「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)

  • 29人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 木村泰子
  • 小学館 (2016年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098401710

「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の講演会にて購入。
    著者の真摯な思いを受けとった。

    これを読んで、子どもたちに向けられて作られた、ある歌の歌詞を思い出した。
    「届けて 受け止めて 思いを寄せ合う
    そんな毎日が 新しい 明日を 連れてくるから」
    (栂野知子「小さな勇気」より)

    具体的な方法論としてもしっかりとしたものをされているし、目指すところをはっきりさせて、みんなで共有することもしておられる。しかし、そんなところよりもまず、現代の学校の多くが持つ、異質なものを排除する危険性に正面から向き合い、「私が言わなければ誰が言う」という思いで、率直にメッセージを語っておられるところに、非常に共感を覚えた。

    真摯に受け止めたい。

全1件中 1 - 1件を表示

木村泰子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
北野 武
三浦 しをん
又吉 直樹
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印

「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)を本棚に登録しているひと

「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)の作品紹介

「みんなの学校」前校長・著作第2弾!

著書第一弾『「みんなの学校」が教えてくれたこと』が、教育関係者、保護者の間で話題の木村泰子氏。木村氏第二弾の著書として、「みんなの学校」の手法を踏まえた、学級担任・学校管理職、保護者向けの実践的教育論を紹介します。木村氏は常々「教師がいつも子どもに寄り添い、子どもに学べば、子どもは勝手に育ち、教師も育ち、そして学校が変わる」と話します。本作では、その木村流教育論について、多数の実践例と共にわかりやすく解説していきます。

「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)はこんな本です

「みんなの学校」流・自ら学ぶ子の育て方: 大人がいつも子どもに寄り添い、子どもに学ぶ! (教育単行本)のKindle版

ツイートする