海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

  • 24670人登録
  • 3.64評価
    • (2270)
    • (2961)
    • (4776)
    • (467)
    • (114)
  • 1968レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2005年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001548

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3度目の読了。初めて読んだのはいつだったか、強烈な感動が忘れられず、息子が主人公と同じ15歳になったのを機に手に取った。
    と、今までと違い、精神的にこんなに早熟な子はありえないと、つい現実の15歳と比べて余計なことが気になってしまい…。息子に勧めようと思っていたが、この良さが理解できるのはもう少し先だろうな。

  • 誰が何と言おうと、ぼくは春樹さんの小説が好きです。
    小説好きな人は、あれこれ言ったりする人も多いけど、

    いいじゃないですか。

    ぼくはすきなんだから。

    大体全部春樹さんの本は読んだけど、長編なら『カフカ』がすき。

  • 今まで読んだ本の中で最も感慨深いものがあった
    村上ワールドにどっぷりと漬かれる作品
    抽象的描写、哲学的会話、すべてにおいて
    想像力を掻き立てざるにはいられない
    村上春樹という人間の思想を示唆している
    読後の謎、余韻も含めて醍醐味を感じられる

    "あちらの世界"に影の半分と
    記憶、性欲を含むあらゆる欲望を置いてきてしまった
    ナカタさんの生きざまはあまりに潔く、頼もしくもあって
    私は彼のおかげで大きな人間的成長を果たしたように
    感じられる

  • 村上春樹の中では一番取っ付きやすい長編小説だと思う。

  • 久しぶりに小説を読んだ。村上春樹の書く文章の雰囲気を思い出した。テストあるけれど、早く下巻も読みたい。2017.11.7

  • 【あらすじ】
    「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

    【感想】

  • 村上春樹はそんなに得意ではないけれど、これは結構読み進めたくなった、
    オススメできる好きな本です

  • あいかわらずの独特な世界観。
    村上春樹の世界に引き込まれましたとても中野区や高知が舞台になってるとは思えない雰囲気。
    ものすごく哲学的で全てを理解しようとするととてもじゃないけどついていけないけど雰囲気を味わいながらその世界観に浸っているとあっというまに読み終わってしまいました。
    下巻ではどう繋がっていくんだろう?
    そしてナカタさんがとってもいい味出してます。

  • 平衡世界がある時点で交差し収斂して喪失する、村上作品はそうした特徴を持っているが、本作品は他作品と比べてより具象的な印象を受ける。かつ直接的な残虐性や暴力性も備えている。ここにある世界はパラレルワールドではなく時空という概念を取り払った平衡世界が描かれる。

    田村カフカという15歳の少年を通した平凡な世界と極めて特殊な体験と、ナカタという存在がどう関係してくるのか、下巻を読み進めたい。

  • 読み始めは展開についていけなくなるかもと思ってたけど、どんどん物語の世界を理解出来た。
    タフになるために自分を見ようとする少年。
    自分の人生を考えることを少年と老人のそれぞれのストーリーを並行させながら書いた作品。
    面白かった。

全1968件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
あさの あつこ
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)の作品紹介

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」-15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真…。

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)の単行本

ツイートする