東京奇譚集 (新潮文庫)

  • 6761人登録
  • 3.52評価
    • (372)
    • (841)
    • (1282)
    • (159)
    • (17)
  • 634レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2007年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001562

東京奇譚集 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ハナレイベイが良かった。他の作品より視覚的文章が少なく、会話中心。

  • 不思議な体験をすることは人生に一度はあるもの。著者が出会った人から語られた奇譚を、ライトな感覚で味付けした読み応えのある短篇集。奇譚といってもオカルト的ではなく都会的なセンスの良い物語に仕上げている。特に『ハナレイ・ベイ』はハワイの夕景に浮かび上がるサーファーの姿が美しくも哀しみを誘って秀逸である。

  • 村上先生作品で一番好きです。

  • 品川猿がお気に入り。
    現実なのか現実ではないのか…不思議な世界観。

  • 個人的に、村上春樹さんはもう、短編かエッセイがいいのではないかと思います。
    これは、まあ好きです。

  • 現実世界と仮想世界がうまく混じりあっている。
    品川猿は面白かった。

  • わけが分からなくても、この感じが好き!このもやっとした読後感は癖になる。

  • それぞれの不思議な話。
    全体的にホワンとした感じで終わる。
    一番面白かったのは「品川猿」タイトルも何かなと好奇心を抱かせるし、読んでみて納得がいった。

  • 今までに読んだ何冊かの村上春樹作品の中では一番面白かったかもしれない。
    たぶん、始めに「不思議な話をしますよ」と宣言してくれているのが大きいのだと思う。
    婉曲の度合いや曖昧さを少し抑え目にして書かれたのではないか

  • 短編集、それぞれの物語に言いたいことみたいなのがあるのか、でもそれを正解みたいに導き出すこと自体のぞまない?(ここの言葉がわからない)行為なのか。でも読みながらいろんなことを考えることができた。

  • 初・村上春樹。
    思ったより読みやすかったけど、全体的にぼんやりしていて、読み終わったらすぐ内容を忘れてしまうような本だった。実際もう忘れかけている。

  • 初・村上春樹作品。

    《偶然の旅人》調律師と融点。
    《ハナレイ・ベイ》砂浜に固定された視点。
    《どこであれそれが見つかりそうな場所で》強がり。
    《日々移動する腎臓のかたちをした石》プロフェッショナル。
    《品川猿》かつて一人の少女だった女性と融点。


    どの物語も1mmたりとも誤解されたくない!感を出しているのに、時々「さぁ、どうかな?」なんてそぶりをする。

    「品川猿」は、ちょっとだけやさしい。

  • 久しぶりの村上春樹。
    村上春樹の小説を読むと現実と非現実の境がわからなくなる。でもそれが癖になる。
    短編集なのでさらりと読めます。

  • そのときはまた二人で、何かをひっ捕まえましょう

  • 偶然の旅人が特に好きです。


    どの話も、登場人物の言い回しが、とても好きです。

  • 短編でも村上春樹は村上春樹だった。
    プロローグは面白く、これから始まる物語に期待がもてたのだが、内容は「はぁ、やっぱりこういう感じか」という感想しかなかった。この人の文章はスマートだし、登場する人物、物、風景、音楽などなどがお洒落だし、ストーリーもユニークで突拍子もないから、確かに独特な世界観を持つ作者・作風だとは思うが。「村上春樹が好きな自分」が好きな人も沢山いるはずと思われ。

  • 内容はあっさりしているが、今この時代に本当にあるような不思議な話がさらりと美しい文章で書かれているので、お話のような実話のようななんとも言えない読みごこちでした。村上春樹、やっぱり文章上手いな。

  • 初!!村上春樹。
    何となく読まず嫌いをしていたけど、古本屋で見つけて表紙に惹かれたので読んでみようかなと。
    思っていたよりも分かりやすい文章で、読み易かったです♪
    中でも『どこであれそれが見つかりそうな場所で』と『日々移動する腎臓のかたちをした石』の不思議な感じが面白かったです。
    これを機会に長編にも挑戦してみようかしら

  • 借り物です。
    村上春樹は苦手だけど、これは普通に面白かった。

  • 物語として、なかなか面白い。

  • 読みかけて止まっていた洋書を久しぶりに読み進めていたのだけど、途中で疲れてやっぱり日本語に戻ってきてしまった(´・ω・`)世にも奇妙な物語っぽいまさしく奇譚集であるが、がっつり村上春樹ワールド。踊り場から消えた男性を探す“どこであれそれが見つかりそうな場所で”が好きかな。

  • すごくとっつきやすい村上春樹という感じ。
    村上ワールドの独特さはかなり抑えられている感じがする。普通の純文学。腎臓石の話とか。
    東京の下水道(地下世界)が出てきたのは村上春樹らしかったけれど。本当に地下が好きだなあと思った。
    特に品川猿は、たとえば妖怪モノのラノベとかにもありそうな展開だと思ったし、終盤の会話にはもう少し人物描写とか情景描写がほしかった。とはいえラノベとは違ってマジックリアリズム的に幻想が処理されていて、それはよかった。幻想と現実の融合。村上作品全部に言えることだけれど、これに成功しているのは素晴らしい。
    でも三人称小説より一人称小説の方がこの人は絶対に合う。

    一番面白かったのは前書き? というか最初の偶然の一致の話だった。著者自身の話と、ゲイの調律師の話。偶然の奇跡についてのゲイの人の見解に賛同する。

  • 五つの短編集

    題名の如く東京で起きるちょっと不思議な話

    納得のいく辻褄があるわけではないけども物語の落とし所が良質な気がします。

    舞台が東京ではないけども『ハナレイ・ベイ』が良かった。
    息子の火葬代をカードで支払う時の気持ちや、ズングリが女の子の落とし方をメモする所とか、なんか面白いと思えた。
    ボンクラコンビが見た片脚のサーファーは何だったんだろうと想像をかき立てられる。

  • 2009/07/18 購入
    2009/07/19 読了 ★★★★
    2016/11/25 読了

全634件中 1 - 25件を表示

東京奇譚集 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

東京奇譚集 (新潮文庫)に関連するまとめ

東京奇譚集 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京奇譚集 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京奇譚集 (新潮文庫)の単行本

ツイートする