できる子はノートがちがう!―親子ではじめるマインドマップ

  • 151人登録
  • 3.88評価
    • (11)
    • (11)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 18レビュー
制作 : トニー・ブザン  トニー・ブザン 
  • 小学館 (2008年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098401116

できる子はノートがちがう!―親子ではじめるマインドマップの感想・レビュー・書評

  • 「マインドマップって何かなー」と思って購入しました。理論や理屈はサラリと文章を読んで、すぐに実践に入れる感じでとても良かったです。
    他の本を検討したこともないので比較ができないのですが、すぐに活用できるように考えられた本で、一冊目にこの本を購入したというのは正解だったな思います!
    学生のときに(って、ものすごーい昔ですけど^^;)これを知っていたらもっと賢くなれたかも!!(笑)

  • 手帳にマインドマップを描くことができれば……と思って手に取ったけれど、

    そも、わたしの価値観が
    「きれい」とか「美しい」とか「カワイイ」とか
    であって、マインドマップのこのフリーダムな枝葉の伸ばし方・着色方法(とにかくカラフルに)は、自分の価値観に合わない。

    それこそフリーダムなのだから、自分が見て良いようにアレンジを加えればいいというヒントにはなったかな。

  • 色んな教科や宿題に対して、マインドマップを使ったアプローチが試みられている。
    すぐにはできるようにはならんやろうけど、使いこなせれば楽しそうかな。単なる落書きで終わらんようにせなね。

  • マインドマップの本は数多出ていますが
    まず描けるようになりたい!という方には
    イチオシ!

    この本の良いところを一言で言えば。
    『かゆいところに手が届く』

    子供向きの本ですが
    ちっちっち。

    内容では手を抜いてるわけではありません。
    マップを描くときの注意点は
    キチン!と押さえてあります。



    この本の素晴らしいところは
    実際に段階を踏んで自分で描きこんでいくことで
    学べる形式になってる点です。

    これがありそうでなかった~!

    マインドマップを描いてみたいー。
    でもなんだか難しそう
    習いに行くのはちょっとお高いし
    (´д`;)なんて方も

    この本のワーク通りに描いていくだけで
    必ず!マインドマップ使いになれます(・∀・)

    そして!
    どうして何だかしらないけど
    これだけ親切丁寧なのにお値段1000円。安いw

    mamimiさんはこの本を
    実際に描きたい!て方に。
    超おすすめしています。
    (*´ω`*)

  • 説明が具体的でとても分かりやすく、すぐにでも描き始めてみようという気になる本。私が描き始めたら、小4の娘がどんな反応をするか楽しみに早速描いてみます。

  • 丁寧な説明で、わかりやすかった。
    子どもと一緒に実行できるといいんだけど・・・。
    どのくらい活用するかは、自分の問題かな?

  • 思考の整理・体系づけ、記憶・心理の整理、集中力の鍛錬のための、今流行りのマインドマップ。仕事、自習、教育、スポーツなどにもってこいだと思う。

  • お子さんの学習はもちろん、
    大人の方にもオススメです。
    ・ちょっとしたメモの取り方(記憶)
    ・アイデアの膨らませ方(想像力)
    についてのヒントと練習問題です。

    マインドマップ検定の問題集としても
    最適な一冊だと思います!

  • マインドマップの書き方のルールがとても分かりやすく、◎。

    マインドマップの例もたくさん掲載されていて、どのようにブランチを伸ばしていいか分からなかった私にも、少しイメージがしやすくなった。

    ただ、やはりマインドマップ自体、そんなに有効なものなのか疑問。
    特に、まとめてある資料をわざわざマインドマップにする事は、余計に頭の中でゴチャゴチャするように思う。
    良いと思ったのは、
    1.創作系のマインドマップ(イメージが湧きやすくなるかも)
    2.調べ学習系(知らない事柄を調べ、ブランチを伸ばすことで細部まで楽しく調べられそう)


    まずは実際自分でやってみたい。

    (ちなみに、この値段でこの内容はかなりお得!)

  • 小4の息子にマインドマップを勧めようかなと思って購入。
    やさしくマインドマップの書き方が書いてあってとても参考になります。

  • 子供向けの本だけど演習が多い上に 課題が簡単(小学生の授業を想定)してるから、マインドマップが初めてという人にも非常にわかりやすい。私が読んだマインドマップのハウツー本で一番親切だと思う。

  • 子供にどうマインドマップを教えていくかの参考になりました。

  • 子供向けの本。大人にも入門書がわりになります。

  • ドリル形式になっており、一つずつ課題をクリアしていくことで
    正しいマインドマップの書き方を身につけられる。

  • これは今までのマインドマップ本の中で最高の出来だと思う。
    我が子にマインドマップを活用させたいとお考えの方は、ぜひ読んでいただきたい。
    お子様用なので、まず、わかりやすい。
    描き方を1から丁寧に説明してくれている。
    そして、お子様といったら勉強だと思うが、受験勉強に、歴史、文法、地理、公民、理科、長文読解、作文、自由研究、算数、その他、etc、、。
    記憶力や想像力を育てるのにも大いに役立つマインドマップを親子で試してみるチャンスである。

全18件中 1 - 18件を表示

できる子はノートがちがう!―親子ではじめるマインドマップを本棚に「読みたい」で登録しているひと

できる子はノートがちがう!―親子ではじめるマインドマップを本棚に「積読」で登録しているひと

できる子はノートがちがう!―親子ではじめるマインドマップの作品紹介

国語、算数、社会、理科から生活習慣改善まで、豊富な実践例と練習題でわかりやすく解説。

できる子はノートがちがう!―親子ではじめるマインドマップはこんな本です

ツイートする