いま、こころを育むとは (小学館101新書)

  • 23人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 山折哲雄
  • 小学館 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250653

いま、こころを育むとは (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

  • 読みやすいが、何度かの講演をまとめて収録したものなので、繰り返しの部分がある。
    全体的に読みやすく、内容的にもそれなりに価値があるので、よんで損はない。

  • お国言葉はこころを伝える。源氏物語を京ことばで語るとき、賢治の詩を東北の言葉で語るとき、たち現れる「こころ」。

    そんなことから「語る」「聞く」「沈黙」を考察。
    日本人共通に流れる想いについての日本論であり、現在の「老病死」など死生観について言及、横並び平等主義に犯され、失ってしまった教育(師弟)感なども、読みやすいが深い。

全2件中 1 - 2件を表示

いま、こころを育むとは (小学館101新書)を本棚に登録しているひと

いま、こころを育むとは (小学館101新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いま、こころを育むとは (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いま、こころを育むとは (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

いま、こころを育むとは (小学館101新書)の作品紹介

物質的な繁栄を追い求める中で、私たち日本人は本当のこころの豊かさを失ってしまったのではないか。いまこそ、大人も子どもも巻き込んだ、全国民的なこころを育む教育運動を幅広く進める必要があるのではないか。「こころを育む総合フォーラム」座長である宗教学者・山折哲雄が、その幅広い知見から、こころを育む教育の大切さと生きる力の育成の核心を具体的にアピールする。

いま、こころを育むとは (小学館101新書)はこんな本です

ツイートする