夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

  • 1371人登録
  • 3.72評価
    • (85)
    • (146)
    • (119)
    • (24)
    • (9)
  • 200レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 小学館 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098235018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)の感想・レビュー・書評

  • キャラクターのレッテル を僕から剥がしてくれました 卑屈な意識 町田康『告白』 寝屋川市 カチャーシー 関西大学北陽高等学校 ジャリズム ゲシュタルト崩壊 中田敦彦 ノストラダムス 視点を増やす 罵られて 平野啓一郎『日蝕』 文章を圧縮させる能力

  • 困った。回りくどくて同じことをいろんな表現で言っていて。更にどこか卑屈。
    途中で読み進めることが難しくなってしまった。
    だって、他の楽しそうな本を勧めるんだもん。
    困った時はみんなのレビューを読んでみるんだけど、びっくりするくらい好意的で、更に困る。
    この本はもっと若い人向けなのかも。
    そして、残念ながら、私、又吉さんに興味ないんだわ。
    10代の頃、夢中で読んだ「車輪の上」(米米の)を30になって読み直した、あの感覚に似てる。
    納得して、途中で断念しました。
    太宰治への愛、熱かったけど。
    「第2図書係補佐」は楽しかったんだけどな。


    「悪意で読む者より、感情に流されずフラットに読む者より、本に対して協力的におもしろく読める者の方が読書を楽しめてる」

  • この本は又吉さんって、
    文学が本当に好きなんですねー
    って思わせてくれる楽しい一冊です。

    本書の構成は大きく分けて全後半のふたつにわかれます。
    前半は自身の書く事についての考え方と実体験。
    後半は又吉さん流の文学論です。
    特に太宰治に対する想いは読んでて胸が熱くなります。
    その部分を読んだらたくさんの人が
    きっと太宰を読みたくなるんじゃないでしょうか?

    今回は下品ですが笑えるところもある
    富嶽百景についての記述を引用します。

    『富嶽百景という小説があります。
    太宰は井伏鱒二と一緒に山に登り、その時のことを
    「井伏氏は、濃い霧の底、岩に腰をおろし、
    ゆっくりタバコを吸いながら、放屁なされた。
    いかにもつまらなそうであった。」と書きました。
    後に井伏鱒二は、事実として私はおならをしていないと書きます。
    その後太宰は別のところで、井伏さんはそうおっしやいますが、
    あの時二発放屁なさいましたと書く。
    太宰は数を増やす事によってリアリティを増そうとします。
    それが太宰治の技術の高さであるとまた井伏さんは書く。
    いや、なに褒めてんねん、何を真剣にやりあってんねんと。
    ふたりが超人的な作家だからか現実のやりとりが
    作品を補強しているように感じるんです。
    もう嘘でも本当でもどちらでもいい
    〜中略〜放屁したことがおもしろいのではなく、
    そいった状況や風景のおもしろさを伝えたかった。
    太宰の小説には、そういう仕掛けがいたるところにあります。
    ただ事実をありのまま話したとしても、その時の感動や興奮を
    伝えられないなら、それはそれで嘘なんじゃないか思います。』

    フィクション上の真実と現実の事実は違うということでしょうか。
    ハイロウズの歌詞を使って太宰の表現を
    『リアルよりもリアリティ』とも言っていますね。

    そしてこの本のタイトル
    「夜を乗り越える」という言葉は太宰治に向けた言葉です。
    あの夜さえ乗り越えていてくれたら
    今頃もしかして、面白いじいさんになって
    ダウンタウンDXなんかに出演して
    世間を笑わせてくれたんじゃないだろうかと。

    そして同時に又吉さん自身が
    過去の自分、これからやってくるであろう
    未来の自分に向けて書いている言葉でもあります。
    「夜を乗り越える」いい言葉ですね。
    太宰はご存知通り
    「恥の多い人生を送ってきました」と
    死後に発表された人間失格の冒頭に書きました。
    対して又吉さんは火花が芥川賞を受賞したあと
    「恥をかいてもいいからまた何か書きたい」
    と語っています。
    この言葉もとてもいいですよね。
    2017/01/04 22:04

  • ああ、小説が、そして書物が、とても好きなのね。紙に印刷された活字を、慈しみ愛しているのね。
    書物に対峙する真摯な眼差しに共感と尊敬を覚えました。とても真面目に妥協なく綴られた、世界に存在する書物そのものたちへの恋文のようでした。
    たとえばこれが「文学論」なのだとしたら、もっとほかの伝えかたを選べたでしょう。もっと論理的に、情緒を雑ぜるとしてももっとスマートな記述ができたでしょう。でもラブレターだから。恋い焦がれる気持ちを、少しも削らずにまるごとそのまま伝えたいと望む告白だから、こんなに冗長ともとられかねないスタイルで書き綴るしかなかったのでしょう。

    共感できたか、できなかったか。小説を読むうえでは、私はそれは手掛かりになるとは思います。でも、評価するときに共感の有無は、あまり意味を持たない。ストーリーや登場人物への共感なんて、必要はない。小説は、だって、要領のよさや道徳、効率を描くものではないから。
    共感できない反倫理的な、非効率的な、言動を通して、作者は何を伝えたいのか、考える。そういう読みかたも大事。
    あるいは、作者はそこで伝えたいことなんてないかもしれない。でも読み手がそこで何かを感じたならば、そこで読み取ったものが真理になる。かもしれない。
    小説が書きあらわしたいものは、常に道徳ではないし、要領でもない、正義でもない。

    この作品で著者が語る書物への情熱。
    思い当たることも、自分とは違う発想も、すべてひっくるめて、うんうんと頷きながら読みました。同意できる点も反発せざるを得ない部分も。どこを切り取っても、著者の小説への思い入れが伝わってきて、読書好きのひとりとしてひたすら微笑ましかった。読み込んで書かれていることを理解しようとする、解釈しようとする、己が歯で咀嚼して消化液で消化し、自らの血肉として取り込んでいく、その過程はまさに愛でしかない。
    文学に恋心を抱きつづけているひとりとして、ふふふ、ってなりました。

  • まったんはすごいなぁ。
    でも、初版のカバー裏は怖いなぁ。

  • 冊数や幅に差はあれど私もそこそこたくさんの本を読んできて、読みながら様々なことを考えているけど、そうやって頭の中を通り過ぎる思考を彼のように言葉にして繋ぎとめられる人とそうでない人の差はどこにあるんだろう。
    普段読み終わった後には考えたことの十分の一もここの感想に書ききれていないし、忘れることをそこまで惜しんでもいなかったけど、又吉のこの文章を読むと、くやしいなあと思ってしまった。何がくやしいんだろう。わからないけどもっともっと本を読みたくなりました。反復か、センスか、はたまた情熱か。タイトルもすごくいい。

  • 私は普段あまり小説を求めないというか、感情移入できないと心から楽しめないことが多いので、小説の読み方の参考になった。
    ・小説は、好きになれない、共感できない人物や行動にこそ寄り添ってみることで、新たな発見がある
    ・自分とは違った視点を知るために読む
    ・ストーリーだけ聞くのと、実際に読むのとでは、受ける印象が絶対に違う
      →読んでつまらないと思う時、私はストーリーを追ってるだけの読み方をしているのかも?

    「物語の中で何かと何かがぶつかり合うのを読んだ時、そこにそれぞれの人生が結び付きます。それは本当に素晴らしい瞬間です。」
    これこそ小説に求めるもの、ということか。今度から意識してみよう。

  • 中途半端に読んでしまったので再読したい。又吉さんの情熱が伝わる。

  • 小説を読んだり書くようになった経緯と
    火花の後記。本の読み方やレビューなど。
    C0295

  • 「親に同じようなことを言われても、「やかましいわ」で終わってしまうようなことも、小説、文学を通じて、物語を読んできた末に出会った言葉にグッときた経験は、みんな一度は体験していると思います。」

    本を読むことのおもしろさを、著者の経験を通して述べられています。
    実際に話しかけられているようで、スラスラと読むことができる一冊でした。

    読書ってやっぱり楽しいよなあ(´ω`*)

  • なぜ、本を読むのか?
    本を読む理由がわからない方、興味はあるけど読む気がしないという方の背中を全力で押したくて書いたという本書。
    読んでいて胸が締め付けられるようでした。

    私も又吉さん同様に、本に救われてきた人間です。
    自意識を持て余してしまうとき、器用に生きられないとき、本はいつもそっとそばにあって、深い闇を追い払ってくれました。本は読まなくたっていい。けど、そんなに難しく考えることなく、まずは読んでみたらどうよ、と真摯に語り掛けてくれる気がしました。

    読んでいて何よりも感じるのは本への愛情と作者への尊敬の念。本を楽しみたいという気持ちで、わくわくしながら本を開くのは私も又吉さんとまったく同じ。
    悪意を持てば小説をつまらなくすることなんて容易だからこそ、マイナスな情報にばかり目を向けて本を楽しめなくなることは避けていきたい。

    白か黒かではない、二択の間で迷っている状態を優柔不断だと言わないでほしい、と言うあたりに又吉さんの人柄が表れている気がします。
    本は、世界が二択ではないということを教えてくれる貴重な存在ですよね。
    それに、本はその時の自分の能力でしか読めない。「いつ読んでも違う味がする。それが読書の大きな魅力です」という言葉も大好きです。

    長い人生、どうしても深い闇に落ちてしまって、この夜さえ越えることができたら…という日だってあるはず。ほんの少しの差異なんだろうけれど、そっと光の方へ自分んを押し出してくれるのも、本でした。
    丁寧に紹介された本たちは、どれも読んでみたいし、読んだ後にまた又吉さんのコメントを読んでみたい。

    又吉さんのどこまでも静かな空気感が心地いい1冊でした。

  • 出てすぐに買ったのに、なんだかもったいなくて少しずつ読んでいた。忘れて、また、同じところを読んだり。私は又吉の書く文章が好きで、この「夜を乗り越える」というタイトルの意味、泣いてしまった。ほかのところも読んでいて、泣けてしまうところがある。
    また、彼の恋愛観というか、好きな女ができたとして、ということを書いたところがあるけれど、なるほどと妙に納得してしまった。
    ほかのレビュアーの方も書いていたけど、本の読み方なのかな、と思った。私も本が好きだけど、そういう視点で読んでいるんだ、と思うと、再読したくなる本がたくさんある。視点なんて人それぞれでよいはずなのに、やはり、いろいろな視点があるということを知るのは面白い。
    わたしも、一つ一つ夜を乗り越えて生きてきた気がする。これからも乗り越えていこう。

  • タイトルを目にした途端泣きそうになってしまったのだが、想像した通りの意味合いだった。
    もしも太宰治があの夜を乗り越えていれば。
    この一晩生きていられるだろうか?と限界を感じる夜に読めば、今夜だけは乗り越えられるかもしれない。

  • 第3章「なぜ本を読むのか―本の魅力」が強く印象に残った。著者曰く、読書において面白いことは、共感と新しい感覚の発見である、と。とくに新しい感覚の発見、「言い換えれば読書によって今までなかった視点が自分の中に増えるということ」が大事だと思った。新しい視点を増やすためには、柔軟な思考・想像力、考えることをやめない忍耐力が必要だろう。でなければ、何これつまらない分からないで終わってしまう。そして、そうした力はなにも読書だけに必要なのではない、人生において必要な力である。

  • 2017.04.26読了.
    途中、冗長な言い回しが多くて読み飛ばしながら読了。「火花」も読みづらさがあって途中で読むのをやめたけど、又吉さんは思考過程で行ったり来たりしている様をそのまま書いているから話が長い。

    頭の中でゴチャゴチャ考えているのに付き合わされている感じ。読むのが面倒になった。

  • 又吉の本にはまるー。小学生の頃の回想を読んだところだ(読み始めたところで)。
    中学時代の又吉の読書体験は私にも重なる。武者小路、太宰、芥川・・・作者に共感したり、心酔したり。
     次第に、実際に文を書き、やがて小説を書いて他の人の目に留まっていく。その経緯が正直に書かれている。
    現代文学では、西加奈子や中村文則などが紹介されている。小説を愛し、それを書いた小説家を尊敬し、この本を読んでいる私たちにそれを伝えようと真摯に書いている。
     本屋さんに行って又吉の紹介する本を買って読みたいと思う。

  • 又吉さんのこれまでの人生と、人生と糧になってきた”笑い”、そして”文学”に対する思いが書かれた本。

    近代文学をほぼ読んでいない自分にしてみれば、そんなに近代文学って面白いのか、と気になって仕方がなくなる書きっぷりだった。今すぐネットで注文したい!
    もちろん現代文学についても詳しく紹介していて、なるほどそういう視点で読んでいるのか、という気持ちになった。さすが芥川賞作家だ!
    娯楽として小説や新書を読んでいる身としては、書くことを考えながら読む、という発想は目から鱗が落ちるようなものに思える。

    なんだか自分のほうが読書量が多い気がする、と読みながら少し思った。
    (近代文学を除いて)現代文学においては、自分も同じくらい、もしくはそれ以上読んでいると思うが、自分の教養レベルは変わっていない気がする。寂しい限り。
    大切なのは量じゃなくて読み方なんだな。

  • 「火花」はまだ読んでいないが、又吉さんがどんな本を読んでいるのか興味があったので読んでみた。本の中のふとした一文に自分では到底感じられないような思いを読み取っていることに嫉妬を感じる程だった。自分ともっと感性を磨きたいし、紹介されている多くの本を読みたいと思った。

  • 命すらかけた感のある文学論であり、読書論である。言葉が光っている。言葉に重みがある。文学の原点を、力を確認できた。又吉さんは、この時代にあって、文学、読書を伝導するまたとない人物だ。生き様論としても何度も唸らされた。また、笑いも押し殺しきれないほど。何度、地雷をふんだことか。

  • 4月
    請求記号:910.26/Ma 図書ID:20005261

  • 小説もただそこにあるだけなのかもしれません。小説は娯楽であってもいいし、娯楽じゃなくてもいい。小説に対峙する時は、いつでもただ読みたいのです。
    ーあとがき

    文章がとても読みやすく面白かった!
    いろんなことについて代弁してもらったような気がする。
    “火花”や近代文学も読んでみたい。

  • 又吉さんと本の関係は、
    私が想像していたよりもっともっと親密で切実なものでした。
    本との出会いが無かったら、又吉さんは
    乗り越えられない夜を迎えてしまっていたのではないか・・・
    そう思えるくらいヒリヒリとしたものを感じました。
    この本を読んだことで『火花』のいまひとつピンと来なかった世界観が
    そういうことだったのか・・・と痛く納得。
    ある意味火花の解説本のような意味合いもある内容です。
    私はきっと又吉さんと同じくらい本が好きだ。
    でも、又吉さんが面白かったと書く本には
    ことごとく心惹かれなかったのもまた事実。
    読書ってほんと奥が深いものだと思う。

  • シンプルな文章で自身の事を語っている。
    読書の捉え方や、文章の書き方など、自身の感覚を信じることの大切さを感じた。文章に答えはなく、自身の感覚の文章は唯一無二のものになる。

全200件中 1 - 25件を表示

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)に関連するまとめ

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)の作品紹介

芸人、芥川賞作家・又吉直樹 初の新書

芸人で、芥川賞作家の又吉直樹が、
少年期からこれまで読んできた数々の小説を通して、
「なぜ本を読むのか」「文学の何がおもしろいのか」
「人間とは何か」を考える。

また、大ベストセラーとなった芥川賞受賞作『火花』の
創作秘話を初公開するとともに、
自らの著作についてそれぞれの想いを明かしていく。

「負のキャラクター」を演じ続けていた少年が、
文学に出会い、助けられ、
いかに様々な夜を乗り越え生きてきたかを顧みる、
著者初の新書。

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)はこんな本です

ツイートする