ヒンシュクの達人 (小学館新書)

  • 216人登録
  • 3.55評価
    • (9)
    • (28)
    • (28)
    • (5)
    • (1)
  • 26レビュー
  • 小学館 (2013年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098251926

ヒンシュクの達人 (小学館新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 印象深かった言葉が、悪口や暴言はバランス感覚で、塀の上のぎりぎりのところを歩くけど、落ちる方向をちゃんと考えておかなければならない、というものです。
    言わなきゃいいのに、という不用意な発言が多いのはこういったことができていないからかもしれない。

  • おちゃらけているけど、物心の核心を突いているから面白い。

  • たけしはやっぱり天才だ

  • 漫談

  • 週刊ポストの連載記事をまとめた一冊。居酒屋で楽しく飲みながら話して盛り上がっているような内容です。自分もそれなりに年を食ったからか、文章で読んでいるとその内容に特に過激さは感じ無いし、顰蹙を買う程のことでもないと思う。ただ、いわゆる「政治的な正しさ」を規準としたら建て前としては言ってはいけないようことも含まれていて、これをテレビとか書籍でギリギリのところで話すテクニックをビートたけしは持っているということでしょうか。

  • 3.5

  • たけしさんの本を読むのは久々ですけれども…最後のAVのネーミングを決める企画みたいなのには笑いましたね! たけし氏と自分は世代もかなり違っていて、正直テレビで見かけるたけしさんの発言などに笑った覚えというのはあんまし無いんですが…(!)不思議とたけしさんの本はそこそこに読んでいる気がする僕です…。

    主にブッ〇オフなどで入手して読んでいましたねぇ…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    近年のニュースをたけしさん独特の視点で切っていく本書は相変わらずこれまでのたけしさんの本を踏襲しているかのように面白い!と思いましたねぇ…あと、やっぱしたけしさんは頭が良いんでしょうなぁ…僕にはとてもできない芸当ですね!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、そんなわけでたけし氏好きの人等は楽しめるんじゃないかと思いました…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • おちゃらけつつも独自の視点でいろんな物事・社会にきりこんでくるのがいい。
    え、それってどうなん?ってのもたくさんありますが、ビートたけしイズムを感じる。
    取り上げている内容はアレだけど、この人すごく頭いい。

    最後のAVネーミング大賞は一見の価値あり!

  • ビートたけしの週刊誌連載を抜粋した一冊。

    彼の鋭い舌鋒が今の日本の世相を切っていて面白い。
    何よりさらっと読める一冊。

  • いろんな物事を考える視点

全26件中 1 - 10件を表示

ビートたけしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒンシュクの達人 (小学館新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヒンシュクの達人 (小学館新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒンシュクの達人 (小学館新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒンシュクの達人 (小学館新書)の作品紹介

悪口・暴言も、言い方一つで武器になる。

政治家やタレント、ネットでつぶやく一般人に至るまで、世間は不用意な失言で顰蹙を買うヤツばかり。その点、この男はひと味違う。ヒヤヒヤものの毒舌をマシンガンのように繰り出しつつも、その言葉は常に人々を頷かせる説得力を持っている。悪口・暴言も言い方ひとつで武器になる――。天才・ビートたけしが、自らの死生観や芸人論を交えながら、「顰蹙の買い方」の極意を語る。
●政治家は「顰蹙の買い方」を知らない ●「売れなくなったらエロ」の橋下市長は「落ち目のアイドル」と同じ ●新聞はニッポンの恥を世界にバラ撒いて喜んでる ●「被災地に笑いを」なんて戯れ言だ ●あえていう、「人間愛」を疑え●オイラの終活論●大島渚監督との『戦メリ』爆笑裏話●立川談志さんとの全裸写真秘話●「恥」と「粋」の芸人論●芸の成熟はブームの終わり●馬鹿なガキには「いじめ」じゃなく「犯罪」と言え●高校球児は「方言以外使用禁止」にしろ ●30歳を過ぎた息子に親の責任はあるのか●「ネットで自己アピール」なんてウソに騙されるな

ヒンシュクの達人 (小学館新書)はこんな本です

ヒンシュクの達人 (小学館新書)のKindle版

ツイートする