「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)

  • 110人登録
  • 4.62評価
    • (26)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 木村泰子
  • 小学館 (2015年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098401635

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
北野 武
三浦 しをん
村田 沙耶香
西 加奈子
西 加奈子
大野 更紗
宮下 奈都
宮部 みゆき
桜木 紫乃
有効な右矢印 無効な右矢印

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)の感想・レビュー・書評

  • 公立学校だから校長判断で可能性が広がる。
    それを実践した記録である。
    それには校長がある程度長く学校を指揮できないとだめだとも思った。
    このような学校が広がると日本の未来も明るくなるのにと思った。

  • ドキュメンタリー映画『みんなの学校』を観る機会があり、非常に感銘を受けた。ちょうど本書発刊のタイミングもあったので、さっそく読んでみた。

    映画では実名だった子どもたちが仮名になり、本筋を変えない程度にエピソードが少し変更されていることを除けば、半分はほぼ映画に収録のままだ。もちろん、本書には取り上げられなかった映像、映像にはなかったエピソード部分もある。また、木村氏の教師としての原点部分に触れた箇所もあり、内容のすべてが大空小学校での取り組み実例かと、勝手に期待していたのとは若干違っていた。
    だがそのどちらでも同じように、教育における主体は子どもで、子どもも大人もあるべき姿は学び合い育ち合いだ、という一貫した姿勢は繰り返し語られていて、木村氏が教育実習生の当初から変わらないものである。

    いつもこれでいいのかと迷い続けている、正解はない、という言葉に勇気をもらった。
    今目の前にあることを一生懸命やる、変えたいならば自分が変わる、そして今そこにいてくれる人に感謝する。
    木村氏も、自分と同じように日々向き合っていることを知り、また明日から頑張れる気がした。

  • 下手なマネジメントの本読むより、この映画を見た方がいい。というぐらい良かった。

  • 『流れる水の如く、流されるのはいとも容易く、逆らうことは困難を極める、』
    『(大人と子どもが)対等でない場所に、学びは成立しない』
    『「大変」とは、大きく変わるとき』
    『教師は「教える専門家」から「学びの専門家に」』
    『学びは楽しい』

    すばらしい!

  • まず映画を見ました。
    通常の配給は終わっていて、御茶ノ水の自主上映会の日にその場所にいた、という偶然が引き合わせてくれた素晴らしいドキュメンタリー映画でした。
    上映場所で売られていた3種類の本から、一番映画のストーリーに近いということでこれを購入。
    その通り、この本を読むと映画の登場人物たちの顔と声で台詞が再生されるようでした。
    「みんなの学校」は、特別支援を必要とする子供に居場所を作る、それも普通学級に、という面が強調されすぎてしまっているのかもしれません。
    私はもっと普遍的なこと、違いを認める、違いを受け止めるとはどういうことか、居場所を作るということはどういうことか、ということを教わりました。そして、アドラー心理学ではありませんが、どんな子も向上心を持っていること、「なぜ」じゃなくて「どうやって」を考えることが大事なんだとわかりました。

    「こういう先生がいたら」とか「こういう学校だったら」という受け取り方はもったいない。確かに木村先生だからできたことだし、木村先生だからこそ「公立校だからこそ」と言えるんだとは思います。
    でも、一人でも多くの人がこの映画を見て、「自分もこういう学校にしたい」って思えば、木村先生じゃなくても変えることはできるんじゃないかと。
    同じ方向に歩いていくためにこそこの映画・本の価値があるんだと思います。
    すばらしい映画、本す。

  • これほどストレートに本質を突いている実践はなかなかないと思う。
    「子どもが育つ」とはどういうことか、「学校を作る」とはどういうことか。
    映画で目の当たりにした子供たちの姿、学校の姿に重ねて、強烈に印象を残す。

  •  映画の評判は、私の周囲ではイマイチだった。
    映画は撮る側のメッセージが込められるもの。やはり「一般的な学校像と判断」が入り込んでいたのではないか、と考える。教育者目線でなく、こども目線でなく、部外者目線つまり大空小学校を初めて訪れる人の目線になっているのでは、と。
     偶然、手にした本。初代校長が著者なので、期待大。
    果たして、期待以上の内容だった。

     3.11から学んだ下りは、そこだけでも防災リーフレットとして全国に配布してほしいくらいだ。

     正直、何度も涙がおちる。感動で。
     公立校だからといって、ひとくくりにする評価を見直さなければいけない。
     やはり人間と人間との信頼なのだ・・・と。

     それにしても校長先生の教育実習の指導教諭、教育の神様ことハラ先生のすばらしいこと!ここを読むだけでも大変勉強になります。

  • TVドキュメンタリーとともに、木村先生の講演を聞きました。
    はつらつとした姿と言葉に勇気づけられました。

  •  公立小学校なのに,公立小学校だから可能性がある…そんな気持ちになる学校の紹介です。
     あたらしくできた小学校に,集まった教師たちと子どもたち。校長をはじめ,「学び合いと育ち合い」「どんな子も地域で学ぶ」をテーマに学校づくりに取り組んでいきます。
     子どもへの圧倒的な信頼に裏打ちされて進められる学校運営。運営と言うと,何か,教師の圧倒的な指導が入っているように聞こえるが,実際は,「教師が子どもから学ぶ」という姿勢が一番だいじにされているようです。
     地域とともに学校を作る…それは,地域におもねることではなく,地域も巻き込んでいっしょに子育てをすることです。
     今の教育界でも,こんなことが可能なのだと分かるだけでも,貴重な記録です。
     映画にもなった「みんなの学校」。その映画を文科省でも見たそうです。そのとき,木村校長は,当時の下村文科大臣から,
    「校長のリーダーシップを,ぜひ全国の管理職を目指す人たちに伝授してください」
    と言われたそうです。しかし…木村先生は次のように言います。
    「校長がリーダーシップのとり方を間違えると,みんなの学校は実現しません」

     ちまたには,リーダーシップの取り方を間違えている校長たちがうようよしています。そして,職員室の教師も子どもたちも萎縮し,自分を出さずに,目立たずに,控えめに過ごしているような気がしてなりません。
     うちの学校はどうでしょう。まだまだ,子どもが主体的に動いているとは言えません。というか,ほど遠いです。
     私も,少しずつ変えようとはしているけど…微力。ただ若い人たちの感性はなかなかいいです。この本にも出ていましたが,ベテラン教師たちは,これまでの姿勢をなかなか変えられません。
     で,もしかしたら,今年から少しは変わるかもと期待しています。なんせ,この本を紹介したのは,新しい校長さんだから。

  • 映画を上映会で観ていたので、すごくスッと読めた。映画観てからがオススメ。映画の中で起きていたことの本質が何なのか再確認できる。
    大空小学校がすごいのは、発達障害のある子が一緒に学んでいることではなくて、学校が地域を巻き込んで子ども一人ひとりをそのままに受け止めて育んでいこうという姿勢を、学校全体で共有しているということ。そして、それはパブリックの学校が本来持つべき姿。

    学びの多い本。

  • ○私たちは、その子が「その子らしく」いられることを、まず優先順位の一番に置いて学校づくりをしてきました。「その子らしさの質を上げよう」と。それは、「その子の現状のままでいい」というのではありません。「その子の“ありのままの質”を上げよう」ということです。
     その質を上げるのは、子ども同士の学び合いです。そして、その子のおかげで、周りの子どもたちも、ものすごく育ちます。それこそが「学び合い、育ち合う」という教育の本質。教師の力量だけで補えるものではありません。むしろ大人は余計なことをしません。(p81)

    ○教師になくてはならない力は、子どもの話を聴く力。授業を上手に教える力ではないと思います。それなのに、ジャッジばかりして通訳しないと、子どもたちまでジャッジばかりするようになります。
     大人のつくる空気を、子どもはいつも吸っているのですから。(p169)

    ○教師は全員、子どもに対しての「責務」があります。しかし、「責任」があるのは校長だけです。教職員には一切責任はないのです。(中略)さらに言えば、学校の中で職種の違いがあっても、子どもの前の大人はすべて対等です。対等でない場所に、学びは成立しません。(p171)

    ○目の前の子が今、何に困っているのか、今日一番困っているのは?ということを毎日、毎日大切にしてきました。困っている子は、ほうっておいたら集団のなかに入ってこられません。1日学校に来なかったら、次の日来にくくなる。1週間来なかったら、もうずっと来られなくなってしまう。
     さらに、大空では「その日のことは、その日に」といった、言葉にはならない暗黙のルールのようなものがありました。その日に解決しないと、翌日は、みんなで学びを楽しめないからです。
    「気づいたときに、気づいた人が動く」
     それが大空のモットーでした。(p176)

    ○大空では、すべての教員が自らの授業を開いています。若い教師もベテランの教師もどんどん自分の授業をオープンにします。互いの授業を学び合える学びの宝庫です。大人が学び合う姿を、子どもは当たり前の空気として存分に吸っています。
     つまり、大人同士が安心し合える場では、子ども同士も安心できる。大人が助け合う姿は、子どもも大好きです。大人が学び合う姿が、子どもの学ぶ意欲を大きく高めます。(p177)

    ○公立の学校は、伝統と校風があり方針が決められている私学とは違います。公立は、校長のフリーハンドで「子どものための学校づくり」におけるあらゆる実践が可能なのです。優先順位を間違えず、目的のためには手段を選ばないくらいの勇気と情熱があるか、ないか。それだけのことではないでしょうか。(p181)

  • 大阪にある あおぞら小学校の元校長先生の話。健常者も知的障がい者も肢体障がい者も同じクラスの学校。
    映画を観てその後が知りたくて購入。先日講演会にも行ってきました。
    ブレがない先生。障がいがあるない、ではなく、その日その時に手を差し伸べて欲しい生徒は変わる。目からウロコでした。こんな校長先生が増えれば学校は変わる。

  • 本来あるべき教育の姿とは。
    まさしくこの本はそれに気付かせてくれました。

    私の中の「公立学校」のイメージが180度変わりました。

    大人が学ぶ姿勢、学び合う姿勢というのは、子どもたちにとってどれほど強い影響力があることか。例え子どもであっても人格を持った1人の人間同士として接し、考えを伝え合い、多様性を知っていく。それもお互いに。

    これからの世の中で、そのやりとりはとても大切なことだと思います。

    支援が必要な子にわかりやすい授業をすれば、他の子にとっても必ずわかりやすい授業であるということ。授業だけでなく、指示ひとつとっても、そうだと思います。

    その考えは社会においても一緒。少数派の人が住みやすいと思える環境は、他の多数派の人にとっても住みやすい環境になるんですよね。

    …話がずれましたが、特別支援教育に注目されてだいぶ経ちました。支援が必要な子であることは間違いなくとも、現場では「特別」支援教育の「特別」だけが強調されて、本来の意味がブレてしまうのではないかという、木村先生のお考えがとても印象に残りました。

    常に学ぶ姿勢を持っていたいと思います。
    素敵な本に出会えました。

  • 学習では、「主体的に」といいながら、
    その他の学校生活では、「○○しなさい、さもないと…」と指導する矛盾。
    どうすべきかは、子どもが一番よくわかってる。
    2歳の子でも。
    わかってるのにできない子にこそ寄り添う。

    子どもの言葉をジャッジせず、通訳する。
    子どもを見る。声を聴く。
    わかったつもりにならない。

    学びの共同体のいう「学び方」をもう少し知りたい。

    前半の構成がわかりにくいので☆−1

  • 子育てや教育方法に正解はないし、理想通りにはいかない。けれど、教育や子どもに関わる人達はぜひ読んでほしい一冊。先に映画を見てから読むことをおすすめする。
    そのへんの子育て本よりずっとリアルで、何より愛があふれている。
    また、自分が東京出身の人間だからそう感じるのか、関西弁でのやりとりは、標準語とは違う、プラスアルファの効果がある気がする。

  • 映画に出ていた子どもたちのその後や、木村先生がどうしてこういう子どもたちとの向き合い方をするようになったのか、がとても伝わってきて、読みながらまた涙ぐんでしまった。映画を見た後に読んだから、余計に伝わるものがあるのかもしれない。

    もう退職されて現場から離れられたというのが本当に残念だけれど、この教えがあちこちの先生、学校、そして保護者の間に共有されていくといいな。

  • 観たのは映画『みんなの学校』。
    始まって五分で隣りに座っていた姉は泣き、後ろの席の年配の女性達は笑ったり感嘆の声をあげたり……。
    公立小学校でここまで! と驚きました。
    私は、教師時代のことをいろいろと思いだしました。

    なんにせよ、全てつながっているんだなということ。
    それから、この大空小学校のような学校が増えていってほしいなと思いました。

  • 映画でもそうですが、読んでる間に何度も泣いてしまいました。声に出して驚いたり、笑ったり、読んでいる自分の反応に驚きました。
    私は数多くいる、木村先生の教え子の一人でした。小学校5・6年を担任として受け持ってもらいました。今でも声を覚えています。(映画や本の中に出てくるような特別なクラスではありませんでしたが。)
    さて、教え子ならではの泣き所は別にしても、誰しも心動かされる一冊ではないかと思います。
    PBL(Project-Based Learning 課題解決型学習)とか、アクティブ・ラーニングとか、カタカナ言葉で難しく聞こえる事を当時から実践されていた事も分かります。誰もが分かる言葉でそれらが書かれているので、大阪弁のイントネーションを頭の片隅に置いて読むと、先生が話しているようです。
    本の帯や、映画の告知編のキャッチーな印象よりも、生身の学校や生徒、先生などの人が見えて来ます。

  • 「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」そんな理念をもつ大阪市立大空小学校のドキュメンタリー映画『みんなの学校』。初代校長の木村泰子さんの言葉がぎゅっと詰まった初著。映画ではわからない現場の葛藤と、子どもたちのその後、そして木村さんの原点では尼崎でのエピソードも。パブリックの学校ストーリーはしばしば「奇跡」という冠をつけたがるけれど、決して真似できない妙技の結晶ではなく、子どもと子どもの周りの地域やオトナに向き合い関わり合った結果。木村さんもいっぱい失敗してるんだ。

全21件中 1 - 21件を表示

木村泰子の作品一覧

木村泰子の作品ランキング・新刊情報

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)の作品紹介

「みんなの学校」が教えてくれたこと

2015年2月から全国で公開され、大ヒットしたドキュメンタリー映画『みんなの学校』。この映画の舞台となった大阪市の公立小、大空小学校では、「自分がされていやなことは人にしない」というたった一つの校則と、「すべての子どもの学習権を保障する」という教育理念のもと、障害のある子もない子もすべての子どもが、ともに同じ教室で学んでいます。全校児童の1割以上が支援を必要とする子であるにも関わらず、不登校児はゼロ。他の小学校で、厄介者扱いされた子どもも、この学校の学びのなかで、自分の居場所を見つけ、いきいきと成長します。また、まわりの子どもたちも、そのような子どもたちとのかかわりを通して、大きな成長を遂げていきます。
本書は、この大空小学校の初代校長として「奇跡の学校」をつくり上げてきた、木村泰子氏の初の著書。大空小の子どもたちと教職員、保護者、地域の人々が学び合い、成長していく感動の軌跡をたどりながら、今の時代に求められる教育のあり方に鋭く迫ります。

【編集担当からのおすすめ情報】
「こんな学校が日本に本当にあるの?」「こんな学校に通わせたい!」驚嘆の声続々。大ヒットドキュメンタリー映画『みんなの学校』の舞台、大空小学校で繰り広げられる感動の秘話に涙が止まりません!

【目次】
はじめに 『みんなの学校』とは
プロローグ 2015春 最後の修了式

第1章 「みんなの学校」の子どもたち
第2章 学び合い、育ち合う
第3章 私の原点
第4章 教師は学ぶ専門家
第5章 「みんなの学校」をつなぐ

エピローグ みんなが教えてくれたこと

【著者プロフィール】
木村 泰子 きむら・やすこ

大阪市立大空小学校初代校長。大阪市出身。武庫川学院女子教育学部短期大学保健体育学科(現武庫川女子大学短期大学部健康・スポーツ学科)卒業。「みんながつくる みんなの学校」を合い言葉に、すべての子どもを多方面から見つめ、全教職員のチーム力で「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」ことに情熱を注ぐ。学校を外に開き、教職員と子どもとともに地域の人々の協力を経て学校運営にあたるほか、特別な支援を必要とされる子どもも同じ教室でともに学び、育ち合う教育を具現化した。2015年春、45年間の教職歴をもって退職。現在は全国各地で講演活動、取材対応などで多忙な日々。


島沢 優子 しまざわ・ゆうこ

フリーライター。筑波大学卒業後、英国留学を経て日刊スポーツ新聞社東京本社勤務。1998年よりフリー。『AERA』などの雑誌・WEBなどで、教育関係・スポーツをフィールドに精力的な執筆活動を行っている。『桜宮高校バスケット部体罰事件の真実 そして少年は死ぬことに決めた』(朝日新聞出版)『左手一本のシュート 夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』『王者の食ノート―スポーツ栄養士虎石真弥、勝利への挑戦』(小学館)など著書多数。企画・構成を担当した『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(池上正・著/同)は8万部のベストセラー。日本文藝家協会会員。

【大阪市立大空小学校】
特別な支援を要する子を含むすべての子どもたちが同じ教室で学ぶ。不登校児はゼロ。地域の住民らの支援も積極的に受け入れる「地域に開かれた大空」の理念は「すべての子どもの学習権を保障する学校をつくる」。唯一のルールとして「自分がされていやなことは人にしない 言わない」という「たった一つの約束」があり、子どもたちはこの約束を破ると、やり直しの部屋(校長室)へとやってくる。

【映画『みんなの学校』】
大阪市住吉区にある公立小学校「大阪市立大空小学校」の1年間を追ったドキュメンタリー映画。2015年2月公開。映画に先んじて放映された、テレビ版『みんなの学校』は、平成25年度第68回の「文化庁芸術祭大賞」など数々の賞を受賞。

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)はこんな本です

「みんなの学校」が教えてくれたこと: 学び合いと育ち合いを見届けた3290日 (教育単行本)のKindle版

ツイートする