中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚 (単行本)

  • 118人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (11)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 中島克治
  • 小学館 (2011年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098401239

中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚 (単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャンル別になった幅広いブックリストつき。読み物も、初級の本はかなり手に取りやすい。(このあたりの本なら中学校の図書室にもアリなんだな、と)最近のYAも多い。
    中学生の読書離れの分析と、思春期中学生だからこそ必要な理由、なにかと素直でない中学生へのすすめ方など。
    親を対象とした本で、「読解力」「国語の成績」と直結してるあたり司書とはまた違う視点なのも勉強になるかも。(i44)

  • 初めての国語の定期テストで少々つまずいた息子を心配して手に取った本です。読書量が豊富なら1年のあいだはじっくり見守ることが大切なようです。この本の言葉には重みが感じられました。

    結局1年がたち、通信添削を受けることにしました。作文は得意なんですが、国語のテストには影響していないようです。

  • お借りして読んだが、これは自分で買ってキープしておかないとね。

  • 言ってることは間違いないと思うけど、違和感が残る。
    著者は本当に「読めない子」に接したことがないのではないかと疑う。
    著者も書いているように、著者が接している子供たちは、受験戦争を勝ち抜いてきた、エリートたちだ。
    本当の意味で、全く本が読めない子は知らないのではないかと思う。
    この本の魅力は、巻末のブックリストにある。
    選んである本はなかなか新しく、名作ぞろい。
    面白いことは保証付き。
    だけど、読めない子にとってはちょっとハードルが高い本ばかりだ。
    また、漫画をOKとしながら、ライトノベルは不可というのも良くわからない。
    大事なのは作品に深みがあるかどうかということで、ライトノベルはそれが浅いらしい。
    となると、漫画もきっと何でもOKではないのだろう。
    結局、名作が好きなんだと思う。

    でも、名作ばかりでは疲れますよ。深読みする読書ばかりでは疲れますよ。
    それに、ライトノベルは全て浅いなんて、どんな自信があってそういえるのかわかりません。

    深い読書も結構だけど、浅く広く楽しむ読書も、またいいものだと私は思います。

  • 私たちは、扱いにくいこの時期の子どもたちとあえて向き合うことで、いつしか忘れてしまった私たちの原点に、もう一度立ち返れるのかもしれません。そして、親子で力を合わせ、この暗中模索の思春期を乗り切ったとき、真の親子の絆が誕生するのではないでしょうか。

    読書の効能
    ①読解力がつく
    ②語彙が増える
    ➂人間力がつく

    中学生は最も自分自身のことが嫌いで、できれば内面と対話などしたくもないという時期です。しかし、それがエスカレートしてしまうと、自己顕示欲が強く、反発ばかりして、学習意欲が落ちてしまうという最悪の結果を招いてしまいます。

  • 本を読むと読解力がつくとあるが
    どんな本でも良いわけではないとも
    そこで気になるのがどんな本を中学生が読めば良いか
    巻末に多くの本を紹介しているが
    初学の段階では果たしてどの本を読ませればいいだろうか
    なかなか本を読まない子供、読んだことのない子供には
    本の内容もさることながら、一緒についてあげて
    一緒に読むことから始めるのが大切なように思う
    こんなデジタルな時代なのに「紙芝居」が子供にうけるのは
    言葉から多くを想像することが楽しいことだと知っているから

  • 読解の方法が書いてあるが、ぼんやりしていて参考にならない(T_T)

  • 中学生を理解するための本。最初に信頼関係を築くことの大切さ、親は楽して子どもに勉強や読書をさせようなんてだめ。やはり、思春期の子どもはちゃんと見抜く。きちんと理解しようとしなくては。本当はそんなことをしなくても、自分の子ども時代を思い出せばできるはず!まず子どもを理解しようというのが、メインの内容でとても納得できる本でした。

  • すべきことから逃げたくなる
    努力がムダと思う
    面白いことを求める
    前向きさに耐えられなくなる
    サブノートづくり効果あり

  • タイトルからブックリストだと思ったら、読書のおはなしは半分くらいで、「中学生の解説書」として読める。
    思春期の真っただ中にあり難しくなる中学生への関わり方や、中学生にとっての読書の大切さから、読解力を高めるための方法まで、具体的にわかりやすい文章で教えてくれます。

全18件中 1 - 10件を表示

中島克治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
又吉 直樹
池井戸 潤
朝井 リョウ
ヨシタケ シンス...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚 (単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚 (単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚 (単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚 (単行本)はこんな本です

ツイートする