 (小学館101ビジュアル新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たっぷりのカラー図版と部分図だけでも興味が湧くのに、絵に隠された謎、と来たらもう矢も盾もたまらずだ。
    それにしても、人は見たいものしか見ない、とか、見るのと観るのとでは大違い、とか先人の言葉があるけれど、全くもってその通りなのが悔しい。

    マネの≪笛吹き≫に書かれたサインなんてしっかり観察したことがあったか?
    スーラの≪ブランド・ジャッド島の日曜日の午後≫の縁は?
    セザンヌの≪カード遊びをする人々≫の配色に興味を持ったことは?
    どれもこれも見ていなかったし気付かなかった。
    こんな見方で、絵が好き、だなんて笑止千万!
    でも、こうやって気付いてもう一度観ることができるから、絵画は奥深くて、面白い。

    ドガの≪男とマネキン人形≫、マティスの≪コリウールのフランス窓≫は暗澹とした雰囲気に引き込まれる。
    今の私に共鳴するのは虚ろなもののようだ。
    もちろんそれだけが心象風景の全てではないけれど、自分の心の奥の深い濁りを自覚する。
    色彩鮮やかな作品を見て、光を心に照らせば、対の影も必ず現れるものだ……。

  • 個別のエピソードは何故かそこまで頭に入らなかったけど、画家があっちこっち行きながら、なんとか作品を完成させている状況が読んでて伝わってきた!図版が多いのも良かった!

  • 一枚の絵をどのように鑑賞しようが、その絵を見るひとの自由であるのはもちろんなのだが、でもやはり絵を鑑賞するうえでのさまざまな知識やポイントを身に着けておいた方がより楽しさが増すことが分かった。ところで、わたしは展覧会では、一度作品をさっと観てから気になった作品を、解説文もまじえても一度じっくり観るという鑑賞スタイルである。

  •  マネが好きになった。

     でも、敢えてあのサインを復活させる必要は無かったのではないかと思った。

     革新者と呼ばれるマネ。わたしは「オランピア」や「草上の昼食」に見る内容に関してのことかとばかり思っていたけれど、それだけではないのね。

     悩み、ためらい、戸惑いながら、ジャポニスムに影響された平面性への探求。ただの安物の版画に陥らない、「絵画」として、どこまで平面性を獲得できるかとしていったゆえのあの「サイン」ならば、一つ目のサインはあってはならないんじゃないかなんて、思う。何で復活させちゃったのかなぁ。


    あと、マティス、いいなぁ。あの窓の作品。色といい、外の暗さといい。わたし、好きだなぁ。

  • うーん・・・いまいち?
    なんでいまいちなのかわからないけど・・・
    中途半端なのかな。絵の解説本なのか美術史論なのか。
    もっと真面目なものの方が面白いのかな・・・

  • 今年のべスト。

    オルセーに入っているような近代画家(=印象派前後)の9人の画家を取り上げ、技法をベースに作家の真意に迫っていく。

    マネは署名から、アングルは腕の可変性から、クールベは少年の絵画への挿入から、ドガは、情感のないマネキンから、ボナールは鏡という客観性+別世界から、マティスは窓という異界への入り口から、ゴッホは、じゃポニズムへのあこがれと模写の西洋文化の反映から、スーラは絵画内の縁取りから、セザンヌは現実離れした構図と色彩の調和の手法から、それぞれの意図を読み解く。近代美術はどちらかというと技法的なものと思ってむしろルーブルに入っているような伝統的モチーフの方がその制約のなかでどれだけできるかという観点から面白いと思っていたが、近代絵画もそれとは異なる幅広さと奥深さがある。

    印象派及びその前後の派は単なる写真に対するアンチテーゼだと思っていたが、考えが浅かったことを痛感。平面に考えを映し出すということに紳士に向き合い始めた時代だということを理解した。ボナールがこんなにすごいがかとは知らなんだ。セザンヌもするめとしか言いようのない味わい深い画家ということを認識。マネは職人でありながらそれ以上の働きを残した偉大なる印象派の先陣という教科書通りの認識を深く認識。

    マネ、アングル、クールベ、ドガ、ボナール、マティス、ゴッホ、スーラ、セザンヌ

  • マネの「笛吹き」の二つの署名、アングルの「パフォスのヴィーナス」の二本の左腕等、絵の上に見つけたちょっとした痕跡をたどってその謎(意味)を解いていくミステリー仕立ての美術解説書。印象派前後の9人の作家が取り上げられている。いずれの謎解きも鮮やかで素晴らしい。特にセザンヌの「カード遊びをする人々」の画面の解説は、具体的でセザンヌの革新性が良く理解できた。ボナール作品の新しさを鏡により解く章等他の作家達を取り上げた章も楽しめた。図版もすべてカラーで必要な部分が拡大されており充実している。

  • 絵を観る趣味のない者にとってもわかりやすく、また、興味を惹くように書かれている。読んでいて楽しい。
    また、著者の日本語が正確、かつ、しっかりしているところが素晴らしい。

全11件中 1 - 10件を表示

三浦篤の作品

名画に隠された「二重の謎」―印象派が「事件」だった時代 (小学館101ビジュアル新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

名画に隠された「二重の謎」―印象派が「事件」だった時代 (小学館101ビジュアル新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

名画に隠された「二重の謎」―印象派が「事件」だった時代 (小学館101ビジュアル新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

名画に隠された「二重の謎」―印象派が「事件」だった時代 (小学館101ビジュアル新書)の作品紹介

「見ることの専門家」である「わたし」が美術館でみつけた、名画に残された「事件」の痕跡。その小さな痕跡を探ってゆくと、大きな謎の存在が明らかになる…。19世紀末、芸術の都パリを震撼させた「二重の謎」が、いま白日の下にさらされる。共謀したのはゴッホやマネ、ドガ、セザンヌなどの巨匠たち。西洋近代絵画に起こった一連の「変革」の意味について、推理小説仕立てで描き出す、新しいスタイルの美術入門書。美麗な図版と貴重な部分図、満載。

名画に隠された「二重の謎」―印象派が「事件」だった時代 (小学館101ビジュアル新書)はこんな本です

ツイートする