ヒルクライマー宣言 自転車で山に登る人 (小学館101新書)

  • 104人登録
  • 3.03評価
    • (1)
    • (8)
    • (16)
    • (5)
    • (2)
  • 16レビュー
著者 : 高千穂遙
  • 小学館 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250813

ヒルクライマー宣言 自転車で山に登る人 (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

  • ヒルクライム入門書。
    坂登りたいな。

  • 来年にリタイアを控えた義父が自転車に興味をお持ちのようなので、何か勧められる本はあるかなぁと思って図書館で借りました。冒頭でしきりと「シリアスに乗る人には向かない本。気楽な人むけだよん」って感じのことが書いてあったので良いかなーと思ったのだけど、読んでみたらガチシリアスです。そもそも「ヒルクライムレースに出てみたい人に向けたアドバイス」ってところで既にガチ。いやいや義父には勧められません。ちょうど対象とされている層にとってはお役立ちの本なんじゃないかとは思うけど。

  • ゆるく真面目にヒルクライムを語る本。40過ぎでロードバイクに挑戦しようとする人(私のような人)は読むと面白い。特に自転車の選び方やパーツを換える話は役に立つ。

    アニメ雑誌などを読む中学生だった私が、あれから30年ほど経過して「クラッシャージョウ」(当時安彦良和のキャラクターデザインでかなり話題だった)の原作者とこんなカタチで再会するとは思わなかった。

  • 高千穂先生は一種の求道者で、だから真似できないと思っても憧れます。

  • ヘタレでもヒルクライマーになれる。
    ちょっと明日いくかw

  • あっという間に読み終わった!ヒルクライマー宣言する前に関白宣言せなあかんな…

  • 高千穂遥さんの自転車新書第三弾。
    ヒルクライムをやる人だけではなく、これからロードを始める人でも充分楽しめます。

  • The author introduced an interesting sport to me and I appreciate it. But I cannot be determined to start hill climbing. In short, I'm a chicken: I'm afraid this exercise will be tough beyond my imagination.

  • 自転車で痩せた人に続く坂バカ入門。
    やっぱりとてもマネできなさそうだ。

  • ロードバイクの中でもまた酔狂なヒルクライムにハマった筆者によるヒルクライム読本。自転車好きにはそんな坂バカたちを描いた小説「ヒルクライマー」も必読。

  • 思い入れがすごく伝わってきて、ロードバイクのパーツのこともよくわかります。
    が、お金と時間のある中年男性向けでしょうか。
    レースの参加方法は参考になります。

  • ヒルクライムと銘打っているが、大部分はロードバイク入門である。ヒルクライムに関するところも情報に乏しい。中高年のためのロードバイク入門とみれば優れものの本である。

  • 高千穂遙さんの自転車本も『自転車で痩せた人』『自転車三昧』『ヒルクライマー』『じてんしゃ日記』『じてんしゃ日記2008』に続いて6冊目か?
    自分が知らないものも出ているかも知れないけど。
    もうすっかり自転車の世界の人ですね。
    しかも、ヒルクライムがお好きときています。
    Mt.富士ヒルクライムに出てはいるものの、決してヒルクライムは得意ではない私にとっては、非常に敷居の高い本に思えます。
    でも、実は“初心者中高年”向けのヒルクライム入門書という位置づけらしいので、思ったほどハードではありませんでした。
    ハードだったのは、“ヒルクライムをするならバイクは25万以上”というところくらいかな?(苦笑)
    とりあえず、バイクの軽量化は経済的に難しいので、自分のお腹周りの軽量化に励みたいと思います。

  • ふむ 俺にはちとぬるい

全16件中 1 - 16件を表示

ヒルクライマー宣言 自転車で山に登る人 (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒルクライマー宣言 自転車で山に登る人 (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒルクライマー宣言 自転車で山に登る人 (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヒルクライマー宣言 自転車で山に登る人 (小学館101新書)はこんな本です

ツイートする