夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

  • 1321人登録
  • 3.73評価
    • (84)
    • (141)
    • (113)
    • (21)
    • (9)
  • 191レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 小学館 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098235018

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)の感想・レビュー・書評

  • 「親に同じようなことを言われても、「やかましいわ」で終わってしまうようなことも、小説、文学を通じて、物語を読んできた末に出会った言葉にグッときた経験は、みんな一度は体験していると思います。」

    本を読むことのおもしろさを、著者の本との経験を通して述べられています。
    実際に話しかけられているようで、スラスラと読むことができる一冊でした。

    読書ってやっぱり楽しいよなあ(´ω`*)

  • なぜ、本を読むのか?
    本を読む理由がわからない方、興味はあるけど読む気がしないという方の背中を全力で押したくて書いたという本書。
    読んでいて胸が締め付けられるようでした。

    私も又吉さん同様に、本に救われてきた人間です。
    自意識を持て余してしまうとき、器用に生きられないとき、本はいつもそっとそばにあって、深い闇を追い払ってくれました。本は読まなくたっていい。けど、そんなに難しく考えることなく、まずは読んでみたらどうよ、と真摯に語り掛けてくれる気がしました。

    読んでいて何よりも感じるのは本への愛情と作者への尊敬の念。本を楽しみたいという気持ちで、わくわくしながら本を開くのは私も又吉さんとまったく同じ。
    悪意を持てば小説をつまらなくすることなんて容易だからこそ、マイナスな情報にばかり目を向けて本を楽しめなくなることは避けていきたい。

    白か黒かではない、二択の間で迷っている状態を優柔不断だと言わないでほしい、と言うあたりに又吉さんの人柄が表れている気がします。
    本は、世界が二択ではないということを教えてくれる貴重な存在ですよね。
    それに、本はその時の自分の能力でしか読めない。「いつ読んでも違う味がする。それが読書の大きな魅力です」という言葉も大好きです。

    長い人生、どうしても深い闇に落ちてしまって、この夜さえ越えることができたら…という日だってあるはず。ほんの少しの差異なんだろうけれど、そっと光の方へ自分んを押し出してくれるのも、本でした。
    丁寧に紹介された本たちは、どれも読んでみたいし、読んだ後にまた又吉さんのコメントを読んでみたい。

    又吉さんのどこまでも静かな空気感が心地いい1冊でした。

  • 出てすぐに買ったのに、なんだかもったいなくて少しずつ読んでいた。忘れて、また、同じところを読んだり。私は又吉の書く文章が好きで、この「夜を乗り越える」というタイトルの意味、泣いてしまった。ほかのところも読んでいて、泣けてしまうところがある。
    また、彼の恋愛観というか、好きな女ができたとして、ということを書いたところがあるけれど、なるほどと妙に納得してしまった。
    ほかのレビュアーの方も書いていたけど、本の読み方なのかな、と思った。私も本が好きだけど、そういう視点で読んでいるんだ、と思うと、再読したくなる本がたくさんある。視点なんて人それぞれでよいはずなのに、やはり、いろいろな視点があるということを知るのは面白い。
    わたしも、一つ一つ夜を乗り越えて生きてきた気がする。これからも乗り越えていこう。

  • タイトルを目にした途端泣きそうになってしまったのだが、想像した通りの意味合いだった。
    もしも太宰治があの夜を乗り越えていれば。
    この一晩生きていられるだろうか?と限界を感じる夜に読めば、今夜だけは乗り越えられるかもしれない。

  • 第3章「なぜ本を読むのか―本の魅力」が強く印象に残った。著者曰く、読書において面白いことは、共感と新しい感覚の発見である、と。とくに新しい感覚の発見、「言い換えれば読書によって今までなかった視点が自分の中に増えるということ」が大事だと思った。新しい視点を増やすためには、柔軟な思考・想像力、考えることをやめない忍耐力が必要だろう。でなければ、何これつまらない分からないで終わってしまう。そして、そうした力はなにも読書だけに必要なのではない、人生において必要な力である。

  • 2017.04.26読了.
    途中、冗長な言い回しが多くて読み飛ばしながら読了。「火花」も読みづらさがあって途中で読むのをやめたけど、又吉さんは思考過程で行ったり来たりしている様をそのまま書いているから話が長い。

    頭の中でゴチャゴチャ考えているのに付き合わされている感じ。読むのが面倒になった。

  • 又吉の本にはまるー。小学生の頃の回想を読んだところだ(読み始めたところで)。
    中学時代の又吉の読書体験は私にも重なる。武者小路、太宰、芥川・・・作者に共感したり、心酔したり。
     次第に、実際に文を書き、やがて小説を書いて他の人の目に留まっていく。その経緯が正直に書かれている。
    現代文学では、西加奈子や中村文則などが紹介されている。小説を愛し、それを書いた小説家を尊敬し、この本を読んでいる私たちにそれを伝えようと真摯に書いている。
     本屋さんに行って又吉の紹介する本を買って読みたいと思う。

  • 又吉さんのこれまでの人生と、人生と糧になってきた”笑い”、そして”文学”に対する思いが書かれた本。

    近代文学をほぼ読んでいない自分にしてみれば、そんなに近代文学って面白いのか、と気になって仕方がなくなる書きっぷりだった。今すぐネットで注文したい!
    もちろん現代文学についても詳しく紹介していて、なるほどそういう視点で読んでいるのか、という気持ちになった。さすが芥川賞作家だ!
    娯楽として小説や新書を読んでいる身としては、書くことを考えながら読む、という発想は目から鱗が落ちるようなものに思える。

    なんだか自分のほうが読書量が多い気がする、と読みながら少し思った。
    (近代文学を除いて)現代文学においては、自分も同じくらい、もしくはそれ以上読んでいると思うが、自分の教養レベルは変わっていない気がする。寂しい限り。
    大切なのは量じゃなくて読み方なんだな。

  • 「火花」はまだ読んでいないが、又吉さんがどんな本を読んでいるのか興味があったので読んでみた。本の中のふとした一文に自分では到底感じられないような思いを読み取っていることに嫉妬を感じる程だった。自分ともっと感性を磨きたいし、紹介されている多くの本を読みたいと思った。

  • 命すらかけた感のある文学論であり、読書論である。言葉が光っている。言葉に重みがある。文学の原点を、力を確認できた。又吉さんは、この時代にあって、文学、読書を伝導するまたとない人物だ。生き様論としても何度も唸らされた。また、笑いも押し殺しきれないほど。何度、地雷をふんだことか。

  • 4月
    請求記号:910.26/Ma 図書ID:20005261

  • 「夜を乗り越える」、とはどういうことなのか。
    本書を読み良くわかりました。全体的に又吉くんの人間性をとても感じる文章だと思いました。

    「火花」、私は正直ストーリーは好きじゃなかったし、読みたかった本を読むときにいつも感じるような娯楽的楽しさも感じられなかったけれども、描かれていることは全うな純文学でありその意味での面白さは感じられたような気がしていました。
    本書を読んでまさに「面白いと感じられる読書体験だけが意味があるわけではない」と又吉くん自身が考えていたことを知り、そのような受け止められ方をすることも承知の上で書きたいことを書き上げた彼はやっぱりすごい人だなと感じました。

    今後も注目していきたい作家さんの一人です。

  • 小説もただそこにあるだけなのかもしれません。小説は娯楽であってもいいし、娯楽じゃなくてもいい。小説に対峙する時は、いつでもただ読みたいのです。
    ーあとがき

    文章がとても読みやすく面白かった!
    いろんなことについて代弁してもらったような気がする。
    “火花”や近代文学も読んでみたい。

  • 又吉さんと本の関係は、
    私が想像していたよりもっともっと親密で切実なものでした。
    本との出会いが無かったら、又吉さんは
    乗り越えられない夜を迎えてしまっていたのではないか・・・
    そう思えるくらいヒリヒリとしたものを感じました。
    この本を読んだことで『火花』のいまひとつピンと来なかった世界観が
    そういうことだったのか・・・と痛く納得。
    ある意味火花の解説本のような意味合いもある内容です。
    私はきっと又吉さんと同じくらい本が好きだ。
    でも、又吉さんが面白かったと書く本には
    ことごとく心惹かれなかったのもまた事実。
    読書ってほんと奥が深いものだと思う。

  • シンプルな文章で自身の事を語っている。
    読書の捉え方や、文章の書き方など、自身の感覚を信じることの大切さを感じた。文章に答えはなく、自身の感覚の文章は唯一無二のものになる。

  • 今や芥川賞作家となったお笑い芸人の又吉直樹が、自らの読書遍歴、なかでも、読み続けてきた、太宰を始めとする近代文学について語る「初の新書本」。

    なぜ、近代文学なのか。なぜ近代文学に、これほど惹かれてきたのか。又吉は、自らの生い立ちから子供時代のエピソード、芸人を目指して上京してからの日々の生活など、自らの人生と重ね合わせながら、折々の読書経験を語っていく。これ自体、もうひとつの『火花』と言っても良い芸人の青春白書。

    太宰、芥川、漱石。みな自分の置かれてる現状と理想のギャップに苦しんでいた。漱石と鷗外を別にすれば、どうしようもない不良みたいな連中がどうしようもないやつのことを書いたりしてきた。迷い、葛藤している人間の書いたものだからこそ、俺たちの心に刺さるんだ。又吉は言う。だからこそ、もっともっと「明日からバンドをやろうという人や芸人をやろうという人」が読んでほしい。むしろ、「彼らとの方がめちゃくちゃ相性がいいもの」なんだと。

    又吉が『火花』で描くのだってそうだ。社会のどん底から水面を見つめている芸人だからこそ、心を揺さぶる笑いを生み出すことができるんだ。文学だって同じなんだろうと。『火花』が我々の心を揺さぶったのも同じ理由なのだろう。

    後半では又吉が影響を受け、また、楽しんできた作者・作品が紹介されている。現代文学についても古井由吉『杳子』『山躁賦』、町田康『告白』、西加奈子『サラバ!』『炎上する君』、中村文則『銃』『何もかも憂鬱な夜に』など、紹介される小説どれも面白そうで、ブックガイドとしてもなかなか良い。

    (2017/3/6読了)

  • 何度でも読み返したい。
    本への想いがひしひしと伝わる。

  • まず、最初に痛感したのが、自分自身が視野が狭いということ。この本を読んで改めて痛感しました。(^_^;)とある方に「君は視野が狭いわー。」と貶されたのに、又吉さんだと妙に説得力があって(そうやよなー。視野は広めなきゃなぁ。)って思えた。もう一つは、又吉さんはかなり本を読んだんだなということ、これまた改めて実感。「人間も本来は誰かを喜ばせるために生きているわけではありません。ただ、いるだけです。」肩肘張って生きてきたのが、背負ってると疲れる荷物を「無理しないで、少しは下ろしなさい」と諭してくれた気がする。

  • 溢れ出る近代文学愛。
    本への愛、読書啓蒙、謙虚さ、笑い、
    全部ひっくるめて、芥川賞作家又吉。

  • 初めて又吉さんのエッセイ『第2図書係補佐』を読んだ時に、
    この人の読書量はハンパじゃないと思いました。
    それも批評ではなく、ただひたすらに文学に対する愛情が感じられてとても好印象だったのを覚えています。

    今回のエッセイも、あちこちにドキリとさせられる言葉が沢山ありました。
    「共感」できない本は面白くない、人間ってとかくそういう傾向があるけれど、
    それだと確かに自分の視点の幅を狭めてしまうなぁと反省。

    近代文学には小難しくて苦手意識があったけれど、
    又吉フィルターを通すとすごく面白そうに思えてしまう不思議。

    挑戦しよう。

  • 本書では又吉さんが、なぜ本を読むのか?について語っています。勉強ができなかったとあるが、中学生で芥川や太宰を読んで面白いと思う又吉さんの感性はすごいと感じた。本を読んでいて面白いと感じる瞬間が「普段から何となく感じている細かい感覚や自分の中で曖昧模糊としていた感情を、文章で的確に表現された時」というのには共感しました。「火花」はあらすじを読んで、あまり興味が引かれていなかったのですが、又吉さんがどういう思いで書いたのか知ったら読みたくなりました。

  • 又吉さんが「なぜ本を読むのか」という問いに、真剣に向き合った1冊。
    丁寧だけれど話し言葉に近い文章のせいか、テレビでお話されているそのままの口調で頭の中で再生されました。

    読書家であることは知っていましたが、本当にたくさんの近代文学・現代文学を読みこんでいらっしゃいます。
    太宰や芥川を読みながら笑いやボケを意識したことはなかったので、その視点が新鮮でした。

    そして、それらの作品が又吉さんの表現の下地を作っていることもわかりました。
    本書を読みつつ、『第2図書係補佐』(幻冬舎)の巻末対談の「本をたくさん読んでいる人の中には変な海みたいなものが出来上がる」というお話を思い出しました。
    さまざまな価値観やわからないことも、とりあえず自分の中に取りこんで熟成させてみる。
    いろいろなものが混じり合い、互いに影響しながら形成される自分の素地を、これからも大切に育てていきたいと思いました。

全191件中 1 - 25件を表示

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)に関連するまとめ

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)はこんな本です

ツイートする