ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?: ギリシャ・ローマの神話と美術 (小学館101ビジュアル新書)

  • 44人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 高階秀爾
  • 小学館 (2014年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098230297

ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?: ギリシャ・ローマの神話と美術 (小学館101ビジュアル新書)の感想・レビュー・書評

  • ギリシア神話については少しだけ読んだことがあったが、様々な画家の描写をカラーで見ることができ、イメージが以前より湧いたと思う。
    また、描かれた時代が違うと、その時代に要求されているものや技法によって、同じ題材でも全く違う印象を与えることが興味深かった。

  • 今まで別々に見たことのある神話にまつわる絵画を、逸話でまとめて解説してくれるとこんなに分かりやすいのだな、と楽しく読みました。

  • 高階先生またもや冴えている。学びたい、もっと理解したいという気持ちが高まった。はじめにと一章で示された西洋絵画の枠組みがとりわけ興味深い。写真も紙も良い。

全4件中 1 - 4件を表示

ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?: ギリシャ・ローマの神話と美術 (小学館101ビジュアル新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?: ギリシャ・ローマの神話と美術 (小学館101ビジュアル新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?: ギリシャ・ローマの神話と美術 (小学館101ビジュアル新書)の作品紹介

名画に描かれたギリシャ・ローマ神話の世界

ヨーロッパ文明の大きな源泉のひとつであるギリシャ・ローマ神話の世界。
ミロのヴィーナスに始まるその豊かで多様なイメージを、ボッティチェリやレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベンス、ベラスケス、ゴヤ、アングル、ドラクロワ、モロー、クリムトなどの巨匠たちがどのように表現してきたのか?
ヨーロッパ美術の歴史における名作の数々を具体的にとりあげ、それらの意味や図像の解釈などを踏まえて、美麗な図版とともに、わかりやすく解説していきます。
ヨーロッパ美術の成り立ちと変遷を、それを生み出した精神を通して読み解く、著者の学識と文章力ならではの、画期的な入門書です。

ミロのヴィーナスはなぜ傑作か?: ギリシャ・ローマの神話と美術 (小学館101ビジュアル新書)はこんな本です

ツイートする