高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)

  • 1027人登録
  • 3.42評価
    • (40)
    • (126)
    • (161)
    • (33)
    • (9)
  • 155レビュー
著者 : 勝間和代
  • 小学館 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098251001

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

  •  まずどこからそんな自信が出てくるのだろう……と思いましたが、実績による裏付けでしょうね。
     自らはまずまちぎいなくアカデミックスマートかつストリートスマートである、と豪語しているかのような文章で、そこをすこし引いた目で眺めながら読ませていただいたわけですが、勉強になりました。
     私はアカデミックスマートでもなければストリートスマートでもないので、関係のない話かもしれないのですが、まず今までより自分にちょっと多めに投資する、いろんなことをしつこく細かく考える、勇気をもって行動してみる、あたりのことは、勝間さんや、彼女の本を読んで親近感を覚えられるような、いわゆるエリートたちの属する集団のなかで、仕事に関してのみ実践する、ようなものではなくて、日常生活でも使えるものでしょうから、少しずつ些細なことからやってみようかなと思いました。
     馬鹿の考え休むに似たりといいますので、それでいったい何がどうなるわけでもないかもしれませんが……というか、実践するだけ時間を無駄にしているだけかもしれないのですが……

     この本自体は、アカデミックスマートという条件をクリアした人向けに書かれていると思います。
     学歴を伴わない、ストリートスマート自体を称賛しているように見える個所もあるかもしれませんが、私の価値観では、たとえば時代背景も考え合わせると、高専卒も決して学歴がないとは思えないので、勝間さん基準の「学歴がない」というのは、世間的には学歴がそこそこあるように見られているような階層の人であるようにも思えます。教師だって、べつに低学歴ではないですよね。
     どうでしょう、私の価値基準が世間とズレているだけかもしれませんが……
     私自身には建設的な意味で参考になった、と思うところと、結局学歴がないとダメなんじゃないか、学歴がないというのは、ある一定程度の学歴がある人から見て学歴がないということを言っているわけで、やっぱり学歴がないと話にならないんじゃないか……という思いを強めたところと、両方あります。
     そもそもアカデミックスマートとストリートスマートは、そんなにスッパリと切り離して考えられる概念でもないように思いますから。

     田舎と都会でも学歴に関する考え方や、学歴に対する姿勢も違いますし、やっぱり学歴がものをいう場所では、結局のところ、田舎者の出る幕はあまりありませんね。進学校以外の水を知らない子供時代を送り、大人になっても同じような環境を生きてきた恵まれた人たちばかりに囲まれたなかで仕事をしている人間の、一見良識に見える冷たさにここ最近思うことがあったので、こういう書き口になりました。

     やっぱり都会に生まれて、潤沢に教育投資を受けた人間には、いろんな意味で勝てません。地方を盛り上げようという動きもこのごろたくさん見られますが、やっぱり私は、あまりに恵まれている都会を見ていると、田舎だって捨てたもんじゃない、と違う土俵で勝負をしようとする気にはなれない。同じ土俵で勝てないと納得がいかない。そして明らかに上位にいる都会の人間の、何もかも自分ひとりの力で築き上げたといわんばかりの傲慢さを目の当たりにすると、無意識に違う部類の人間を常識とか良識とかいってシャットアウトし、あまつさえ軽蔑しているところを見ると、この人たちはどうしてわからないんだ、という気分になるわけですが……
     上しか知らない人間特有の下に対する冷たさ、無理解に、ちょっと思うところがあります。

     脱線しましたが、勉強にはなります。実際私の人生に役に立つのかどうかはさておき、ああ、私のこういうところがだめだ、ああいうところがだめだ、と、だめなところをたくさん見つけることができました。これを少しずつ改善していけば、ほんのすこしはマシな自分になれるかもしれませんので、... 続きを読む

  • 高飛車なイメージを持つ著者(偏見ですみません)だが、書いてあることに納得する。脳が凡人じゃないこと、根っからのキャリアウーマンなことを思い知らされた。考えることが深く、トコトン突き止める人で無駄がない。それでいて、テレビに映る著者より人間味があると思った。読み返してエネルギーをもらいたい。何より思うことは、何年か前に書いた本であるのに、勝間さんの考えどおりに世間は動いていることに驚かされた。

  • ストリート・スマートについて知りたくて読書。

    さすが著者は色々な言葉を出してくるなと感心する。ストリート・スマートは、今回、初めて知った。

    タイトルに違和感を感じるという他の人の書評もあるが、同様の感想。

    賢く世の中を生き抜く。自分のやりたいことを達成する。環境を作れる人間になる。総じて自己実現と書くと安易な感じはするが、自分の中での小さな成功を積み重ね自己肯定力を高めたい。

    結果的に他人に喜ばれる。役に立ったことを実感することで自己肯定力はより高まる。

    いつも学び続けて成長をする。
    常識を疑い、常に考える。
    相手の気持ち、立場、状況を察する努力。
    現場主義。
    体を鍛える。

    参考文献が多いので今後の学びへのいいヒントになる。

    読書時間:約1時間5分

  • 勝間さんって今何してんだろ?
    ちょっと前、テレビに結構出てて、結構叩かれていたような。。。今は我が家にテレビが無いのでどうなっているのかわからない。

    で、勝間さん。僕はいい書き手だと思うけどなあ。
    すごい本の量産をしているけど、「いかにも手を抜きました」という本には出会ったことないんで。
    本書も若干流した感はあるけれど、こういった本に求められる「やる気の栄養ドリンク」としては十分に水準をクリアしている。

    ただタイトルが下品で失敗してるような気も。

  • アカデミックスマート(学力が高いというような意味)とストリートスマート(切れ者というような意味)というテーマを中心に描かれた1冊

    書いてあることは普通かな。
    むしろ例えが長ったらしくて教科書を読んでいるような感じで疲れるかも。

  • 当たり前のことが多く書いてあったけど、知識の再確認にはなったかも?自信がない人が読むと「切り捨てられる」本でした。ちなみに自分は切り捨てられました

  • 疑問を抱きながら、多方面の角度からモノを捉えよう みたいな内容だったと思う

  • 【No.69】「頭がいい人は自分の意見を持っており、人の意見に左右されない」「圧倒的なメリハリとスピードが人を魅了する」「正しいか間違っているかではなくて、間違っていたとしてもスピードを優先させ、間違っていたら改良すればいいと考える。フィードバックの速さで失敗はカバーできる」「お金はある程度は使って自分に還元するべき。美味しい食べ物だって食べないとわからない、いい機器やいい洋服だって、使ってみないとわからない。自分が体験したこと、知っていることの範囲を組み合わせてしか人間は新しい経験を理解することができないのだから、そのためには自己投資は必要」「人に好かれるのは、普段の行動習慣の結果。嘘をつかない、誠実に相手と話す、知ったかぶりをしない、相手を尊重する、そしてわずかでもいいから相手が知らないことや新しい考え方を説明することができる」「少ない労働時間で大きな付加価値を上げる習慣がある人は、若いことから大変な確率で運動オタクである。適度な運動をした方が創造的な考え方もできるし、体力も増強される」

  • 机上の勉強ではなく、実践だからこそ、結果も迫力が出るわけです。

  • アカデミック・スマートとストリート・スマートの比較をしながら、ストリート・スマートとはどんな人か、どうすればそうなれるか説明しています。
    情報を鵜呑みにせず疑ってかかる、自分で調べる、というのは大事なことだと思いました。特に易行、ゼロイチ議論は記憶に残るキーワードでした。
    著書の中で紹介されていた本は、どれも読んでみたいものばかり。数学や統計学などは苦手な分野ですが、その分野の本を読んでみたいと思いました。
    ソロスの錬金術はぜひ読もうと思います。
    本をたくさん読みなさい、たくさん人に会いなさい、行動にうつしなさい、運動しなさい、誠実でありなさい、など、普段の心がけで実行できるものばかりなので、読みやすいしやる気がわいてきました。

  • アカデミックスマート ストリートスマート

    頭がいいと高い収入が得やすい、コミュニケーションが楽になりやすい、モテやすい、人の信頼が得やすい、そのようなことは、みんな大きな声では言いませんが、実は気づいています。
    →美人や美男の方が、モテやすく収入が上がりやすい
    (はっきりと知ってはいるけどタブー)

    ・BMIが25を超えるような肥満傾向の人たちは、そうでない人たちに比べて統計的有意に借金が多い

    太っている人たちは行動経済学的観点からとらえると「時間割引率が高い」

    ある両親から、その遺伝子を持って生まれて、その両親が調えた環境で育つと、どうしても生まれがIQを決めてしまう要因が多くなってしまう

    テレビは複雑な内容も単純化して「中学生でも分かるように」キャプションを流したり、シナリオを組んだりして、頭を使わなくても楽しめるような設定にしている

    世の中に易業はほとんどない
    →とびつくのは「ムシがいい」
    努力はしたくないけど成果はほしい

    変わるのに時間がかかるものは、変わってしまえば元にもどりにくい⇄簡単に変わったものは、簡単に戻ってしまいます。

    収入が少なくて、あまり書籍そのほかにふんだん自己投資ができないという人は、ぜひ、図書館か、あるいみ立ち読みを長い間してもいい書店のそばに住みませんか?
    とにかく、浴びるように本を読むのです。
    これは、本がたくさんある家の子どもたちの学習能力が高い、ということをそのまま、私たちに応用すればいいわけです。

    スマートでない人の嘘のつき方はまさにクリエイティブ!これはやらない言い訳がクリエイティブと同じジャンル。努力はしたくないけど、重要な人間だと思われたい人たちの習性

  • 頭がいいと思うのは
    ・客観情報を豊富に持っている
    ・その情報からどのような結論や行動を導きだしているか?
    そういうことか。
    あとは皆が漠然と思っていることを数値で説明することも頭がいいと思われるってことか。

    書いてある内容は勝間塾で散々いわれていることなので特に目新しいことはなかったが、概念のボキャブラリーを増やすってことは意識していこう

  • 再読してみた。


    「信用の残高と銀行勘定の残高は比例する」に
    ドキッとした。そして、反省。

    嘘をついているつもりはないけど、
    結果的に嘘つきだから、
    信用されていないのだと。
    管理コストがかかると思われ、
    貧しいのだと。


    やるやる詐欺を返上せねば。

  • タイトルとは異なり、内容は「頭がよいとはどういうことか。どうすればそうなるのか」が書いてある。著者がこのテーマに関して、とことん考えて実行しているということが伝わってくるし、オリジナルな内容だと思う。キーワードはストリート・スマートということ。賛否両論にいつもさらされる著者だが、この本は私にとっては、非常に役に立つ中身であった。

  • キーワードはストリートスマート。
    知識があり人当たりもよく自分の意見を持っている、そりゃ成功者になるわ。
    嘘をつくことの非効率さから正直できることの大切さは頷けます。

  • 頭のいい人たちの「秘密」をまとめた本
    「日本は、新卒一括採用と終身雇用という仕組みで、実務界ではアカデミック・エリートがみなしエリートのように振る舞う傾向がありますが、それが日本の競争力停滞の大きな原因のひとつだと私は思っています。リスクを取らないアカデミック・エリートがリードする政府や企業が、実力を発揮するはずがありません。学歴に関係なく、みんなが実力を発揮できる社会になれば、ストリート・スマート力を持っていないアカデミック・スマートだけの人は淘汰されていくと思います」(本文より)。
    本書で勝間和代は、「本当に頭がいい人」を、ストリート・スマートと表現する。「ベルトコンベヤー」が壊れてしまった日本で、銘柄大学を卒業した「成績のよい」社員(アカデミック・スマート)が閉塞状況を打ち破れないのははぜか。逆に、ソフトバンク社長孫正義を代表とする“目標に向かって自分で道をみつけていける人たち"はどんなふうに考え、目標を実現しているのか。ストリート・スマート力は、訓練で身につくもの、と考える勝間が、ストリート・スマートな人たちの秘密を4つに分け、ひとつずつ丁寧に考えていく力作。

    内容(「BOOK」データベースより)
    この本は、「頭がいい」といわれている人たちの共通の秘密をまとめた本です。銘柄大学を卒業した「成績のよい」社員が、閉塞状況を打ち破れないのはなぜか。勝間和代が仕事や取材で出会った“すばらしく頭のよい、自分で道をみつけた人たち”の力を鮮やかな切り口で分析、分かりやすく書き下ろしました。「なりたい自分」になるためにはどうすればよいのか、自分を変えていけると鼓舞される注目作。
    ___________

    勝間和代節が読める一冊。
    公務員には不必要な内容かもしれない。アカデミック・スマートではなく、ストリート・スマートを目指せ!

    と言いつつも、著者本人が19歳で公認会計士試験に合格しているのだから、アカデミックスマート兼ストリートスマート最強説、ともとれなくはない。

    気付きはあるかな。

  • ストリート スマート 力。
    アウトプットは、確かに大切で、分かりやすく言葉で説明出来るようになりたいですね。

  • ブクログのレビューはそこそこ高く、アマゾンにおけるレビューは低かった。なぜだろう。

    頭がいい人ってなんだろう?

    知的好奇心をもってること。
    全ての情報を鵜呑みにせずに、本当かどうか自分の五感をもって確かめること。
    答えのでない問題を自分の意見や価値や軸をもって判断すること。
    他人に左右されないこと。
    たくさん本を読んで、引き出しを増やすこと。
    危機や逆境で知恵を発揮して、発見や価値をつくったり、危機を味方にして乗りきるひと。
    生きることはサバイバルだから、生きるのに逞しかったり強かったりすること。
    嘘をつかないこと
    ただしい生き方をしていること
    状況判断力がある
    行動力決断力がある
    短時間で最大の効果を発揮すること
    自分の頭で考えること
    すぐに調べる癖をつけること
    分析能力
    知識を実践すること

    結論。たくましく強く生きる力、賢さ、自分で判断する力、自分の頭で考えて、頭でっかちにならずに実践していく。どんなに知識があっても回りのひとに嫌われたら元も子もないから、魅力的で尊敬できる人であること。優しかったり強かったり。つまり人間力だった。頭いい人ってモテるひとでもある。人間力。社長の体験談はいい。
    勝間和代さんの、まわりにいる頭のいい人の経験や体験、聞いた話、勝間和代さん自身の体験や経験談。

    自分の身の回りにいる、あなたのちかくにいる、頭がいいなあと思うひとを思い浮かべながら、この本を読むといいかもしれません。
    あてはまるなー、あてはまらないなーとか。おもしろいかもしれませんよ。

  • 「ストリートスマート」という言葉が本に出てきます。そういう人になることが今の時代には合っている。

  • 今気になってる事がズバリ書いてあって、なかなか良かった。

  • 頭が悪い人はゼロイチ、例外処理ができない。
    生き残るために情報や知的生産物を制作していく。
    大事なことは自分が変わった方がいい、新しいエリアに進出した方がいいということを理解し、そこでじたばたして初めて概念操作能力も磨かれていく。

  • ストリート・スマートとアカデミック・スマート

  • 成功者=ストリートスマート。アカデミックスマートではなく。

    一番心に残ったのは「ストリートスマートは嘘をつかない」ということ。やると言ったことをやる。嘘をつく人は、やるといったことをやらないために「クリエーティブな嘘」をついてやらないことにする。ああ、なんと頭が痛い。

    また、「乱読のすすめ」は勝間本では毎回述べられている。これはすぐに実践できるもののひとつ。

    あとは疑問に思ったこと・興味を持ったことは「すぐ調べる」。そのためにかかった労力やコストは、調べたことによって得られる成果で十分回収されるという。なのでスマートフォンではないけれど、ケータイですぐに調べる癖をつけました。

  • 本質を見抜く力、
    概念化する力、
    例外処理をする力

    この3つをぜひ身に着けたいと思いました。
    勝間さんの本は読みやすくて、もっといろいろ読んでいきたいと改めて思いました。

  • タイトルが意味するのは、ストリート・スマートと呼ばれる「頭のよい」人たちのこと。

    このストリート・スマートと呼ばれる人達は、どのようなスキル・習慣を持ち、どうすればそのような能力が身につけられるかが簡潔にまとめられている。

    久々に勝間本を読んだが、相変わらずロジックが分かり易く、すっと腹に落ちる感覚が心地よい。

    「頭のよい人」「仕事のできる人」とは、一言でいえば「問題意識の強い人」ではないだろうか。

    ある問題に対して情報を集め、その情報を自分なりに解釈して何らかの仮説をたてる。

    その仮説を検証して、問題に対して何らかの解をだす。

    そのサイクルを素早く回すことによって、経験値をあげていく。

    結局、頭の良さとはどれだけ自分自身でモノを考えたかで決まるのではないか。

    「頭のよさ」とは何か?、自分に足りないことは何か?、何をすれば能力を高められるか、そのヒントが得られる一冊。

    --------------------------------------
    ・ストリート・スマートの要素を分解すると、大きく分けて左記の3つになるでしょう。
      1. 状況理解・判断能力がある。
      2. 人の気持ちの機微がよく分かる。
      3. 自立心が旺盛だが、独断的ではない。

    ・ランダムに覚えているのではなく、いろいろなものを一度抽象化、概念化して、骨組みだけを理解して、覚えるのではなく、自然に頭に入るようにするというものの見方を繰り返すのです。

    ・「オッカムのカミソリ」ということばがあります。これは、必要なもの以外は全部そぎ落として、本当に必要なものだけを判断の材料にするために、本当に必要な要素だけを残す、という考え方です。

    ・家にある本の数が多いと、子どもの学力が高いらしい、ということが分かったわけです。

    ・このような数字に対する直感的な概念、特に数値を比較してベクトルで物事を判断する癖を持っていると、ストリート・スマート的な頭の使い方ができるようになります。

    ・情報を得る機会はさまざまにありますが、そこで得られた情報を、いくつかの軸を持って、自分の情報に置き直し、鵜呑みにしないということです。そして、その切り分ける訓練のためには、私たち自信が日常的にさまざまな判断材料となる情報を蓄積していかなければならないのです。

    ・ストリート・スマートな人は、自分の経験からどんどん学習して、ますますストリート・スマートになっていく能力を持っています。もともと自分でものの成り立ちや価値を判断する習慣があること、そのような新しい考え方や経験を、今現在自分が行っている実体験に照らし合わせて、そこでまた新しい感覚を学ぶという繰り返しを、ある意味日々、無意識に行っているのです。

    ・全体の把握
     構造の把握
     客観値との比較
     他の情報との整合性

    ・概念操作というのは、平たくいいますと、具体的な事象を頭の中で抽象化して、しもその抽象化したもの同士を組み合わせて、新しいものを想像する力です。

    ・普段から、自分の頭でものを考えるように、問題意識を設定するように、概念化や構造化を行うように、そのような話をずっとずっと意識して、いわれ続けて、何度も何度も正しい方法にチャレンジしていけば、いずにしても少しずつ頭の働きが変わっていき、そして、気づいたら、ストリート・スマート的な動きを自然とできるようになっていた、それが到達点です。

    ・自分が知っていることや体験したことを、覚えたことを、何かの軸で分類して、それについてまた名前をつけながら、その下位にそこで「へえ」と思ったことをとじ込んでいくイメージです。

    ・自分で行動に移して体感しない限り、私たちは情報に対して正確な認知... 続きを読む

全155件中 1 - 25件を表示

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)の作品紹介

この本は、「頭がいい」といわれている人たちの共通の秘密をまとめた本です。銘柄大学を卒業した「成績のよい」社員が、閉塞状況を打ち破れないのはなぜか。勝間和代が仕事や取材で出会った"すばらしく頭のよい、自分で道をみつけた人たち"の力を鮮やかな切り口で分析、分かりやすく書き下ろしました。「なりたい自分」になるためにはどうすればよいのか、自分を変えていけると鼓舞される注目作。

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)はこんな本です

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)のKindle版

ツイートする