東京奇譚集 (新潮文庫)

  • 6914人登録
  • 3.52評価
    • (376)
    • (859)
    • (1290)
    • (161)
    • (19)
  • 645レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2007年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001562

東京奇譚集 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵本は読んだことあるけど、小説は初読みです。
    何となく自分には合わないと思っていたのですが、
    読書家のブロガーさんからのお勧めで、本書を手に取りました。
    実に読みやすい!そして面白い。好みです!
    本当に身近にありそうな話で、不可思議な話もあるけれど、
    主人公達がそれぞれ本当の自分と向き合い、
    気付いていたけど見ようとしてこなかった自分を
    受け入れ、1歩前進するっていう感じかなぁ~。
    それが淡々と日々のリアルな現状を踏まえながら語られているから、
    奇妙さが気にならない。
    最後の「品川猿」が奇妙と言えば奇妙だけど、
    こういう表現は好きです。

  • 久々の村上春樹.短編集なので読みやすかった.
    「偶然の旅人」が好きかな.村上春樹感がそこまで強くなくて読みやすい.
    短編で村上春樹感強いと,慣れる前に終わってしまって物足りないというか.
    長編だとどっぷり浸れていいんだけど.

  • 村上春樹の小説、初読み。5作品収録の短編集。ラストの「品川の猿」だけ他の作品と全く違う趣。う~ん。村上作品、好みじゃなかった。

  • 村上春樹氏の短編集。5編あり、どれも東京が舞台となっている。
    軽いタッチで、すぐに読める。一番良かったのは1つ目の回想エッセイ的小説で、最後のはイマイチだった。
    彼の長編にありがちな不可解さもなく、さわやかに読み切ることができる(まぁ後にも残らないが)。
    「村上らしさ」を求める人には物足りないかもしれない。でも私は結構気に入った。

  • それほど完成度が高い話ばかりではなかったんですが、自分は好きです。「どこであれそれが見つかりそうな場所で」なんかは、長編小説を書こうとして途中で諦めたような、少し投げやりな終わり方だった気がします。「品川猿」も途中でメルヘンの要素が突然入ってきたりと唐突な展開に少々驚きました。しかし、主人公が名前を思い出せないのは、彼女の人生の欠落が原因だったり、「偶然の旅人」の2人の男女が欠けたものを補い合おうとする様子だったり、「喪失」をテーマにしている話が多く、胸に迫るものがありました。人間みな、欠けていて、色んなものを失いながら生きている、そんな真実を得々と語り聞かされている気がしました。感傷的な気分になります。

  • 初!!村上春樹。
    何となく読まず嫌いをしていたけど、古本屋で見つけて表紙に惹かれたので読んでみようかなと。
    思っていたよりも分かりやすい文章で、読み易かったです♪
    中でも『どこであれそれが見つかりそうな場所で』と『日々移動する腎臓のかたちをした石』の不思議な感じが面白かったです。
    これを機会に長編にも挑戦してみようかしら

  • 読みかけて止まっていた洋書を久しぶりに読み進めていたのだけど、途中で疲れてやっぱり日本語に戻ってきてしまった(´・ω・`)世にも奇妙な物語っぽいまさしく奇譚集であるが、がっつり村上春樹ワールド。踊り場から消えた男性を探す“どこであれそれが見つかりそうな場所で”が好きかな。

  • 最近貪るように読んでる村上春樹、初めて薦められた以外のものを読んでみました。
    これがもうストライク!
    タイトルに惹かれたという単純な理由でしたが、自分の嗅覚さすがだなと(笑)

    「偶然の旅人」から始まるこの短編集では、冒頭にもあるように、とるに足りない些細な、けれど不思議な出来事が描かれています。
    他人からしたら「なんだそんなこと?」と理解されにくいようなことも、その人にとっては衝撃的で、ずっと忘れられなかったりするんですよね。
    私もそういうこと結構あります。
    まさに偶然、としか言いようが無いんだけれど…奇跡とも思いたい、そんな些細なこと。

    「どこであれそれが見つかりそうな場所で」
    シドニーのグリーンストリートの探偵を彷彿させるような、私。
    この軽快なテンポの文体好き。
    印象に残ってるのは私と少女のやりとりです。
    雨傘とドアでは何もかもちがうけれど、でも確かにきっと一目で分かるんだろうな。
    読み終えた後の余韻がしばらく尾を引いてました。

    「日々移動する腎臓のかたちをした石」
    本当に意味を持つ女は三人しかいない。
    あぁーここに出てきたのか…と。
    つい先日この俗説を聞いたことがあって、それでもう完全にそれを話してくれた人物で再生されました(こういうエピソードも偶然でびっくり)。
    ここに出てくる彼が書いた小説がとにかく興味深かった。
    彼の身におこった話と、腎臓石を拾った女医の話がとてもしっくりと対比していました。

    それらをあるがままに受け入れて、そしてごく普通に生きていく。
    でもしっかり自分のなかに降り積もっていくのが分かる。
    それだけで十分な気がします。

  • P246
    やはり、この作者が人気があるのが理解出来ませんでした。これで当分読みません。

  • 村上春樹の短編を読み返している。
    (読んでいなかったかもしれない。僕にとって村上春樹は内容を覚えているのが難しい作家なのだ)

    彼の作品にはたいてい「この世のものではない邪悪なもの」が現れ、主人公の平凡な日常を損う事件が起きる。そんな「日常の中に介入してくる奇妙なできごと」にフォーカスした短編集である。

    どの作品も主人公が出会った人物(あるいはかえるくん)によって主人公やあるいは世界が抱える問題を探り当て、立ち向かう。そしてそれが終わると、主人公は何か大切なものを得て、もとの日常に帰って行く。そんな共通した構造がある。

    内田樹がいうところの「ライ麦畑のキャッチャー」的な、この世界の秩序を人知れず守り続けている者たちの物語である。

    そこに通底している公正さ、正直さ、穏やかな強さ、というものに僕は惹かれるのだと思う。多くの村上ファンもきっとそうなのだろう。

    きちんとシャツにアイロンをかけたり、掃除をしたり、適切な堅さにパスタを茹でたりということを時として「村上のいつものアレね」と揶揄されたりもするけれども、日常のそうしたディテールを正しくこなすことが、とてつもない強さを持ちうることを彼は伝えたいのではないだろうか。

全645件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

東京奇譚集 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

東京奇譚集 (新潮文庫)に関連するまとめ

東京奇譚集 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京奇譚集 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京奇譚集 (新潮文庫)の作品紹介

肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却…。大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。孤独なピアノ調律師の心に兆した微かな光の行方を追う「偶然の旅人」。サーファーの息子を喪くした母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」など、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語。

東京奇譚集 (新潮文庫)の単行本

ツイートする