サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)

  • 110人登録
  • 4.33評価
    • (16)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 池上正
  • 小学館 (2010年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098401208

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
落合博満
松下 幸之助
三浦 しをん
長友佑都
高野 和明
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)の感想・レビュー・書評

  • ワールドカップ開催まであとわずか・・・。
    日本がサッカーの大国となるには、スポーツが強くなるには、
    子どもを主眼においた育成
    ”考えさせること””小さな達成感”
    親の”子どもを成長させるにはどうしたらいいのか”という先々を考えた教育が必要だと感じさせる本でした。
    教え方を変えてみようかなって真剣に思いました。
    とてもいい本です。新刊も最近発刊されました。
    それを読むのが楽しみです。

  • 著者の池上 正氏は、本著の他にも「サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法」等、少年サッカーの指導者としてカリスマとも言える存在である。一貫として子どもが大人になる過程を暖かく時に厳しく周りからサポートする姿勢が評価され、少年サッカーの指導者にファンも多い。

    本書も少年サッカーの指導者、父兄の方々に是非お薦めしたい。

    200ページ余の紙面の中で何が引っかかるか、きっと襟を正して子どもと向き合いたくなる何かがあります。

  • 僕にとっては教育書として珠玉の名作中の名作。
    サッカーのコーチ時に他コーチの子どもに怒るという行動に疑問を持っていた時に読んで全ての回答を与えてくれた本。

    ただし、本書はコーチの為の本ではなく、教育書。
    サッカーに関係していなくても、スポーツに関係していなくても子を持つ親全てに教育書として読んで欲しい一冊。

    子どもの教育に迷った時には必ず読み返す本。
    「サッカーで子ども」3部作の2番目の本のよう。
    3部作の中で最初に読んだからか、僕にとっては最大のインパクトを受けた本。

  • 夏休み課題図書2冊目
    これからの指導に生かしていきます
    すべては子供たちの未来のために・・・

  • 友人に勧められて読んだ一冊。
    サッカー少年の母でして、子どもではなく私がストレスを感じたりしていたのですが…。
    すっきりしました。とても。
    頑張っているのは子ども達だし、私はやっぱり応援してれば良いんだよなぁ…としみじみ。
    思い入れが強すぎるのはやっぱりいけないとこれまたしみじみ。
    読んで気分がラクになりました。

  • 息子にサッカーを習わせたいなぁと考えているので勉強になりました。スポーツに限らず子育て一般にも通じて面白かったです。新しい本なので話題も新しくて嬉しい(図書館で借りると古い本が多いから)

  • 読売新聞2011.02.19朝刊。

    《元ジェフユナイテッド市原・千葉ジュニア育成コーチの著者による「世界基準」の選手育成法。少年サッカー界に根強い勝利至上主義を脱し、子どもの精神的、肉体的成長に目標を置く大切さを訴えている。》

全9件中 1 - 9件を表示

サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)を本棚に「積読」で登録しているひと

サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)はこんな本です

ツイートする