たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)

  • 42人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 吉川圭三
  • 小学館 (2017年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252978

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 699.6

  • この手の本はサクッと読めるし、けっこうテレビ好きなので


    よく読みますが、今回もかなりへぇ~な内容。

    実際にテレビ番組を制作している人で、このタイトルにも出てくるような

    大物芸人の人たちと仕事をされ、間近で彼らを見ている人たちの話なので

    とってもリアルでおもしろかったです。

    テレビの業界で長く生き残り、長寿番組に携わっていくことが

    いかにすごいことかということを知りました。

    こういう本を読むとバラエティを見る視点も違ってきますね。

  • 視野を広げたくてあまり読まないジャンルの本を読んでみました。純粋にほとんど知らない世界の話なのですごく面白くてささっと読めました。オススメです。
    テレビ、見たくなります。

    そういや昔、地元はフジテレビの見れない地域だから悔しくて上京したいと思っていたのを思い出しました。だけどいざ上京してからは全く面白いと思えず、SNSやYoutubeばっか見ていたな〜と納得。確かに今、チャンネルを止めることが多いのは日テレ。並々ならぬ哲学とセンスと根性であのクオリティは生み出されているんだと理解。

    私もそんな風に何かを生み出せたらなあ

  • 20170424

  • バラエティって、実はすごく緻密な計算の上に

    つくられているのだな。

全6件中 1 - 6件を表示

吉川圭三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
ビートたけし
村田 沙耶香
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
塩田 武士
北野 武
又吉 直樹
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)を本棚に登録しているひと

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)の作品紹介

なぜ彼らの番組は長続きするのか

『世界まる見え!テレビ特捜部』『恋のから騒ぎ』などを立ち上げ、ビートたけし、明石家さんま、所ジョージの3人から絶大な信頼を受ける日本テレビプロデューサー・吉川圭三氏。彼が間近で目撃したテレビの3大天才の壮絶な仕事現場、プロ根性をあますことなく語る。
●極秘プロジェクト「フジテレビから明石家さんまを奪え!」
●通い詰めて1年、初めてさんまが与えてくれた「チャンス」
●高額セットを「いらん」といったさんまのプロ根性
●日本テレビの礎を作った『元気が出るテレビ』の破天荒
●テリー伊藤とビートたけしが共鳴した『元気』の壮絶現場
●苦しむテレビ屋の逆襲『世界まる見え』
●空気を作る天才・所ジョージは「カンペ」を読まない
●怒り狂う横山やすしすら操縦した所ジョージの現場力
●地下鉄サリン事件、その時ビートたけしは…
●『恋から』長寿の秘密は「卒業」にあり
●テレビは本当に「終わコン」なのか ~ドワンゴに出向してわかったこと~
など

【編集担当からのおすすめ情報】
ビートたけし、明石家さんま、所ジョージはなぜいつまでもテレビの頂点に君臨できるのか。テレビには決して映らないその秘密を、誰より間近で見てきたテレビマンが語り尽くします。3人をどう活かせば高視聴率番組が作れるか--それをずっと考え続けてきた吉川圭三氏は、現在の日本テレビ隆盛の最高の語り部でもあります。情熱のある仕事はきっと報われる--これは胸が熱くなるテレビ黄金時代の記録です。

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)はこんな本です

たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場 (小学館新書)のKindle版

ツイートする