象工場のハッピーエンド (新潮文庫)

  • 915人登録
  • 3.37評価
    • (43)
    • (74)
    • (219)
    • (22)
    • (2)
  • 72レビュー
著者 : 村上春樹
制作 : 安西 水丸 
  • 新潮社 (1986年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001319

象工場のハッピーエンド (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発売からかなりの年月が経ってしまってるから
    タイムリーでなくノスタルジーになってしまうけど
    1つ1つの言葉から生まれる世界観が楽しかった。

    とても単純だったけど、シンプルで心が中心にあった
    昔の優しい日本のクリスマスもほんとよかったなぁって
    あったかいキモチに包まれたり。

    日常の一端から生まれた非日常の匂いがよかった。

  • 大好きです!!!!!

    何年振りかで手に取って、ぱらりとめっくた瞬間に、とてつもなく懐かしくなった。

    わたしの読書体験黎明期(とか大げさに言ってみる)の一冊。
    自分の趣味嗜好が、ここから派生している気がする。

    どうしてブクログに登録していなかったんだろう。

    「時には人生はカップ一杯のコーヒーがもたらす暖かさの問題」(p.39)

    リチャード・ブローティガン「芝生の復讐」からの引用らしい。読んでみようかな。

    この作品、昭和58年に刊行されたものの文庫ということを、今回知って、わたしの生まれる前かと思うと、ほんとうにほんとうに、すごいと思った。

    エッセイも長編も好きだけど、村上さんの文章を気楽に何度も味わえる短編が、一番好きだと確信した。

  • このお二人のつくられる世界が好きだ。

    読んで、眺めて、幸せな時間が
    この本の中にある。

    少し不思議な物語もあったりしたけれど、
    「あとがきにかえて」を読んで、
    それもこれも、全部、
    A DAY in THE LIFE

    あたたかく、幸福な気持ちになった。

  • 村上春樹と安西水丸の共著、画集ともエッセイ集ともつかない不思議なバラエティギフトのような一冊です。
    ショートショートのようなものも収録されています。

    今ちひろ美術館で「村上春樹とイラストレーター展」という展覧会が開催されているので、それに行く前に読んでおかねば!ということで。
    安西水丸さんの絵は80年代のアメリカン風で、なんとなく懐かしい気持ちになります。まぁ80年代のアメリカンって自分で言っといてなんなのか私はよく分からないのですが(笑)
    村上春樹との対談が、いかにも仲良さそうで微笑ましくなってしまいました。

    この中だと「マイ・スニーカー・ストーリー」が好きかな。
    オチで思わずおいおい!と笑ってしまいました。

  • 44/339

  • 『象工場のハッピーエンド』

    村上春樹さん

    題名にひかれて借りてきた本。
    絵もかわいい13の短編。

    象工場のハッピーエンド
    スパゲッティ工場の秘密
    双子町の双子祭り

    おもしろいー。

    何度も読みたくなる!
    羊男もでてきた

  • 2015.10 整理のため再読、評価変更(☆3→☆2)

    13の短編というか切れ端というか。。水丸さんの絵に少し文章がついているもしくは少しの文章に水丸さんの絵がついているといった一冊。

  • 少し前に安西さんがお亡くなりになったことを聞きました。村上さんの短いお話と安西さんのイラストの切っても切れないセットのような作品ですから、これは手元に置いておかないとと思い、あらためて買い求めました。
    パラパラと捲っただけでも気分が良くなる本ですね。

  • 春が来るとジョン・アプダイクを思い出す。ジョン・アプダイクを読むと1968年の春を思い出す。ほんのちょっとしたことなのだけど、我々の人生や世界観はそのような「ほんのちょっとしたこと」で支えられているんじゃないか、という気がする…。都会的なセンチメンタリズムに充ちた13の短編と、カラフルなイラストが奏でる素敵なハーモニー。語り下ろし対談も収録した新編集版。

    文書はきわめて少ない。
    ふわってした文章にも村上ワールドがある。

  • ・ほんのちょっとしたことなのだけど、我々の人生や世界観はそのような「ほんのちょっとしたこと」で支えられているんじゃないか、という気がする。
    ・何というか、言葉じゃ言えない雰囲気だ。何もかもを一度に眺めるのは無理だが、何もかもを一度に感じることは出来る。

    「マイ・スニーカー・ストーリー」を読んで村上春樹が一気に可愛く思えた。笑ったしキュンとくる。
    「鏡の中の夕焼け」も好き。美しいけどファンタジー。

    安西水丸さんの絵がまた可愛いの!
    シンプルだけど特徴を捉えていて、色も綺麗。白黒でもかっこいい。買ってよかった。

全72件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

象工場のハッピーエンド (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

象工場のハッピーエンド (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

象工場のハッピーエンド (新潮文庫)の作品紹介

春が来るとジョン・アプダイクを思い出す。ジョン・アプダイクを読むと1968年の春を思い出す。ほんのちょっとしたことなのだけど、我々の人生や世界観はそのような「ほんのちょっとしたこと」で支えられているんじゃないか、という気がする…。都会的なセンチメンタリズムに充ちた13の短編と、カラフルなイラストが奏でる素敵なハーモニー。語り下ろし対談も収録した新編集版。

象工場のハッピーエンド (新潮文庫)の単行本

ツイートする