目立つ力 (小学館101新書 49)

  • 605人登録
  • 3.28評価
    • (18)
    • (75)
    • (100)
    • (29)
    • (9)
  • 111レビュー
著者 : 勝間和代
  • 小学館 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250493

目立つ力 (小学館101新書 49)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勝間和代が今より有名になる前に、ブログやTwitterなどのSNSを使って有名になることについて記述した一冊。

    実際に書いてあることはごくありふれたことが多いものの、少しでも知名度を上げてビジネスに生かしたいと思う人にはお勧め。

  • twitterをはじめたばかりなので、ブログのことがわかってよかったです。この本の影響もあってこのブクログにも登録してみました。何もわかっていなくても、とりあえずやってみようという勇気を与えてくれす本でした。

  • ネットを使って自己表現する力を目立つ力と表現されてます。
    確かにSNSができて自己表現が簡単にできるようになりました。
    僕も表現することに慣れることと頂いた反応にどう応えるかと考えるのは思考の訓練になります。
    自分の営業コストを下げつつ勉強もできる良い時代になりました。
    目立つことで夢を実現する可能性が高くなります。

    「ギブの5乗」
    情報は先出し後入れです。
    自分の持ってる情報は開示しないと有益な情報は集まって来ません。
    集めること自体を目的化するのは論外として開示すればするほど入ってくる感覚はネットも仕事も同じやと思います。
    著者も仰ってるように好きなことやから続けれるし開示し続けても負担にならないんやと思います。

    著者はネットの力が目立つ力に大きな力を与えてることを書かれています。
    あまり意識なく使ってるネットの力ですが自分プロデュースが簡単にできる良い時代なんやと思います。

  • 若干古い内容だけど、独立を検討するにあたって役立つことがわかりやすく書かれていてよかった。
    だいぶ寝かせてしまっているblogやSNSを見直してみようかな。

  • 勝間和代式blog論

    Plan 戦略を考える
    Do 表現する
    Cheak&Action 改善・継続する

    であなたも1人前のブロガーに

    百聞一見にしかず とりあえずblogやってみなはれという本です。

  • ブログやSNSは自分の立体名刺
    ひとつひとつのインターネットツールは数年後古くなっているかもしれないが、戦略論や実行論についての基本的なコンセプトは不変。

    ブログが自分メディアとして画期的な理由は、自分がどういう人間で何を目指しているということがわからないと人は助けることができない。

    つまり、ブログを書くことで『自分がどういう人間でどのようなコンテンツをスキルとして持っていて、どのように貢献したいか、さらにどういうことを目指していて、周りの人から助力を得たいか』ということを、ブログを通じて訴え可視化していくこと。

    戦略とは具体的に、自分の強みや特徴をうまく人に表してコミュニケーションを行い、人に役立つ技術。

    ブログは市場での自由競争に晒されているわけだから、市場の評価を適切に管理することで、自分の強みがわかる。

    魅力あるコンテンツは、書き込みしてるいる人自身の何気無い自己体験のことが多い。ブログ戦略が明確になればなるほど、自分の人生戦略も明確になってくる。

    見てもらって、どうしたいのか?
    相手からどのようなリアクションをもらいたいかということが大事で、そのためにはブログを訪れた読者の人たちに何をしてほしいのか、明確にする必要がある。
    ブログやSNSは自分の立体名刺
    ひとつひとつのインターネットツールは数年後古くなっているかもしれないが、戦略論や実行論についての基本的なコンセプトは不変。


    ブログは市場での自由競争に晒されているわけだから、市場の評価を適切に管理することで、自分の強みがわかる。

    魅力あるコンテンツは、書き込みしてるいる人自身の何気無い自己体験のことが多い。ブログ戦略が明確になればなるほど、自分の人生戦略も明確になってくる。

    戦略
    自分の売り込みコンセプト(考え方、思想)が何なのか最初はわからないので、手探り状態から始めるしかない。とりあえず、始めてみて読者の反応を窺う。

    ある程度コンセプトが固まったら、ブログを書く目的をまずは『思考の整理』と位置付けて始めればいい。

    集客力のあるコンテンツとは『とてもディテールに踏み込んだマニアックな情報か、最先端の情報』
    つまり、食べ物ブログや書評ブログは沢山あるので、視点が面白い、写真が綺麗、味について詳しい、地域が限定されているなど、何かしらの強みがないと難しい。

  • 読書レポート:目立つ力 (小学館101新書 49) 勝間和代 著 | デジたろうとピアノ http://digitaropiano.luna.ddns.vc/digitaropiano/?p=4533

  • 4年前の本であるが、十分参考になる。毎度思うが、勝間さんは先を見抜いている。現在、その通りに世の中が動いているから、凄い人だ。ブログ、ホームページを作っている私の欠点がわかった本である。

  • なるほど、こういう風に説明するのか…と大変ためになった。
    改めて、ブログやSNS、twitter、FBの立ち位置が確認出来た気がする。

    本の内容とは別に、勝間さんご自身のことが少し垣間見えて、意外にも共感できる事や共通点が多くあったことが面白かった。
    ちょっと見る目かわったやん。

  • 2009年10月発行。

    インターネットを活用して、自分自身の世界を広げよう。そのために目立つブログをつくり、自分を売り出していこう!

    と、単調な日常を送る一読者に、気合いを一発入れてくれる本。

全111件中 1 - 10件を表示

勝間和代の作品

目立つ力 (小学館101新書 49)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

目立つ力 (小学館101新書 49)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

目立つ力 (小学館101新書 49)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする