復興増税の罠 (小学館101新書)

  • 32人登録
  • 3.31評価
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
    • (3)
  • 6レビュー
著者 : 河村たかし
  • 小学館 (2011年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098251223

復興増税の罠 (小学館101新書)の感想・レビュー・書評

  • 読みやすい。国債=借金ではないの論理はより勉強する必要を感じた。このまま信じても何だか自分にはしっくり来ない。この手の話は高校辺りでしっかり学んでおきたかった内容。

  • 最近、無駄な増税が多いのではないかと思っていたところ、タイトルに惹かれて読んだが、正直期待外れだった。
    まず、新書という本のサイズの制約もあるのだろうが、書いていることの根拠や検証などに乏しすぎるように思えた。
    また、コストカットを行うことに関する具体案に関しては、区役所の業務を全て民間に委託する、同一区域内に役所を幾つか作るなど、現実性があまり感じられなかった。

  • 震災復興費を賄うため。国が抱える膨大な借金を減らすため。もっともらしい名目の下、今、着々と大増税の準備が進められている。これに対し河村氏は、増税で国民の活力を奪えば経済のパイは小さくなるだけ。結局はさらなる増税が必要となり、それは際限のないものになると訴える。借金を減らしたいのなら寧ろ減税。財政にキャップをはめることにより、必然的に行革は進み無駄がなくなると続ける。口先だけでなく名古屋で自ら実践し結果を出しており、信頼できるし言葉には説得力がある。まったくもって至極まっとうな提言である。河村氏の提言はまず議員自らが身を切ることから始まるというまことに厳しいもの。自らの保身と蓄財に腐心する議員には到底受け入れがたいものである。ただただ残念。

  • 名古屋発どえりゃあ革命!に引き続き、河村たかし氏の新たな著書を購入し読了しました。

    新聞の論説委員や、テレビのコメンテーターと違って、河村氏の主張は、わかりやすいもので容易に理解できます。
    たまにテレビに河村氏が登場してもほとんど発言の時間を与えられないので、新著を通じてその持論を堪能しました。

    惜しむらくは、このような増税に対する是非がテレビや新聞できちんと議論されるようになる必要がありますが、
    現在のマスメディアに期待しても望み薄なことです。

  • 「日本は国債発行で借金塗れだから、このままでは破綻する、もう増税しかない」という論調があらゆるメディアで登場しており、世論も仕方がないという方向に傾いていますが、本当にそうなのだろうか?ということを一人一人が考えてみるきっかけとして、一度は読んでみることをおススメします。

    減税が日本を救うという主張が極論過ぎるのではないかと思っていたのですが、それぐらい極端な政策をとらないと、行政改革など行えないという主張は名古屋市政の実績からもあながち間違いでもないように思える。

    結局、権力者というものは、如何に税金を集めるかということが関心事になり、身を削ることなど到底できないですよね。だから、市民の代表である議会がそれを抑制するということが役目だった。ところが、今や、その議会も増税に加担する側についてしまっている。本来、議員は市民の代表者のはずなのにおかしいですよね。
    ※中には市民の側に立った議員もいらっしゃるとは思いますが。

    ここ10年見ても分かる通り、結局、政府・官僚自体に改革を求めてもできるはずもなく、市政レベルでの活動から始めようということ。
    大阪もそうですが、今後の動向がとても気になりますね。

  • 復興増税の罠をわかりやすく暴いている本。
    多くの人に読んでもらって、増税ではなく、国債発行で復興をしていく正しさを理解して欲しい。

全6件中 1 - 6件を表示

復興増税の罠 (小学館101新書)はこんな本です

復興増税の罠 (小学館101新書)のKindle版

ツイートする