1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)

  • 6343人登録
  • 3.85評価
    • (398)
    • (859)
    • (465)
    • (80)
    • (15)
  • 374レビュー
著者 : 村上春樹
  • 新潮社 (2012年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101001623

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20年の時が流れてやっと天吾の心にはっきりと
    カタチを成した青豆との時間とあの日の月。

    月のようにカタチや色合いを持ち、満ち足り欠けたりしながら
    存在する思考。その集合体。

    その実態の欠片を捕まえたと思えば、跡形もその形状の記憶さえも
    また謎となって霧のようにあやふやになる。

    そらに浮かぶ2つの月。
    マザとドウタ。
    リトルピープルとこの世界を繋ぐ通路となるドウタ。
    ドウタの目覚めとともに生まれたふたつめの月。
    ふたつめの月が映す心の影。

    そして天吾の目の前にはとうとう空気さなぎが。
    実際に私の目の前に突き付けられたかのような衝撃だった。

    原因と結果が、天吾自身の文章の成り立ちと
    等しくなる混乱と衝撃。
    ふかえりと天吾の意識と世界が
    混じり合い、溶け合い、分離する。
    ふかえりの意識、天吾の意識、それを取り囲む意識。

    天吾の胸に灯る仄かな光と温もりと決意。
    とうとう本当に物語がスピードを上げて動き出す気配に
    ますます惹き込まれ、胸は高鳴る。

  • はじめは、このエグさや不必要なんじゃないかと思う性描写が気になってイマイチな感じがしたけど、ようやく「やっぱ面白いんやー」と思ってきた。

  • これが世の言う「村上ワールド」なんだ。どちらも、2日以内には読了しました。面白いし、展開もいよいよ駆け足になってくる。

    「リトルピープル」とは? 「空気さなぎ」とは? 今、いる世界、「1Q84」とは? 
    決して、この小説の舞台は僕らの世界ではない。それは、「1Q84」だ。だが、もしかすると僕らの今の世界とは近いのかもしれない。
    様々な謎が解き明かされていく。しかも、決して退屈なペースではなく。
    こちらが微笑むようなな比喩や、しっくりくる比喩、そしてなかなか聞かない言い回しが我々読者を文章に陶酔させる。読んでも読んでも飽き足らない、村上ワールドが大展開される。
    特に、 BOOK2の後編はのめりこんでのめりこんでのめりこんでいく。目とページの距離が、心と1Q84の距離がぐんぐん小さくなる。
    まさに、「1Q84」は、現在の世界と「1Q84」の世界の跨線橋となって、読者を心躍らせる。

    続編は既に買った。そして、とてつもなく読むのが楽しみだ。

    *追記*
    「リーダー」は不定期的に発作の様な、全身のけいれんが起き、その時に巫女と交わる。また、「リトル・ピープル」の言葉も話しているらしい。持論だが、これは哲学者ソクラテスのてんかんをもとにしているのではないか。ソクラテスの場合は、「鬼神の声を聴いていたのだ」と言っていたらしく、これはソクラテスがリーダーの元ネタということだろうか。

  • 青豆に生き抜いてほしい!

  • あれー。3を未読なのに4読んでしまった。

    うーん、1.2の頃にはどうなるのだ?と興味がわいていたけどやっぱりハルキストではないせいか、うだうだ語りに辟易してきましたよ。。。

    気持ち悪い性描写が多いのもいやだ。。。

    救いたいのは自分の命か、愛しい人の命か。
    それも20年会ってもいないのに心の底で愛していた人の・・・という非常にロマンチックな設定ながら、男も女もやりたい放題しつくした上で肝心の運命の相手には純愛ぶるのはやめましょうよと言いたくなるようなこの、、、気持ちの悪さがあります。すみません。

  • 寡黙な一人ぼっちの衛生

  • 【青豆、と天吾は言った。僕はかならず君をみつける…。天吾と青豆、空に2つの月が浮かぶ1Q84年の世界で、2人はもう一度めぐり逢えるのか。深い森の中へ分け入るように、物語は続いていく】

  • 【明るい言葉は人の鼓膜を明るく震わせる】

    この文好きです。天吾が父親を見舞いに行った際に看護師さんに言われた言葉なんです。

    今、僕の祖父が入院してて昨日ちょうどお見舞いに行ったところなので、状況があまりに重なってしまって読み返しただけでなんだか元気になりました。



    青豆はリーダーを殺せたのか。

    天吾はふかえりを抱きながら眠るのか。



    起承転結でいう「転」なだけに激しく物語が動き出します。

  • 青豆と天吾は、なぜ1Q 84年に迷い込んでしまったのか。二人は果たして再会することができるのか。

  • 感想はBook1前編へ

全374件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)に関連するまとめ

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)の作品紹介

青豆に言わなくてはならないことがいくつもあった。しかし今ここで天吾にできるのは、ただ名前を口にすることだけだ。青豆、と彼は呼びかけた。それから思い切って手を伸ばし、空気さなぎの中に横たわっている少女の手に触れた。……天吾と青豆、空に二つの月が浮かぶ1Q84年の世界で、二人はもう一度めぐり逢えるのか。深い森の中へ分け入るように、物語は続いて行く──。

ツイートする