光る海 (新潮文庫 い 1-20)

  • 19人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 石坂洋次郎
  • 新潮社 (1969年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (640ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101003207

光る海 (新潮文庫 い 1-20)の感想・レビュー・書評

  • 石坂洋次郎の青春小説の1つ。大学の卒業式の場面から始まり、卒業生の中の数人のグループの卒業後の生活などが描かれるが、随所で出てくる、性や恋愛に関する話が、当時としては一世を風靡した作品だ。しかし、全く猥褻な感じはなく、おそらく現代の大学生でも、こんなに爽やかに性を話題にすることは不可能だろう。石坂洋次郎の作品は、必ずしも明るい内容ではない場合もあるが、その中にも、やはり若者の爽やかな強さというものが現れていて、すでに登場人物たちの年齢を遥かに超えてしまっている私が、ある種の憧れを抱いてしまう。

全1件中 1 - 1件を表示

光る海 (新潮文庫 い 1-20)はこんな本です

光る海 (新潮文庫 い 1-20)のKindle版

ツイートする