東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)

  • 67人登録
  • 3.67評価
    • (6)
    • (9)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 喜国雅彦
  • 小学館 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250677

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
村上 春樹
デール カーネギ...
夏川 草介
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

  • 「愉しんで走るための指南書」
    どこまでも走れそうな気がしてきました。

  • 図書館でたまたま見つけて借りた本。
    笑える~最高に面白い!一気読み。

    フルマラソンを走る参考になるかはわからないけど…仲間とつるんで走る楽しさはあるよね~と、思った。

  • 動機なんていつだって不純。それでいいんだなって
    思わせてくれる本。

    私も、これからのマラソンデビューに向けて
    くだらない楽しみをたくさん見つけよう♪
    肩の力を抜いてなが~く続けたい。

  • 漫画家 喜国雅彦氏の著書。さすが漫画家だけあって、構成(プロット)がしっかりしていて、一気に読み切った。彼はこの後東京マラソンを走れたのか?来年はワタクシも走りたいです、東京マラソンを。

  • なぜか5kmのマラソン(それをマラソンというのか!?)を走ることになって、友人が貸してくれた本。


    著者の喜国氏は、子どもの頃からインドア志向で、とてもマラソンを走るようになるとは考えられなかったということだけど、40代後半でいきなり10kmくらい走れるってのはすごいと思う。基礎体力があったということか。フルマラソン出場は、もっとすごいけど。


    喜国氏がランニングに欠かせないとして挙げているのが、iPod&Nike+なんだけど、これ、ランニングにハマっている友人たちも口をそろえて絶賛しているのだ。これまでセットしそびれていたんだけど、とうとうセットしました、私も。iPodじゃなくてiPhoneでセッティングしたから、ちょっと重いんだけど。


    もちろん、iPod&Nike+は重要アイテムには違いないけど、この本を読むと、喜国氏も言っているように、「一緒に走る仲間」もかなりモチベーションに影響すると、改めて思った。あと、走った道路を白地図で塗りつぶしていくとか、「犬のフンを持って帰りましょう」看板をコレクションするとか、楽しく走るアイデアがいろいろあるのも良い。

  • キクニさんの文章が大好きだ。本棚探偵シリーズなんか何遍読んだかわからない。いつ読んでも本当に面白い。なんで自分がキクニさんの「小学生男子」的暴走に共感するのかよくわからないが、とにかく笑えるのである。

    ヘビメタ命で、金髪で、好きなことしかしたくないキクニさんが、なんとマラソンを!50歳にして宗旨替え?とちらっと思ったけれど、読んでみればやっぱりそんなはずはなく、小学生魂(?)全開。めったにないマラソン指南書になっていた。トホホな話満載でいやあ面白い面白い。

    実は文章だけでなく、キクニさんのマンガも好きなのだ。「傷だらけの天使」シリーズがお気に入りなのだが、どんなマンガか知ってる人はわかると思うけど、ちょっと大きな声では言いにくいのだ。別のある作品を以前からずっと読みたいと思っているのにどうしても買えない。あまりといえばあまりな表紙なんである。(←これは作者の確信犯的イヤガラセらしい。どっかで書いてた。「どうだ、恥ずかしいだろ」って。まったく!)アレを書店のレジにさしだす勇気は私にはない。ネット注文すればいいじゃんってなもんだけど、私はe-honを利用してて、おなじみの本屋さんに配達してもらってるのだ。○○書房のおじさんや配達のイケメンお兄さんにあの表紙を見られるくらいなら死んだ方がマシ。夫の名前でアマゾンで注文してやろうかと思ったりするが、いまだ果たせずにいる。

    マンガはさておき、本棚探偵の新作が近々出るそうだ。早く読みたい!

  • 「はじめに」にもあるとおり、真剣にマラソンをやっている人がそれ目的で読む本ではない。私は漫画作品を通しての喜国ファンなので、たっぷり楽しめた(これも「はじめに」でオススメの対象とされている)。
    因みに喜国さんのマラソンの練習範囲に精通していた方がその話題が理解できるので得かも知れない。東は新宿・池袋、西は青梅、南は中央線、北は川越だ。私はこれでちょっと得をした気がする。
    欲を言えば、もうちょっとボリュームが欲しかったなぁというところ。まぁ新書ならこんなものなのかな。

  • 2010.8.5 図書館。
    技術、身体的なところは全く無視したマラソン本。一緒に走る仲間がいるのが一番大事かね。ゆっくりでもフルがいいかなと思いました。

  • 「地球防衛軍」の喜国雅彦がひょんなことから始めたマラソン日記。彼のマラソン理論は漫画同様に脱力するような変化球。飽きないように音楽必須、こすれ防止にちくび絆創膏、ワキとマタにワセリンなどと妙にリアルなところに説得力を感じたりもする。キクニファンは買って損なし。

  • 一切のまじめな技術論はなし!

    どうやったら低いゆるゆるのモチベーションを
    あげて、維持していくのか?

    おもろひ

全11件中 1 - 11件を表示

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)の作品紹介

もしあなたが、ヘヴィメタル好きでメタボ気味の漫画家だとしても、フルマラソンは完走できる!ダイエットのためのジョギング、スポーツジムが続かなかった、あなたにこそ読んでいただきたい、「愉しくだらだら走る」ためのマラソンエッセイ。ご案内するのは、中学は文化系クラブ、高校は帰宅部、大学は漫研というギャグ漫画家・喜国雅彦。つらいことや退屈なことはど-してもできない男が、なぜ、ひと月に二百kmを走り続けられるのか、その理由を一挙公開!技術論や練習メニューの前に、大事なことがあるんです。

東京マラソンを走りたい ギャグ漫画家 50歳のフルマラソン (小学館101新書)はこんな本です

ツイートする