がさつ力 (小学館よしもと新書)

  • 95人登録
  • 3.63評価
    • (6)
    • (9)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 千原せいじ
  • 小学館 (2016年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098235025

がさつ力 (小学館よしもと新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読むと印象が変わる。 テレビなどでは何も考えていないように見えるし、それこそ「がさつ」に見える。 しかし実際はそのがさつさの裏に配慮や合理性があり、それを知るととても賢い人に見え納得する。 全く同じ内容を別の人が書いてもそこまで響かないと思うけど、テレビなどでの印象がある分、説得力がありかなり良い本に思えた。

  • それぞれのことに、本質を突いていると思う。

  • 千原せいじ、実は結構好き。
    この本を読むと、千原せいじが単なる『がさつ』な人ではないのだなぁと気付きます。

    遠慮や迷いは、人生の時間の無駄遣い。
    今まで、そんなふうに考えたことなかったな~。

    明日からがっつり行こう。うん。

  • 新書シリーズは定着して増えていくものもあればどんどん先細っていくものもある。

    よしもと新書は「火花」の又吉直樹をひっぱりだし「夜を乗り越える」でスタート。

    さてどれくらい伸びていくことができるか。

    この本は千原せいじのコミュニケーション術につての本。

    「がさつ力」なんて言葉だけ聞くと粗雑なイメージがあるが書かれていることはすごく納得できる話ばかり。

    人に嫌われるということの大切さがよくわかり、まさに「嫌われる勇気」ですね。

    千原せいじと同じ生き方を出来る人ばかりではないと思うけど、人生を力強く生きる為のアドバイスとしては非常に優れた本です。

    おすすめです。

  • あの人気芸能人が書き下ろした。「思っていることを言わずに逃げてしまったらずっと逃げ続けることになる。理不尽だと思ったら文句を言った方がいい!」
    メンタルの弱い人が多くいる日本に送る一冊!

  • 芸人、千原せいじが「コミュニケーション術」について語った本。外部の人とほぼ接点のないマサイ族ともすぐに打ち解け、人に懐くことはないと言われている野生の猿とも牡蠣を分け合う仲に…なぜ彼にはこんなことができるのか、そのヒミツが明かされています。人に気を使いすぎたり、嫌われることを恐れている人には、「こんな考え方もあるのか!」と目からウロコな一冊です。

  • 千原せいじ、率直で一貫した信念、すごいですよね。コミュニケーションスタイルや、でかい失敗をしても「死ぬことはないな、このくらいのことで」と思うことで十分、といった考え方など、とても参考になります。

    あまり自分に自信をもてない、という学生に読んでほしいな、と思いました。気楽に読めますよ。

  • せいじ兄ちゃんは確かに「がさつ」ではあるけれど、でも、自分の考えも行動力もしっかり持っていて、あらためて格好いいなと思いました。

  • まあまあ

全13件中 1 - 10件を表示

千原せいじの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
西 加奈子
三浦 しをん
又吉 直樹
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

がさつ力 (小学館よしもと新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

がさつ力 (小学館よしもと新書)の作品紹介

驚異のコミュニケーション術を初公開!!

空気を読み過ぎて疲弊しがちな現代社会にこそ、「がさつ力」が必要だ!

「ズカズカ踏み込んでいったほうが、相手も本音で話すし、
深いところまでわかり合えるでしょ」と語る著者は、
言語や文化の違いを超越した、
圧倒的なコミュニケーション術で数々の伝説をつくってきた。

その裏側には、生まれ持った合理性と、
意識的に育ててきた対応力がある!

本書には、誰もがマネできて、
人生がもっと楽しくなり、毎日が刺激的になるメソッドが満載だ。

ツイートする