徳川将軍15代 (小学館101新書)

  • 54人登録
  • 3.21評価
    • (0)
    • (4)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 山本博文
  • 小学館 (2011年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098251209

徳川将軍15代 (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

徳川将軍15代 (小学館101新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

徳川将軍15代 (小学館101新書)の作品紹介

慶長八年(一六〇三)、徳川家康が征夷大将軍となってから、慶喜による大政奉還まで、一五代・二六四年にわたって続いた徳川幕府。しかし、長男が父親から将軍職を継承したケースは、わずか三例にすぎない。歴代の継承は、何度となく大きな危機に見舞われているのである。そしてその裏では、血脈と利害が幾重にも絡み合い、権力をめぐる抗争が繰り返されていた!江戸時代を徳川将軍家の「血」から読み解いていく新しい試み。「江戸を学ぶ」「江戸に学ぶ」江戸検新書、第二弾登場。

ツイートする