自衛隊が危ない (小学館101新書)

  • 46人登録
  • 3.41評価
    • (3)
    • (4)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 杉山隆男
制作 : 700 
  • 小学館 (2009年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250288

自衛隊が危ない (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009年刊。◆身も蓋もない自衛隊の内幕暴露本。少数例だけで全体を論じる愚は避けたいが、①窃盗・横領事件がオープンにならない件は自衛隊の(警察官等も同様か)隠蔽体質を、②銃を撃たせられない隊員の処遇は、隊内の教育・リクルートを、③階級意識の欠如(経験豊富な下士官と未熟な士官が生むことあり)は旧軍との連続性と公務員のキャリア・ノンキャリとの関係性を、④新規隊員の自己主張など態度の変容は、民間企業の新人と同様の問題を照射したものだろう。現代・公務員・旧軍との関係等、自衛隊の属性から導出される要素なのだ。
    ◇著者対田母神氏論争における、公僕の姿勢に関し、公務員の身分保障を盾にとる田母神氏は、悪い意味での公務員チックな発想・反論であり、逆説的な意味で、なかなか面白い。◇また、自己防衛のために、自ら大きな価値を置いていない現行憲法の表現の自由を持ち出す田母神氏の右顧左眄には苦笑せざるを得ない。そもそも非現業・権力的作用を有する公務員は、国民の多様な政治的意見の存在が想定される中、政治的中立性が要求される。つまり、彼のような立場の官僚においては特定の見解に依拠する表明・表現には縛り・制限があるのだ。
    公務員なら当然認識しているべき精神に欠けた田母神氏の有り様に関し、批判的目線を持つ著者の方に親近感を覚えるのは否定できない。◆確かに、叙述が体系的・網羅的ではなく、あくまで著者の切り取った断面であることは忘れてはならないだろうが、自衛隊のある種の実態を明らかにした本として、また、簡明に読める本として一読するのはいいかもしれない。PS.自衛隊の制服組幹部の発言・発想には注意を要するかも。

  • 長年自衛隊を見つめ続けた著者が詳らかにするこの組織の歪み。
    変わりゆく自衛隊。自衛隊がより「軍隊化」していくとでも言えばいいのか。一方で忘れ去られつつある創建当時の精神。何が、どういう方向性が正しいのか浅薄な自分にはまだよくわからないが、自衛隊を取り巻く環境、そして自衛隊自身が変わりつつあるいま、自衛隊は、自衛隊員はどうあるべきかというのは、組織の内外問わず考えなくてはならない問題だな。

  • 発足から55年、田母神・前航空幕僚長の「懸賞論文」問題が露呈した巨大軍事組織、自衛隊の歪みとは何か。「軍歌が流れる基地」「悩める現場」、そして「アメリカという聖域」。足かけ15年、1000人を超える陸空軍自衛隊員に話を聞き、F15で空中戦訓練を体験し、軍事機密のかたまり、潜水艦で深海を行った「兵士」シリーズの著者が、さらに3年にわたり防衛省の人事関係施策等検討会議委員をつとめた経験をもとに、いま自衛隊の現場で何が起きているか、つまびらかにしていく。その軋みの、悲鳴にも似た声が、歯止めを失ったこの組織で相次ぐさまざまな問題の底から聞こえてくる。

  • [ 内容 ]
    発足から55年、田母神・前航空幕僚長の「懸賞論文」問題が露呈した巨大軍事組織、自衛隊の歪みとは何か。
    「軍歌が流れる基地」「悩める現場」、そして「アメリカという聖域」。
    足かけ15年、1000人を超える陸空軍自衛隊員に話を聞き、F15で空中戦訓練を体験し、軍事機密のかたまり、潜水艦で深海を行った「兵士」シリーズの著者が、さらに3年にわたり防衛省の人事関係施策等検討会議委員をつとめた経験をもとに、いま自衛隊の現場で何が起きているか、つまびらかにしていく。
    その軋みの、悲鳴にも似た声が、歯止めを失ったこの組織で相次ぐさまざまな問題の底から聞こえてくる。

    [ 目次 ]
    第1章 「武士」は消えたのか
    第2章 軍歌が流れる基地
    第3章 護憲の軍隊
    第4章 悩める現場
    第5章 アメリカという聖域

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • この人の本は好きなんですが、
    「兵士に~」シリーズから引用されていた描写が目立ちます。

    新規の記述は半分以下で、この本を読んで興味を持った人は
    改めて「兵士に~」シリーズを読むと面白いと思います。
    入門編といった位置づけ。

    純粋な書下ろしではないので、既存の読者にとっては改めて
    時間をとって読むほどではないと思います。
    (最新の事情を取り入れているところは一読の価値がありますが)。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    発足から55年、田母神・前航空幕僚長の「懸賞論文」問題が露呈した巨大軍事組織、自衛隊の歪みとは何か。「軍歌が流れる基地」「悩める現場」、そして「アメリカという聖域」。足かけ15年、1000人を超える陸空軍自衛隊員に話を聞き、F15で空中戦訓練を体験し、軍事機密のかたまり、潜水艦で深海を行った「兵士」シリーズの著者が、さらに3年にわたり防衛省の人事関係施策等検討会議委員をつとめた経験をもとに、いま自衛隊の現場で何が起きているか、つまびらかにしていく。その軋みの、悲鳴にも似た声が、歯止めを失ったこの組織で相次ぐさまざまな問題の底から聞こえてくる。

  • 自衛隊の内部は今どうなっているのか。旧軍の伝統と今時の若者が同居する世界。

全8件中 1 - 8件を表示

杉山隆男の作品

自衛隊が危ない (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自衛隊が危ない (小学館101新書)の作品紹介

発足から55年、田母神・前航空幕僚長の「懸賞論文」問題が露呈した巨大軍事組織、自衛隊の歪みとは何か。「軍歌が流れる基地」「悩める現場」、そして「アメリカという聖域」。足かけ15年、1000人を超える陸空軍自衛隊員に話を聞き、F15で空中戦訓練を体験し、軍事機密のかたまり、潜水艦で深海を行った「兵士」シリーズの著者が、さらに3年にわたり防衛省の人事関係施策等検討会議委員をつとめた経験をもとに、いま自衛隊の現場で何が起きているか、つまびらかにしていく。その軋みの、悲鳴にも似た声が、歯止めを失ったこの組織で相次ぐさまざまな問題の底から聞こえてくる。

自衛隊が危ない (小学館101新書)はこんな本です

自衛隊が危ない (小学館101新書)のKindle版

ツイートする