夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

  • 1388人登録
  • 3.72評価
    • (86)
    • (151)
    • (123)
    • (25)
    • (8)
  • 204レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 小学館 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098235018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)の感想・レビュー・書評

  • 「小学館よしもと新書」の第一弾となる書で、又吉直樹さんがそれはそれは
    真摯に文学と向き合い、読書論を展開している。
    これまでこの方の作品を読んできた人でも、この真摯さには胸打たれるだろう。
    難しい表現をさけて、丁寧に言葉を選んで紡ぐ姿勢には尊敬の念さえ抱く。
    それが、冒頭の言葉によれば『本を読む理由がわからない方、興味はあるけど
    読む気がしないという方々の背中を、頼まれてもいないのに全力で押したい』という
    本人の意思によるものだとしても。

    本当の自分と周囲からの評価とのギャップに悩みつつも笑いをとる快感を知った
    少年時代。
    その頃の内面の葛藤を和らげてくれた芥川や太宰の作品との出会い。
    『火花』誕生の舞台裏を振り返る章では、執筆状況を日々報告に行ったバーの
    マスターとの交流に、妙にじんとしたり。
    発表後、かつてのコンビ「線香花火」の相方が語った愛にあふれる感想も印象に
    残る。
    後半は近代文学のみでなく現代文学にもふれて、作家と作品の魅力を語っている。

    「登場人物の心情や世界観への共感だけが読書の喜びではない」と語るその部分は
    納得の章で、現在長くて苦しい夜を乗り越えようとしているひとの助けになると、
    読書はそういうものでもあると、最後までやさしく真摯に語り掛けてくれる。

    不思議なもので、読みつくしたはずの作品たちなのに、ここで紹介された文章を
    読むと今一度開いて読み返したくなってくる。
    うん、きっとそうするだろう。

  • 珍しく図書館から借りるのではなく自腹で購入しました。そこら辺のタイトルだけの新書よりも立派な内容で驚きでしたが、1,2章で読むのに時間がかかってしまった。(ひたすら過去形で書かれている文章がつらかった…マジでつらかった。)

    『第2図書係補佐』の読みやすさ、『新・四文字熟語』でのユーモアさとは違った面が書かれていて好感が持てた。

    4章の「僕と太宰治」で太宰作品に対する真摯な眼差しに つい泣きそうになってしまったし、まさか『夜を乗り越える』というタイトルがこの章につながると思っていなかったので驚いた。

    紹介されている本を手にしてみたいと思わせる力はさすがだなぁ…と思った。(けど町田康の『告白』の分厚さにひるんでしまった)。いつかは読んでみたいと思う作品が本棚に置きっぱなしなので、いつかじゃなくてまず手に取ってページを開いてみようと思いました。

    キラキラした想いだけではなく、黒い(悪魔な)本音も書かれていて(133ページあたり)嬉しかったし 感動した。欲を言えば紹介されている本が『第2図書係補佐』とかぶっているのが多かったのでちょっぴり残念だった。又吉さんお薦めの作品をもっと知りたいな。

    (本棚保存)

  • 生きていると、ただ夜が明けるという時間の経過が「乗り越える」という程の重みを持つことが誰にでもあると思う。長い人生を振り返ればただの一瞬でも、その一瞬を一人で乗り越えることはとても辛い。それを、会ったこともない、もしかしたら今は生きていない他人の言葉が支えてくれることがあるということ。本の存在、読書という行為の持つ力を様々な角度で、色んな言葉で伝えている本でした。又吉さんの36年の来し方、執筆の過程、そして何よりも受賞後の怒りにも似た葛藤が如実に書かれていて、それはこれまでの又吉さんからはとても珍しいことだと思います。
    これからも沢山の夜を乗り越えて、これからの時代で抱えるであろうより複雑な葛藤を、近い未来に、新しい作品として世に出してくれることを、何よりも楽しみに応援し続けます。彼の素直で複雑な文章は、ずっと味方でいたくなるような、不思議な気持ちになるんです。

  • 又吉さんが「なぜ本を読むのか」という問いに、真剣に向き合った1冊。
    丁寧だけれど話し言葉に近い文章のせいか、テレビでお話されているそのままの口調で頭の中で再生されました。

    読書家であることは知っていましたが、本当にたくさんの近代文学・現代文学を読みこんでいらっしゃいます。
    太宰や芥川を読みながら笑いやボケを意識したことはなかったので、その視点が新鮮でした。

    そして、それらの作品が又吉さんの表現の下地を作っていることもわかりました。
    本書を読みつつ、『第2図書係補佐』(幻冬舎)の巻末対談の「本をたくさん読んでいる人の中には変な海みたいなものが出来上がる」というお話を思い出しました。
    さまざまな価値観やわからないことも、とりあえず自分の中に取りこんで熟成させてみる。
    いろいろなものが混じり合い、互いに影響しながら形成される自分の素地を、これからも大切に育てていきたいと思いました。

  • 「又吉さんは目がきれい」
    年配の詩人の女性が云いました。
    又吉さんが芥川賞を受賞したニュースを話題にした時のことです。
    云われてみれば、たしかに又吉さんはきれいな目をしていると思いました。
    人間を、上辺ではなく、根本のところで信頼している。
    そんな人に特有の目ではないでしょうか。
    「だから『火花』のような小説が書けるのだな」と、それで合点がいったのです。
    私は又吉さんの芥川賞受賞作「火花」を読んで、いたく感動しました。
    お笑いに賭ける若者たちの情熱が、時に痛々しくもひしひしと伝わってきました。
    登場人物は、一様に器用に生きられない人ばかりです。
    だけど、作者である又吉さんが一人ひとりの登場人物に向けるまなざしは一貫して優しい。
    表面的に優しいのは世の中にいくらもあります。
    又吉さんの優しさはそうではなく、まるで身を賭すような献身的な優しさです。
    件の女性は続けて云いました。
    「だから、これからもいい作品を書いていくと思う」
    目がきれいだというのは、作家に必須の要件なのだと信じて疑わない様子でした。
    いつも通り、前置きが長くなりました。
    本書は、「お笑い界きっての本読み」としても知られる又吉さんが本の魅力について語り尽くした新書(小学館よしもと新書の第1号!)。
    一読して、又吉さんが途轍もない本読みだということが分かります。
    途轍もないというのは、単に多くの本を読んでいるということではありません。
    1冊1冊の本を、本当に丁寧に心を込めて読んでいるということです。
    特に、太宰治に対する愛は尋常ならざるものがあります。
    「人間失格」を読んだ人の多くがそうなるように、又吉さんもやはり主人公・大庭葉蔵に自分が重なったそうです(余談ですが同業者の大手新聞社の底抜けに明るい女性記者が「共感した」と語るのを聞いて少し驚いたことがあります)。
    「『人間失格』からは、太宰がこの作品を事実の垂れ流しではなく小説にしよう、物語として、小説という形式の力を使って真実に近づけよう、としている意識が伝わってきます」
    なんて、本当に深い読み方をしていると感服します。
    私は読んだことがないのですが、太宰に「芸術ぎらい」というエッセイがあり、こんな興味深いことが書かれていて括目しました。
    「創作に於いて最も当然に努めなければならぬ事は、〈正確を期する事〉であります。その他には、何もありません。風車が悪魔に見えた時には、ためらわず悪魔の描写をなすべきであります。また風車が、やはり風車以外のものには見えなかった時は、そのまま風車の描写をするがよい。風車が、実は、風車そのものに見えているのだけれども、それを悪魔のように描写しなければ〈芸術的〉でないかと思って、さまざま見え透いた工夫をして、ロマンチックを気取っている馬鹿な作家もありますが、あんなのは、一生かかったって何一つ掴めない。小説に於いては、決して芸術的雰囲気をねらっては、いけません」
    思わず粛然とする文豪の戒めです。
    又吉さんも肝に銘じて「火花」を執筆したことでしょう。
    そんなことも考えながら本書を読むと、本当に面白いです。
    本書ではこのほか、芥川龍之介や織田作之助、谷崎潤一郎、現代では町田康、西加奈子、中村文則ら影響を受けた作家とその本の魅力が、又吉さん自身の言葉で瑞々しく語られていて読ませます。
    個人的には、渇仰して止まない町田康さんについて書かれたところが最も興味を引きました。
    私は町田さんを伝統や形式に抗うアウトローと見做して敬愛していたのですが、又吉さんは「枝分かれしていった日本の文学の中で、町田さんは近代文学からの系譜を受け継いだど真ん中にいる小説家だと僕は思っています」と書いています。
    又吉さんが云うならそうでしょう、私の勉強不足で不明を恥じました... 続きを読む

  • 本に命を救われたことはありますか?
    わたしはありますし、著者もそうだったようです。そういう本好きは是非手にとってください。

  • 困った。回りくどくて同じことをいろんな表現で言っていて。更にどこか卑屈。
    途中で読み進めることが難しくなってしまった。
    だって、他の楽しそうな本を勧めるんだもん。
    困った時はみんなのレビューを読んでみるんだけど、びっくりするくらい好意的で、更に困る。
    この本はもっと若い人向けなのかも。
    そして、残念ながら、私、又吉さんに興味ないんだわ。
    10代の頃、夢中で読んだ「車輪の上」(米米の)を30になって読み直した、あの感覚に似てる。
    納得して、途中で断念しました。
    太宰治への愛、熱かったけど。
    「第2図書係補佐」は楽しかったんだけどな。


    「悪意で読む者より、感情に流されずフラットに読む者より、本に対して協力的におもしろく読める者の方が読書を楽しめてる」

  • まず何と言ってもタイトルが秀逸。誰しも「明日という日が来なけりゃいいのに。はたして今夜を乗り越えることができるのか…」という辛い思いに苛まれることがある。そんな夜を救ってくれたのが、又吉くんの場合は本であり、太宰治であった。

    上京して安定した仕事が入るまで、ただただ本を読み続ける日々。彼にとっての読書は、芸人として売れるのか、その不安と焦りと対峙する時間であった。本を読めば「覚悟」が湧いてくる。大好きな太宰も売れたのは晩年ではないか。自分の生きる道にそんなに悩まなくてもいいのでは…という立ち向かう勇気を与えてくれたと吐露する。文学に出会い、助けられ、いかに様々な夜を乗り越えてきたかを笑いも散りばめ、時にはシニカルに本と小説について真摯に熱く語る。

    書を捨てスマホ片手に街に出る昨今、内省への旅路に最適なツールは読書。高校・大学時代によく読んだ近代文学(かつては文学然とした作品しか文庫本化されなかった)を再読してみなきゃと思わせてくれた好著。

  • 高橋源一郎さんが、「僕も太宰は好きだけど、又吉くんには負ける!よく読んでるよ、彼は。」と感心していたのをラジオで聞いた。なるほど又吉さんの文学好きは幼い頃からだったのだ。小六で「火垂るの墓」で文体を感じ取り、高校生で遠藤周作の「沈黙」を読みこなす。そんな下地があっての文筆活動なのでこの説得力も当然。「夜を乗り越える」「答えは自分の中にしかない」などキイワードの置き方もうまい。芥川賞作家ということを別にしても読む価値のある読書論・文学論だ。

  • こういう本も書けちゃうのが凄い。
    自分が読んできた本を紹介したり、本に関する様々な事を又吉さんなりの言葉で表現していて、「火花」よりこういう内容の方が書くのが大変だし(「火花」も大変だったろうけど)、やっぱり作家さんなんだな~と感心します。
    芸人も頑張って欲しいけど、この先の文筆活動も楽しみ。

  • なぜ本を読むのかをテーマとした新書。自伝部分で本との出逢いや、文章を書くということや、あの『火花』が書かれ世間で話題となるまでが綴られます。その部分は他のエッセイなどでも書かれていたこともあり、もう一度なぞるようになるのですが、やはり『火花』以後というのがあるのでしょうか。同じエピソードから同じ気持ちが汲まれているのに違う印象を受ける部分もありました。
    後半はなぜ本を読むのかという主幹となる部分。本を読むことの魅力について、太宰治について、近代文学や現代文学の書評へと繋がります。
    本を読むことに真摯でありながら、本を読むことを精一杯楽しんでいる姿勢が見られます。「本に対して協力的におもしろく読める者の方が読書を楽しめている」という言葉が示すように、作品の中から面白さを貪欲に引き出そうとします。判らない部分がある、その判らない部分というのはなぜ判らないのか。今まで自分の中になかった感情を刺激するから判らないのではないか。ならばその判らないということ自体が面白いことになる。だから一度だけ読むよりも二度目三度目に新たな面白さがある。そんな考えに今まで自分がおぼろげに感じていたことを明文化してもらったような感覚を得ました。
    純文学はわかりにくく書かれていると思っている人が少なからずいます。しかしそのわかりにくいとされるものは言い表したいことを文章として表わすために必要なものであり、小説という形をもってしか表せないものが書かれているからなのではないでしょうか。それは一言で言い表せるようなものではないのです。だからこそ小説という形が必要なんです。
    また小説に対して「共感」だけを評価の基準とすることへの警戒のようなものも書かれています。共感するものだけを読むということは、自分の中にあるものにしか目を向けないことになり、自分の中にないものに出逢うことができない。ひとつの事象に対して書かれることが共感し得ないものだからこそ感じるものもあり、それ故の面白さもあるでしょう。なるほど本を読むことは実に楽しいことなのです。

    新書のタイトルとしては帯にある「なぜ本を読むのか?」の方がストレートでしょう。しかし敢えてそこを「夜を乗り越える」とする。これは余りに「文学的」過ぎるとの揶揄を受けるものではないでしょうか。しかしそんなことはきっと覚悟の上の想定内なのでしょう。読後やはりこのタイトルでしかないという思いを叩き付けられたのでした。

  • 自分がお喋りだからか、頭の中に言葉がいっぱい浮かぶのにそれを吐かずにいる人って、どうなってんのかな……と、常々思っていました。
    でも、喋らない人も頭の中ではいっぱい喋っているんだということがわかった気がしました。

    頭の中のイメージが口にした瞬間、ちょっと違うっていう感覚は誰にでもある気がしますし、それをバチーンと表現されたものを見たとき「あぁあぁぁぁ!」っとなるのもよくわかります。

    文学=学校でやるもの、みたいな感じが自分の中にもありますが、それでも(本当は覗いてみた方がいい世界なんだろうな)って思いは中学生の頃の自分もボンヤリと思っていたんだろうな、とこの本を読んで思ったりしました。
    『こころ』『人間失格』『車輪の下』『海と毒薬』こういったものは、どれも夏休みに親の実家に帰ったときに読んだ記憶があります。
    祖父母宅で、友人も近くにいないしやることもないので、こういう時に、ちょっと取っつきにくそうな本と向き合ったんだろうな、と。で、読み始めたら一気読み。
    それならもっと読めばいいのに。

    でも、読書は楽しむもの って又吉さんも言ってることですし、その時その時にあった本に出逢えれば、それでいいのかな、と思った次第。

    人間に興味があれば、どんな本でも読書はきっと楽しい、私はそんな風に思います。

    あ、それから『書いてみたら読むのがもっと楽しくなった』っていうのは、わかります。
    でもやっぱり、書くより読むほうが楽だし楽しい。

  • 2016/06/05
    何のために本を読むのか。
    一言で言ってしまえば、「面白いから」なのだけれど、何で面白いのかというと、又吉が言うように、普段言葉にできない思いを言葉にしてくれるからであって、それを見事に言葉にしてくれたのがとても良かった。
    そして、それが物語である理由も、とてもすんなり腑に落ちた。
    やっぱりこの人すごい人だと思う。

  • 本書で筆者が述べている「子供からみた大人の残酷さ」というのは大変ユニークな視点だと思う。感じやすい少年だったのかもしれないが、確かに「考えすぎやん」という言葉ですまされて傷つく、というのはありえるかもしれない。
    読書によって、自分だけがこんな考え方をしているわけではない、と感じるとは生きていくうえで不可欠だと思う。人はそれを感情移入と表現するけれど。

  • 冊数や幅に差はあれど私もそこそこたくさんの本を読んできて、読みながら様々なことを考えているけど、そうやって頭の中を通り過ぎる思考を彼のように言葉にして繋ぎとめられる人とそうでない人の差はどこにあるんだろう。
    普段読み終わった後には考えたことの十分の一もここの感想に書ききれていないし、忘れることをそこまで惜しんでもいなかったけど、又吉のこの文章を読むと、くやしいなあと思ってしまった。何がくやしいんだろう。わからないけどもっともっと本を読みたくなりました。反復か、センスか、はたまた情熱か。タイトルもすごくいい。

  • 「親に同じようなことを言われても、「やかましいわ」で終わってしまうようなことも、小説、文学を通じて、物語を読んできた末に出会った言葉にグッときた経験は、みんな一度は体験していると思います。」

    本を読むことのおもしろさを、著者の経験を通して述べられています。
    実際に話しかけられているようで、スラスラと読むことができる一冊でした。

    読書ってやっぱり楽しいよなあ(´ω`*)

  • なぜ、本を読むのか?
    本を読む理由がわからない方、興味はあるけど読む気がしないという方の背中を全力で押したくて書いたという本書。
    読んでいて胸が締め付けられるようでした。

    私も又吉さん同様に、本に救われてきた人間です。
    自意識を持て余してしまうとき、器用に生きられないとき、本はいつもそっとそばにあって、深い闇を追い払ってくれました。本は読まなくたっていい。けど、そんなに難しく考えることなく、まずは読んでみたらどうよ、と真摯に語り掛けてくれる気がしました。

    読んでいて何よりも感じるのは本への愛情と作者への尊敬の念。本を楽しみたいという気持ちで、わくわくしながら本を開くのは私も又吉さんとまったく同じ。
    悪意を持てば小説をつまらなくすることなんて容易だからこそ、マイナスな情報にばかり目を向けて本を楽しめなくなることは避けていきたい。

    白か黒かではない、二択の間で迷っている状態を優柔不断だと言わないでほしい、と言うあたりに又吉さんの人柄が表れている気がします。
    本は、世界が二択ではないということを教えてくれる貴重な存在ですよね。
    それに、本はその時の自分の能力でしか読めない。「いつ読んでも違う味がする。それが読書の大きな魅力です」という言葉も大好きです。

    長い人生、どうしても深い闇に落ちてしまって、この夜さえ越えることができたら…という日だってあるはず。ほんの少しの差異なんだろうけれど、そっと光の方へ自分んを押し出してくれるのも、本でした。
    丁寧に紹介された本たちは、どれも読んでみたいし、読んだ後にまた又吉さんのコメントを読んでみたい。

    又吉さんのどこまでも静かな空気感が心地いい1冊でした。

  • 出てすぐに買ったのに、なんだかもったいなくて少しずつ読んでいた。忘れて、また、同じところを読んだり。私は又吉の書く文章が好きで、この「夜を乗り越える」というタイトルの意味、泣いてしまった。ほかのところも読んでいて、泣けてしまうところがある。
    また、彼の恋愛観というか、好きな女ができたとして、ということを書いたところがあるけれど、なるほどと妙に納得してしまった。
    ほかのレビュアーの方も書いていたけど、本の読み方なのかな、と思った。私も本が好きだけど、そういう視点で読んでいるんだ、と思うと、再読したくなる本がたくさんある。視点なんて人それぞれでよいはずなのに、やはり、いろいろな視点があるということを知るのは面白い。
    わたしも、一つ一つ夜を乗り越えて生きてきた気がする。これからも乗り越えていこう。

  • 命すらかけた感のある文学論であり、読書論である。言葉が光っている。言葉に重みがある。文学の原点を、力を確認できた。又吉さんは、この時代にあって、文学、読書を伝導するまたとない人物だ。生き様論としても何度も唸らされた。また、笑いも押し殺しきれないほど。何度、地雷をふんだことか。

  • 「夜を乗り越える」、とはどういうことなのか。
    本書を読み良くわかりました。全体的に又吉くんの人間性をとても感じる文章だと思いました。

    「火花」、私は正直ストーリーは好きじゃなかったし、読みたかった本を読むときにいつも感じるような娯楽的楽しさも感じられなかったけれども、描かれていることは全うな純文学でありその意味での面白さは感じられたような気がしていました。
    本書を読んでまさに「面白いと感じられる読書体験だけが意味があるわけではない」と又吉くん自身が考えていたことを知り、そのような受け止められ方をすることも承知の上で書きたいことを書き上げた彼はやっぱりすごい人だなと感じました。

    今後も注目していきたい作家さんの一人です。

  • 又吉さんと本の関係は、
    私が想像していたよりもっともっと親密で切実なものでした。
    本との出会いが無かったら、又吉さんは
    乗り越えられない夜を迎えてしまっていたのではないか・・・
    そう思えるくらいヒリヒリとしたものを感じました。
    この本を読んだことで『火花』のいまひとつピンと来なかった世界観が
    そういうことだったのか・・・と痛く納得。
    ある意味火花の解説本のような意味合いもある内容です。
    私はきっと又吉さんと同じくらい本が好きだ。
    でも、又吉さんが面白かったと書く本には
    ことごとく心惹かれなかったのもまた事実。
    読書ってほんと奥が深いものだと思う。

  • 又吉さんの、熱い読書への想いが書かれたエッセイ。
    本だけでなく、読書行為も熱く語られていたのが印象深かった。
    紹介されていた本はほとんど読んだことがなかったからこれから読んでみよっと。

  • 読了。

    『火花』後に書いたエッセイらしい。
    「なぜ本を読むのか」に答えをだそうとしているエッセイ。

    『火花』を未読なので読みたいと思った。その前に『カキフライ…』や『ジープで…』を読もうと思う。

    彼の作品はまだエッセイしか読んだことなくて、エッセイがおもしろいので小説がつまらなかったらショックだなぁと思う。

    今回のでは、毒づいたりもしていて『第2図書係…』とはちょっと違うな。

    注目されてストレスなんだろうか。
    (170108)

  • 難しいことを言わずに、著者の、読者として、作者としての本との向き合い方をわかりやすく親しみやすい文体で書いてくれています。

    さまざまな良書を取り上げながら、自身の経験を交えつつ、読者の良さを人々に広めていこうとする姿勢に好感を持てました。ああそうだな、その通り、と共感することもあれば、そんな見方、読み方があるのだと新しい発見もありました。

    一番印象に残ったのは、共感できないものを排除しようとすることへの疑問を投げかけている部分でした。そうなんですよね、たしかに本を読んで、そうそう、わたしもそう、みんなそうやって悩んでるのね、と共感できると安心するし、それが本の魅力のひとつであることは間違いないのですが、共感できなかったり、自分の考え方を否定されたりしたときや、主人公が自分の嫌いな性格の人間であるときに、腹を立てたりつまらないといってやめたりせずに、あえて付き合うことで、見えてくる世界がある。自分が未完成であるという前提で、色々な可能性を排除せずに本を受け入れて、面白いと思える、何かを吸収できる人間になりたいと思いました。

    あとは、太宰治を読みたくなりますね。昔読んでいまいち合わないなあと思った記憶があるのですが、また挑戦してみたいと思います。

    本を読まない人も、よく読む人も楽しめる本です。

  • 本を読まない人に向けて書いたとありますが、本を読む人でもというよりむしろ本を読む人の方が面白いと思うんじゃないかなと感じました。
    又吉さんの読書に対する想いが丁寧に書かれていて、近代文学をほとんど読まない私としては近代文学を読んでみたいと思わせるものがありました。
    タイトルの「夜を乗り越える」には又吉さんの太宰や芥川への強い想いが込められていることがわかります。

全204件中 1 - 25件を表示

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)に関連するまとめ

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)の作品紹介

芸人、芥川賞作家・又吉直樹 初の新書

芸人で、芥川賞作家の又吉直樹が、
少年期からこれまで読んできた数々の小説を通して、
「なぜ本を読むのか」「文学の何がおもしろいのか」
「人間とは何か」を考える。

また、大ベストセラーとなった芥川賞受賞作『火花』の
創作秘話を初公開するとともに、
自らの著作についてそれぞれの想いを明かしていく。

「負のキャラクター」を演じ続けていた少年が、
文学に出会い、助けられ、
いかに様々な夜を乗り越え生きてきたかを顧みる、
著者初の新書。

ツイートする