国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)

  • 817人登録
  • 3.88評価
    • (67)
    • (71)
    • (60)
    • (10)
    • (4)
  • 98レビュー
  • 小学館 (2015年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252152

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画家・ヤマザキマリさんの生き様とともに、彼女の人生に影響を与えた本が紹介されています。
    『テルマエ・ロマエ』や『望遠ニッポン見聞録』(幻冬舎)を読んだ際に、きっととても頭のよい人なのだろう…と思っていたのですが、本書を読んでさらにその思いが強くなりました。

    著者自身すごくパワフルな方ですが、お母様もものすごい方なのですね!
    幼少時代から今まで、著者が積み重ねてきた経験の厚みにただただ圧倒されていました。
    人生の経験値が高い人とは、こういう人のことを言うのか…かっこいいなぁ…。

    メモしておこう、と思った箇所にふせんを貼っておいたら、いつのまにか本がふせんだらけになっていました。
    くよくよしそうな時に読み返したい、ビタミン剤のような1冊です。

  • 漫画『テルマエ・ロマエ』の著者であるヤマザキマリさん自身の半生と、その傍らで彼女を支えた本を紹介した自伝的エッセイ。

    14歳で欧州一人旅、17歳でイタリア留学、そして絵描きで生計を立てる苦労を経験し…と波乱万丈な半生を歯に衣着せない語り口で綴っている。幼少期から広い世界を舞台に太く濃い経験を積み、自分の軸を培ってきたヤマザキさん。人生に正解はないからこそ自分の選んだ道を全力で行こうとする姿勢に、読んでいる先からやる気が突き動かされる。
    背中で語れる大人、とはこのような人を指すのではないかと思う。

  • インプットとアウトプットを繰り返してきた人の、強さゆえの優しさが滲みでるエッセイ。ヤマザキマリさんのあの低い声が聞こえてくる。

  • 自分の中にある地図が地球サイズなら国境なんてあるわけがない。
    自然が好きで、人間の創り出した芸術を愛し、旅を続けてきたヤマザキマリという人物はたくましい。
    彼女を作り上げた本や映画は自分でも体験したい。
    引きこもり体質の現代人に読んでほしい。
    引きこもるぐらいなら放浪の旅に出るスタンスの自分を認めてくれたような一冊。
    全てがつながっていく人生というのは誰にでも起こりうることなのだと思う。
    それに気付けるかどうかで人生の見方が変わってくるのだと思う。
    自分の頭で考えて、自分の為すべきことを自分のしたいようにしてこその人生。
    地球人として生きていきたい。

  • ヤマザキマリさんを形作った本や旅を軸にした人生論。

    失敗も時間が経てば経験になる。

    私たちは傷つくことを恐れすぎているのかもしれない。

  • 興味深い人生遍歴を持つ人だとは聞いていたけれど、多感な時期を過ごしたイタリアでの濃厚なサロン活動には驚嘆しました。世界の文学にも造詣が深く、圧倒的なフットワークの軽さも彼女の人生を色鮮やかなものとしている。羨ましいほど魅力的です。

  • KLの紀伊国屋にて発見。タイトルにひかれて思わず一気に読んでしまった。
    読み進めると、これは「テルマエロマエ」の著者であることに気づく。
    本の虫であるだろうと感じさせる巧みな表現と綴りでマリさんの半生にタイムスリップする。

    I found this book in Kinokuniya book store in KL. The title seized my attenntion and I couldn't help but stop reading it standing there.
    While reading it, I realized the author is Mari Yamazaki who wrote Terumae Romae, which is famous comic in Japan.

    From her expression and writing, I could find that she is a book-worm. I could slip into half her life easily.

    「テルマエロマエ」を読んだとき、うーんこれはニュータイプだと思ったのを覚えてるんだけど、このマリさんの苦悩の連続を知ると、マリさんだからこそ作れた世界なのだと頷ける。

    アウトプットは、その人の人生そのものである。

    価値あるものを産み出せる人は、並々ならぬ苦労と挫折を体験していて、そこから簡単に這い上がれることはなく、そのもがきの中で自分なりのアウトプットに繋がる決定的な何かに出会っているのだと思った。

    この本の中でいくつか興味を持った作品があったので、読んでみたい。

  • この人の生き様は、いつかきっと偉人伝になる。と思わされる規格外ぶり。そしてワールドワイド感。波乱万丈さ。
    憧れるなーーー!!!

    マリさん母のエピソードには、子育てに生かしたい点が満載。(といっても、マリさんとうちの子どもじゃ、時代が違うんだけども。そして私には、マリさん母ほどの才能や豪快さはまったくないけども。

    親の影響って大事よねと再確認。マリさんの、お母さんに対する愛と信頼感の深さ!
    クレアウェブの母マンガ、読み返すか。

  • 一言で感想を言うと、枠を作るのは自分ということを教えてくれる本。そしてほんとに作者と対話しているような気になってしまった本。というのも、マリさんの人生経験が目に情景が浮かぶような、そしてその場で感じたことやマリさんの土台になっているような経験がリアルに描かれているから。

    そして、今の自分を見つめ直すきっかけを与えてくれたほん。ほんとに今のままでいいの?っていう問いではなくて、こんなに世界は、人生は楽しいよ!って、押し付けがましくない。一緒に楽しもうよって、誘い出してくれる感じがほんとうに心地よい。

    迷ったらまた開けてみようかな。

  • 副題にあるとおり、波瀾万丈な人生体験と幅広い読書遍歴を描いているのが、『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリさんだと知って、納得。
    その人生を追体験することはできませんが、詳記されている本ならこれからでも読めますので、まずは『テルマエ・ロマエ』を読もうと思います。

全98件中 1 - 10件を表示

ヤマザキ・マリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ニコラス・エプリ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)の作品紹介

ヤマザキマリの名言満載、体験的人生論!

14歳で1か月間、欧州を一人旅。17歳でイタリアに留学し、どん底のビンボー生活も経験。様々な艱難辛苦を経験しながらも、明るく強く生きてこられたのは、本と旅、人との出会いのおかげでした!
この新書に登場する本は、三島由紀夫に安部公房、『百年の孤独』のマルケスに、『蜘蛛女のキス』のブイグ、漫画界からは手塚治虫に藤子・F・不二雄、つげ義春に高野文子など。
旅は、欧州一人旅に始まって、キューバ、ブラジル、ヴェトナム、沖縄、地獄谷のサルの温泉などが登場。
膨大な読書経験と、旅の記憶、強烈な半生に支えられたヤマザキマリの人生論は強くて熱い! 本書に登場する、ヤマザキマリの名言をさわりだけ紹介します(一部、要約しています)。

「ガンガン傷ついて、落ち込んで、転んでは立ち上がっていると、かさぶたは厚くなる。その分、たくましくなる」
「他人の目に映る自分は、自分ではない」


面白くて、勇気が湧き出る体験的人生論です!


【編集担当からのおすすめ情報】
発売前の本書の原稿を読んだ人から、すごい反響が寄せられています。曰く、「『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさんって、こんなに教養人だったの?」
「ヤマザキマリさんの半生自体が、漫画みたい!」などなど。「漫画になりそうな劇的な半生」と、「驚くほどの教養人」「心を揺さぶるような言葉の持ち主」といったイメージは、どれも私の想像をはるかに超えていました。ぜひ、本書でご確認ください。

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)はこんな本です

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)のKindle版

ツイートする