斎藤孝の音読破〈4〉五重塔 (齋藤孝の音読破 4)

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 幸田露伴
制作 : 斎藤 孝 
  • 小学館 (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098375844

斎藤孝の音読破〈4〉五重塔 (齋藤孝の音読破 4)の感想・レビュー・書評

  • 音読するには、結構難しい。
    が、やりがいがある。
    内容は、全く違う性質を持つ職人たちのぶつかり合い。
    それぞれの職人気質が興味深い。
    その女房の様もいい。
    人情と粋を感じる。

  • きっかけは青木玉(祖父に幸田露伴を持ち、露伴の娘幸田文の長女)のエッセイ「上り坂下り坂」 の中に、祖父の作「五重塔」のことが記されていて、24−5歳の若くしなやかな筆づかい、着想は谷中天王寺の五重塔(昭和32年に焼失)とあり、「五重塔」の面白さがあった。
    昔読んだことがあったと思ったが、ひさしぶりに手にして見、最初の方の文章を読みながら、少し手こずった。すんなりと文章が胸に入ってこない。表面づらだけがすべるようで上っ面だけの感。ちょっとまてよこんな筈ではなかったと思いつつ、其五の大工の十兵衛が感応寺を訪れるあたりからにわかにすっと文章が入ってきだす。その後はなんとも言えずトントンと小気味の良い文調、声を出して読むのが適するところとなる。また、人物像が巧みでその描写も素晴らしい。

全2件中 1 - 2件を表示

斎藤孝の音読破〈4〉五重塔 (齋藤孝の音読破 4)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

斎藤孝の音読破〈4〉五重塔 (齋藤孝の音読破 4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

斎藤孝の音読破〈4〉五重塔 (齋藤孝の音読破 4)はこんな本です

ツイートする