国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)

  • 776人登録
  • 3.87評価
    • (59)
    • (67)
    • (56)
    • (10)
    • (3)
  • 89レビュー
  • 小学館 (2015年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252152

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
三浦 しをん
西 加奈子
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)の感想・レビュー・書評

  • 14歳で欧州一人旅はすごすぎる。すごすぎる体験をするとその後の生き方も変わってくるのだろう。とにかくすごい!

  • 自分の中にある地図が地球サイズなら国境なんてあるわけがない。
    自然が好きで、人間の創り出した芸術を愛し、旅を続けてきたヤマザキマリという人物はたくましい。
    彼女を作り上げた本や映画は自分でも体験したい。
    引きこもり体質の現代人に読んでほしい。
    引きこもるぐらいなら放浪の旅に出るスタンスの自分を認めてくれたような一冊。
    全てがつながっていく人生というのは誰にでも起こりうることなのだと思う。
    それに気付けるかどうかで人生の見方が変わってくるのだと思う。
    自分の頭で考えて、自分の為すべきことを自分のしたいようにしてこその人生。
    地球人として生きていきたい。

  • 2017年4月9日に紹介されました!

  • すばらしい熱量。いいエンジンもってるひとです。元気になります。

  • わかりやすい文章で、とても読みやすかったです。

  • 『テルマエロマエ』で一躍有名になった漫画家ヤマザキマリの生き方に関するエッセイ。デッサン力を漫画に活かす今までにない漫画家という印象しかなかったのですが、ローマ関係のトピックにコメントを寄せたり、と漫画以外にもよく出てくるので、いろいろ見ていたら経歴が面白い。さらに、新聞記事で生き方についてのコメントを読んだことがあったので、そのライフスタイルに興味を持っていたら、この本が出ました。

    やはり、ぶっ飛んでました。彼女にしたら多分当たり前のことでしょうけど、国内でぬくぬく育ってきた普通の人からすれば異質かと。憧れる人もいれば、私には無理、という人もいると思います。

    ヴィオラ演奏者の母の影響もあって、幼少から世界中を移動しつつ、時に幼くしてすでに留守番を任され、家は北海道の大自然の中で育った彼女には国同士の国境、人間界と自然界の境目という概念がない。

    半ば強引に14歳でヨーロッパを一人旅することになったあたりで、人生の転機が訪れ、その後の人生に影響を与える出会いがあり、一気に人生に広がりが出てくるところは、自分にも同じような経験があるので同調しながら読みました。

    枠にとらわれない生き方は自分もやってみたいと思うところ。他人の目は気にしない、昔はそういうことを平気で言うことができたのですが、社会人になってつまらない人間になってしまったような(笑)もう一度この気持ちを呼び起こすキッカケになれば。

  • 言っていることは正論で非常に納得できる。著者の著作も大好きだし、知的な人だと尊敬できる。

    しかしご本人が母や周囲の影響(読書含)でこうなったと何度も書いているように、殻を破りたくても破れない人たち、ネガティブな考えや自分に自信が持てない人たちにもそれなりの過去や影響があったはず。

    なので「出ていこうよ!簡単だよ!楽しいよ!」と言いまくるのではなく、それらを汲んだ上での温かな視線が欲しいかな~と思いました。しかし本は読んだ方が良い。そこは納得できる。

    まあそういう自己啓発本ではないんですけど、抱腹絶倒な面白経験本を期待しておったので説教じみたテキストが入ると少し違うと思うのじゃ。

  • ★SIST読書マラソン2016推薦図書★
    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=11500470

    本を読んで読書マラソンに参加しよう!
    開催期間10/27~12/7 (記録カードの提出締切12/14)

  • 相当に勉強して、学者にでもなれるような知識量の人だと唸ってきたのを裏付ける艱難辛苦が書かれてる。

    このような人は自然と世の中の表面に出てくるものだ。書評としてみればためになり、ヤマザキさんの読書量は羨望の的だな。

    ただヤマザキさんの濃いぃ人生のエピソードでスカッとしたくて読んでみたけど、書かれてる薀蓄やら読者へのアドバイス的な意見をすんなりと全部は鵜呑みにできないな~とも思う。自分の毎日は自分で考えるべし。

    おそらくインタビューを文字にしたものと見えて文章がところどころすっきりしてない。文章はちょっとレベルが低いといつも思わされる。

  • 変わった経歴の人、というのは知っていたけど、まぁ本当にアグレッシブで腹の据わった人だなぁと。ひっそり静かに生活せんとする自分とはあまりに違うので、読むだけで毒気が抜かれるというか。

    何かに感動して、情熱を手に入れる、それさえあればどんな逆境の中へも飛び込んでいける、という。そういうものが何かあるか?と聞かれると、うーん今の自分には何もない。探し当てれば人生変わるのだろうとは思う。

    うん十年サボって錆びてるのでたぶんそんなに簡単にはいかないだろうと思うのだけど、今からでも何か探すべきか。”付き添い”としての旅行は行くことあるけど”旅に出る”ってやってなかったんだけど、国内でもいいからどこか挑戦してみるべきだろうか。

  • 今までのエッセイに大体書いてあったことをちょっと細かく書いたという内容なので、今までのエッセイを読んだ人は読まなくても良いかも。読んでない人にはオススメ。

  • 表・裏表紙:”地球サイズで見れば悩みなんてハナクソ。” ”14歳のヨーロッパ一人旅に始まって艱難辛苦の経験、星の数ほどもあり。でも世界は美しく、生きるのは喜びだ!人気漫画家が語る、体験的な人生論!”

    目次:はじめに、第一章 野性の子、第二章 ヴィオラ奏者の娘、第三章 欧州ひとり旅、第四章 留学、第五章 出会い、第六章 SF愛、第七章 出産、第八章 帰国後、第九章 シリアにて、第十章 1960年代、第十一章 つながり、第十二章 現住所・地球

  • ダイナミック。
    どのエピソードにもびっくりさせられた。
    中高時代に三つ編みでドレッドヘアー作って怒られてスキンヘッドにしたはなしはさらっとかいてあったけど、結構びっくりした。
    うちのこにも本をすきになってもらいたいなと思った。ヤマザキさんみたく、ものごとを深く考えたり、感じたりする力を教えてくれるんじゃないかな。それはきっと人生を楽しむ力になるはず。

  • 強い人
    旅がすき
    自然と生きる
    どこにいても大丈夫
    素直で、強く、何だっていつだってできる

  • 「自分の感受性くらい、自分で守れ。ばかものよ」
    という、茨木のり子さんの言葉をすごく大事にしていて。
    なのに、都会の喧騒にもまれ(と言い訳をしながら)感受性を閉ざしている自分に、はたと気づくことがあります。

    『テルマエロマエ』の作者であるヤマザキマリさんは、まさに自分の感受性を全開にして、人生と対峙しているひと。常識とか、国境とか、他人の視線とか、あるいは”自分らしさ”とか、そんな「あとからくっつけたいろんなもの」はとっぱらうべきだ、ただ純粋に”生きること”に夢中になるべきだ、と言っています。

    「あとからくっつけたいろんなもの」は、やわらかい感受性のまわりの”殻”のようなもの。殻があるから、日常のさまざまな刺激から心をまもれる。でも、殻に閉じ込めすぎると、感受性が死にかけてしまって、例えばいつもの通勤路にアジサイが咲いているのに気付けない。それってすごくもったいないことだなぁ。

    自分の感受性を守るためにこそ、常識やら世間体やら偏見やらは「えいや」と放っておきたい。

  • 14歳で欧州一人旅…
    やることなすこと到底真似できない。
    比べたところで意味はないけれど、私の人生はなんて平坦なのだと実感する。
    スケールの大きいエピソードの数々を読んだ後、自分も何かやろうじゃないかと、背中を押してくれるような一冊。

  • 借りたもの。
    ヤマザキマリ氏の半生を綴った自伝。
    タイトル通り、それを影響を受けた「本」と「旅」(ときどき映画)から語られている。
    それを通して、教養、知識を経験に落としこむ事の重要性をこの本は説いている。

    一箇所に留まらない、ためらわない勇気に羨望する。
    お母様も(心配から)頭ごなしに否定するのでもなく、困窮した生活をしていても責め立ててもいないような印象を受けた。
    留学されたイタリアについて書かれた章では、「本」の話題はイタリア文学の話になるかと思っていたが、ラテンアメリカ文学と安部公房が主軸だった。
    時代がそうさせたのかも知れないが。

    ご自身も自覚されていらっしゃるようだが、7、8年で転機が訪れ、ピンチに落ちった時に思わぬ所から助力を得られるという。
    それはまるで天啓というか、引き寄せ術にも通じるような……
    私も映画『汚れなき悪戯』を見たことがある。『マルセリーノの歌』はそのリズムから凄く覚えやすくて、今でも覚えている。
    妙な所に共感してしまった。

    北海道の自然との触れ合いから始まり、他国で暮らした経験から培われた、地球という俯瞰で捉えたマクロな視点・発想。
    音楽や絵画などの人工的なものを作る職人気質な極み、ある意味ミクロな集中力。
    それらが『テルマエ・ロマエ』をはじめとする創作の原点になっていらっしゃるようだ。

  • パワフルすぎるし、変わっているし、枠がないし、移動距離はんぱないなし、お母さんの教育方針すてきだし、読書量すごいし。
    とにかく、面白くて、刺激的な一冊だった。

  • 何かこう常にベクトルが外へ外へと向いて行動する人なんだな、と思った
    親の影響もあるのかも
    こういう生き方に憧れるけど、つい色んな制約が頭をかすめてしまうな

  • もっと、ただの生き物みたいに、生きることそのものに夢中になったらいい。あとからくっつけたいろんなものを、とっぱらって、囲いの外に出てみる。

  • 国境だけでなく、あらゆるボーダーを越えようとし、越えてきたヤマザキさんの、その人生に影響を与えてきた名作に触れる本。世界中を旅し失敗したりどん底に落ちながら得たヤマザキさんだからこそ語り得る、物事の本質を見極める力・教養の大切さ、そして生きている喜びがとても伝わってきました。

  • うーん…もっと破天荒なものを期待したけれど、文体が硬いのと年号とか関心持て無いものの記述が長くて読むのを諦めた。

全89件中 1 - 25件を表示

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)の作品紹介

ヤマザキマリの名言満載、体験的人生論!

14歳で1か月間、欧州を一人旅。17歳でイタリアに留学し、どん底のビンボー生活も経験。様々な艱難辛苦を経験しながらも、明るく強く生きてこられたのは、本と旅、人との出会いのおかげでした!
この新書に登場する本は、三島由紀夫に安部公房、『百年の孤独』のマルケスに、『蜘蛛女のキス』のブイグ、漫画界からは手塚治虫に藤子・F・不二雄、つげ義春に高野文子など。
旅は、欧州一人旅に始まって、キューバ、ブラジル、ヴェトナム、沖縄、地獄谷のサルの温泉などが登場。
膨大な読書経験と、旅の記憶、強烈な半生に支えられたヤマザキマリの人生論は強くて熱い! 本書に登場する、ヤマザキマリの名言をさわりだけ紹介します(一部、要約しています)。

「ガンガン傷ついて、落ち込んで、転んでは立ち上がっていると、かさぶたは厚くなる。その分、たくましくなる」
「他人の目に映る自分は、自分ではない」


面白くて、勇気が湧き出る体験的人生論です!


【編集担当からのおすすめ情報】
発売前の本書の原稿を読んだ人から、すごい反響が寄せられています。曰く、「『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさんって、こんなに教養人だったの?」
「ヤマザキマリさんの半生自体が、漫画みたい!」などなど。「漫画になりそうな劇的な半生」と、「驚くほどの教養人」「心を揺さぶるような言葉の持ち主」といったイメージは、どれも私の想像をはるかに超えていました。ぜひ、本書でご確認ください。

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)はこんな本です

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)のKindle版

ツイートする