娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)

  • 176人登録
  • 3.22評価
    • (3)
    • (19)
    • (33)
    • (7)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 陰山英男
  • 小学館 (2008年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250103

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

  • 後半の娘さんの文章が良かった。

  • その後、いろいろ批判もされている著者の本ではあるが、私は支持します。
    以前から読みたいと思っていたのですが、読んでよかったです。一日で読めます。
    娘さんの文章にも触れることができ、得をした気分です。

    ただ、やっぱほんの少し親ばかかなぁ。

  • [江戸川区図書館]

    隂山先生の次女に関する受験記。但し、

  • 勉強方法や受験への心構えなどいわゆる受験本の類だと思っていたが、内容は異なっていた。
    どちらかというと家庭教育に関することや勉強においての基礎の大切さや受験勉強とは何のために行うのかと言う事が書かれていた。
    「一人前になるための三つの難関がある。受験、就職、結婚である。就職と結婚は運の要素もあるが、受験に関しては本人の努力次第である。」
    「受験勉強は学力ではないが、目の前の困難を解決する意味で生きる力である。」
    「教育とは自立させるためにある。」
    「勉強は自由になるためにする。」
    といった言葉はなるほどと感心させられる。

    一つの注意点としては、高3の春から勉強して一浪して東大に合格したのではなく、それまでの素地や家庭環境があってこそ合格できたと言う点であり、そこはタイトルとは違う点だと考える。

  • 面白かった、と言うと怒られるかもしれないけれど、『ビリギャル』読むのと同じくらい楽しめた。
    そして、やっぱり私の感じていたことは正しかったと思えた。
    どこの大学にしても、行くか行かないかは、受かる受からない以前に受けるかどうか。
    子どもの学力や高校のレベルや親の経済力もさることながら、子ども自身と親がいかに「そのつもり」になるかが大きいと改めて思った。

    あの陰山先生もただのお父さんなんやな。
    お嬢さん自身とお嬢さんの文章がとても素直で、いいなと思った。


    自分メモ
    ・早寝早起き朝ごはん
    ・基礎をしっかり反復
    ・教育とは自立のための営み

  • 理由と言うか、親子の受験体験記みたいな感じであった。

  • 今回は欲張らないぞ・・と思いながら、途中にあった「返却されてすぐの本」コーナーでつい読みたくなり、追加してしまった一冊。
    我が家にもつい最近まで大学進学希望の高校生がいたのだが、学力とは別のところで勝負させてしまったものだから、何が違うんだろうなあ・・という思いで読んでいたところは大きかった。
    100ます計算で有名な陰山先生のお嬢さんだから、基礎学力(情報処理能力)はやはりしっかり身についたうえでの話、にはなるだろう。それと、どんなに回りがとやかく言っても、本人の「その気」がなければ結局このような結果は得られなかっただろう・・ということだ。それと、周りの人たちの声のかけ方だ。E判定から始まる受験も、決して周りが愛想を尽かしたりしない。あと、受験は情報戦のような話があったが、これがもしかしたら現代の大学受験における一つの問題点なのかもしれない。
    他の方のレビューを見ると「参考にならなかった」ような意見も見受けられたが、受験という(しかも一浪して合計2年)長いスパンをどういう風に乗り切ったかなどは、当事者である受験生には十分参考になるのではないかと思った。そういう意味では、お嬢さん本人の後編部分は非常に貴重な受験の記録となっていると思う。

  • ◆こんな方にお勧め!
    ・子どもを東大に行かせたいパパママ
    ・陰山メソッドの陰山先生の子育てを知りたいパパママ


    ◆内容(「BOOK」データベースより)
    百ます計算で有名な陰山先生のお譲さんが東大受験を決意したのは、時すでに遅く高校3年生の4月。東大模試の合格判定は20%以下のE判定。広島県の公立高校に通うごく普通の女の子が、短期間でめざましい成長を遂げ、東大に合格した理由は何か。はじめて公開する陰山家の「陰山メソッド」とは?陰山先生が父親の視点から、そして経験豊富な教育者の視点から、見守り続けたわが子の受験生活を振り返って鋭く分析。お嬢さんの受験体験記も収録。東大一直線の受験勉強を根底からくつがえす、東大受験の常識が変わる本。


    ◆感想
    百ます計算で有名な陰山先生の子どもとのやりとりが書かれた本です。
    陰山先生の家庭での教育方針がよくわかりますし、子どもが受験する際には親子のやりとりなど、参考になると思います。

    今回のポイントは2点です。


    1.限られたことを何度も繰り返す
    手広く新しいことをやるよりは、限られたことを何度も繰り返す方がよいとのこと。

    なぜかと言うと、繰り返すことで記憶が定着しますし、慣れてきますのでスピードもあがります。子どもにとっては、それが自分ができるという自信につながり、勉強のモチベーションにもなります。

    百ます計算もそうですよね。
    繰り返しやることで、計算スピードを上げ、勉強ができるという気持ちにさせてくれますよね。

    新しいことをどんどんやっていくことも大事だと思いますが、繰り返して基礎能力を上げてからやることを私もオススメします。

    わが家でも小4長男に対しては、学校で習うことを少し早めに勉強し、同じ問題集を解かせていますので、学校で習うころには理解が早いようです。


    2.読書の環境を作る
    読書は国語力を伸ばすよい方法とよく言われます。
    しかし、子どもに本を読みなさいと言っても、好きな子じゃないとなかなか読まないですよね。

    子どもが自発的に読むことで、本に興味を持ち、本を好きになってくれるのだと思います。


    では、どうすればよいか。


    1つの方法として、読書をしたくなる環境を作ることとあります。

    たとえば、リビングに子ども向けの本を置いておく。
    子どもが興味のある分野の本を置いておく。

    そうすると自然に子どもも本を読んでみようと思うようになるそうです。


    他にも参考になる内容がありましたので、私の考えや子どもに対して試してみたことを今後のブログでご紹介していきますね~。

  • 百ます計算で、そして陰山メソッドで有名な、あの影山先生の娘さんが東大に合格するまでを語った子育でエッセイであり、教育哲学の本である。

    東大を受験して、一浪して合格した、「家族の合格体験記」である。

    何しろ東大なので大変である。これはもう修行である。そしてなにより受験生本人の修行であると共に、実は家族皆の修行なのである。

    娘さん自身が学ぶプロセスを観て、自らも親として、そして教育者として様々な経験・知識を習得している影山先生の観察力は流石である。

    それぞれの受験エピソードで得られた影山先生の実感、閃き、再認識の言葉はどれもこれも示唆に富んでおり学ぶことが多いが、敢えて紹介するならば
    「教育の最大の障害は、あきらめだ」
    という言葉を挙げておきたい。

    これは単純に「あきらめなければ必ずできる」とか「やればできる」という意味を示しているだけではない。実はそれ以前にもっと重要な本質をついている。つまり
    「あきらめを取り除かないとスタートも切れない」
    という真実だ。これは私自身にも経験があるからとても良く分かる。

    大学受験生を教えればすぐにわかるが、成績が伸び悩んでいる子、志望校への合格判定が好転しない子の一つの傾向は、どこか「あきらめている」ということだ。
    ヤル気と自信に満ち溢れて、前向きに勉強に臨んでいて伸び悩んでいる子供というのは殆どいない。これは実は「鶏と卵」の問題だと思うが、伸び悩んでいるからあきらめているのと同時に、あきらめがあるから伸び悩んでしまっているのだ。そして教師の最初の仕事はこの「鶏と卵の負のスパイラル」を何とか逆転させることだと言える。

    念のため言うならば、それで生徒が前向きに、ヤル気になれば成績がガンガン伸びるというような単純な話ではない。
    (それならみんな『ドラゴン桜』を読めば東大に入れるだろう)
    しかし、まずこの気持ちを作ってやらなくては生徒の学力を伸ばすのは難しい。
    「あきらめ」が最大にして、実は最初の障害だということを影山先生はきちんと理解している。そして同じようにそのことを理解している和田秀樹を指して、自らの教育論と表面的には違うことを言っているようで、実は同じことを理解して目指しておられると評価しているのも流石である。さらに、娘さんの東大受験に際してその「あきらめ」を克服させてくれたのが、和田秀樹の緑鐵受験指導ゼミナールの力だったと率直に認めてしまうところもすごい。娘さんが東大に合格できたのは結局「和田マジック」だったとあっさり認めてしまうのだ(余談だが私は和田秀樹も大好きである。確かにクセのある、付き合いにくい人だと感じるが、あの人はなんといっても真面目だ。あの真面目な生き方が私は大好きだ)。

    本書には他にも随所に、東大受験という修行を通じて影山一家が学んだたくさんのアイデアが紹介されているが、まず第一に我々読者が学ぶべき教育の本質がこの
    「教育の最大の障害は、あきらめだ」
    に集約されているのではないだろうか。

    私もこれから自分のなかにいつの間にか巣食っている
    「あきらめ」
    に少しずつ立ち向かって行きたいと感じた一冊であった。

    受験生を持つすべての家族に、そして受験生自身に読まれるべき良書である。役に立つし、励まされる。久しぶりに清々しい本であった。

  • [ 内容 ]
    百ます計算で有名な陰山先生のお譲さんが東大受験を決意したのは、時すでに遅く高校3年生の4月。
    東大模試の合格判定は20%以下のE判定。
    広島県の公立高校に通うごく普通の女の子が、短期間でめざましい成長を遂げ、東大に合格した理由は何か。
    はじめて公開する陰山家の「陰山メソッド」とは?
    陰山先生が父親の視点から、そして経験豊富な教育者の視点から、見守り続けたわが子の受験生活を振り返って鋭く分析。
    お嬢さんの受験体験記も収録。
    東大一直線の受験勉強を根底からくつがえす、東大受験の常識が変わる本。

    [ 目次 ]
    第1部 娘が東大に合格した本当の理由(父のまなざし)(東大ブランド信仰の裏と表;わが家の陰山メソッド;合格のために必要なこと;親の責任、親の務め;家族の絆)
    第2部 私が東大に合格した本当の理由(娘の気持ち)(東大受験宣言;最初の壁;揺らぐ初心;一年目の受験;二年目の春;マイペースで;自分自身にリベンジ)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本の社会で立派に生きるためには、人に配慮し、素直に人に感謝できることが重要だ。
    親が子供に願うこと、それは幸福になってくれることだ。
    受験は学問ではない。知識基盤社会を生き抜く「生きる力」だ
    父親の役割というのは、人間としての生き方や人間社会の現実について話をして、行くべき方向を示すというのがもっとも重要な役だと思っている。
    日本社会には一人前になるまでに3つの関門がある。進学と修飾と結婚。就職や結婚などは努力もあるだろうが、運の要素も強い。だが進学は違う。まず基本的に本人の努力が一番である。だから受験だけは、世の中が本人の努力を問い、その人間が社会においてどのような仕事ができるかというレベルを見極めようとするのだ。
    若者は失敗することによって強くなり、その失敗をだれかに癒してもらったり、すくってもらったりする中で優しさを学ぶ

  • 本当の理由が何がなんだか判らない。
    子供それぞれに適不適があって、適だったと。
    ただ、子供が開花する下準備は親としてしていたってこと。

  • 間違って買った娘さんの本を読んで、陰山先生の本を、より読みたくなりました。大切なのは感謝する心であると言うことP18、カルタの大切さP60、受験は学問ではない意味、勉強すると言うことは自由になるということだP248、知識基盤社会を生き抜く「生きる力」P97、読みたくなったのが「素読のすすめ」P57、「学力は1年で伸びる!」P77、「ドラゴン桜」など、色々学ぶことができました。

  • 「100ます計算」や「陰山メソッド」などで有名な陰山英男氏の著書。

    本のタイトルを見た時は正直、東大受験に役立つ参考書か何かな?と思った。

    しかし実際読んでみたら、大分心象が変わっていった。これは日記やブログみたいな自伝だった。

    本の中身は前半が陰山氏の「親の視点」でつづられており、後半は娘さんの「子どもの視点」でつづられている。

    それはどちらも実体験を中心にかかれており、陰山氏で言えば親の立場で書いている。

    娘さんで言えば、大学受験~合格までの心境の変化や感じ方・考え方を綴ってくれている。

    これは言い換えると「教育者・先生の立場の視点」「学習者・生徒の視点」という二観点からの日記の雰囲気に近い。

    この本の面白みは、特に後半の娘さんパートにあると思う。受験生の声を聞けるという意味では、塾などで見られる体験記以外にはあまり少ないのではないか。

    確かにポテンシャルというものはあるのかもしれないが、娘さんの感じ方・考え方は大人も学べるようなものがある。

    全編約250ページで、二人分に分けるとその半分ということで、読み物としては短め。それが読みやすくていいのだが、読み終えたらもう少しじっくり書かれていても面白かったと思う。

    特に受験生にとっては、こういう受験体験記は今4月くらいにも読んでみたほうがよい。

  • 教育者として、ある意味本当に成功したということなんでしょうね。
    娘さんの書かれた部分が面白いと思った。

  • 大学合格へのノウハウとか、心構えとか、これから受験に向かう
    子を持つ親になにがしか役にたつかと読んでみましたが・・・
    天下の陰山先生も(ご自分も自覚されてて、書いてもおられますが)単なる親ばか娘自慢的でちょっとがっかり。
    結局ホントウの理由はなんだったんでしょうか?
    百マス計算を早くからやっておけってこと?早寝早起き朝ごはんってこと?だったらもう今更遅いってことか・・・とまたがっかり。
    教育改革の第1人者として、自分の子供はどうなんだ的プレッシャーはすごくて、ようやく娘ががんばってくれた・・ありがとう・・だったんだろうなあ・・・という気持ちは伝わりましたが、
    これからお子様を東大もしくは有名大学に・・・と思う人はやはり和田先生の本のほうがより実践的で説得力あるかと思いました。

  • 最大の敵は「あきらめ」とかいいながら、生まれた時から「この子は東大に行く予感がするからこの名前を付けた」と書いている。個人の教育書です。読むべき内容を見つけられなかった・・・

  • 百マス計算の 陰山氏 その娘さんの東大受験
    の体験記でした

    陰山氏側の部分 と 娘さん側の部分
    親子両面の 気持ち 状態が書かれていて
    家族というのを感じられる一冊でした

    決め手となる勉強法 ノウハウ的なまとめは少なかったですが

    ポイントは
     基礎となる生活習慣

     反復学習

     要領 狙ったものへのアプローチ
    だと思います

  • 「百ます計算」で有名な陰山英男氏とその娘さんが書いた「東大受験顛末記」。
    受験を成功に導くヒントが秘かに散りばめられている。

    キーワードを並べてみれば…
    家庭団欒、安心感、早寝早起き朝ごはん、基礎学力、読み書き計算、「信じる」、受験テクニック、などなど

    ボブは、いつもの生活の中で「学力」といわれるものは身に付くものだと勝手に思っていた。
    「門前の小僧経を読む」の境地。
    ボブが指導する際、家庭での学習と「読み書き計算」の重要性を偶然にも説いていた。

    「…親の読書を子ども達は見る。実は子どもが読書好きになる一番の方法がこれだと思う。家族団欒が読書につながっていくのである。」(p.82)
    とは本の中で出てきたフレーズ。
    ボブの家では…( ̄~ ̄;)
    親は読書することはなかったけど、本だけは自由に購入させてもらった。
    結果的によかったのかな?
    だけど、今の部屋の状況は見せられない…エントロピー増大の法則が貫徹しているのだなぁと感服。

  • 親子とも文章が巧いので、スムーズに読めた。線引きはかなり少なめ。

    読むまで、『「陰山メソッド」とは100マス計算のこと』だと思い込んでいたが、違ってた。早寝早起き&読書と学力の相関も面白い。

    参考になる部分も多々あるが、全体的には「合格体験記」であり、あまり新書という雰囲気ではない。読みやすいので、受験生に一読を勧めたい本である。


    ・「東大に入ることで必ずしも人生が変わるわけではないが、東大を目指すことで人生が変わった」
    ・勉強することは、自由になること

    ・夜は9時までに寝て、朝は遅くとも7時までに起きる。
    ・睡眠時間は7〜9時間とる
    ・「遅刻してもいいから、朝食は食っていけ」

  • とっても楽しく読めた。前半は陰山先生の父親として、先生としてのお話。親心が微笑ましい。後半は先生の娘さんの受験生生活から受験に至るまでの事柄。取り立てて東大に何も感じていない部類の人間(私)が読んでも楽しくためになるお話でした。大人も子どもも早寝、早起き、朝ごはんといった生活習慣は大切なのですね。

  • 今子供が受験中の親の立場として読んだ。
    自分自身は何も出来ず、神に祈ることしか出来ない。
    一番の下の子どもに読ませよう。

全32件中 1 - 25件を表示

娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)はこんな本です

娘が東大に合格した本当の理由~高3の春、E判定から始める東大受験~ (小学館101新書)のKindle版

ツイートする