成年後見制度が支える老後の安心 超高齢社会のセーフティーネット (小学館101新書)

  • 34人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 宮内康二
  • 小学館 (2010年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250752

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古賀 茂明
三浦 しをん
池井戸 潤
ジャレド・ダイア...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

成年後見制度が支える老後の安心 超高齢社会のセーフティーネット (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

  • 本書は、「成年後見制度」導入以降10年間の運用実態も踏まえつつ、それがどのようなもので、どのようなときに必要になるのかについて、読者に「最初の意識と理解」を促そうとしている。具体的には、市民後見人による「保佐」活動、成年後見法人の立ち上げ等に関する当事者の記録、自治体の取り組み、立法担当者等へのインタビューを引用して読者に鮮烈なイメージを与えつつ、同制度を構成する「任意後見」と「法定後見」の仕組みを分かりやすく紹介している。成年後見人は、被後見人の意思を尊重し、かつ、その心身の状態・生活の状況に配慮しながら、生活、療養看護及び財産の管理に関する事務を行う(民法第858 条)。これを筆者は「人間の可能性を社会的に引き出す装置」と呼び、市民1人ひとりがこれに関心を持って積極的に関わっていくべきと主張している。
    ≫≫≫
    東京大学大学院 法学政治学研究科 博士課程
    独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
    村上 裕一

    以上、政策ビジョン研究センター書評サイトより抜粋。
    全文は http://pari.u-tokyo.ac.jp/column/review01.html をご覧ください。

  • 読みやすい。制度概要や現況の問題点が端的に表現されていた。著者独特の表現がわかり易いかわかりにくいか評価分かれると思う。私は新鮮でわかりやすかった。

  • 基礎的な内容が押さえられています。

全4件中 1 - 4件を表示

成年後見制度が支える老後の安心 超高齢社会のセーフティーネット (小学館101新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

成年後見制度が支える老後の安心 超高齢社会のセーフティーネット (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

成年後見制度が支える老後の安心 超高齢社会のセーフティーネット (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

成年後見制度が支える老後の安心 超高齢社会のセーフティーネット (小学館101新書)はこんな本です

ツイートする