刺青・秘密 (新潮文庫)

  • 3120人登録
  • 3.69評価
    • (303)
    • (314)
    • (609)
    • (35)
    • (5)
  • 312レビュー
著者 : 谷崎潤一郎
  • 新潮社 (1969年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005034

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
三島 由紀夫
三島 由紀夫
安部 公房
坂口 安吾
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

刺青・秘密 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • やっぱり、美しい。そして、すごい。
    私と谷崎さんの出会いは7年ほど前の痴人の愛。
    その時に受けた文章の美しさに対する衝撃。
    やはりすごい。

    秘密が一番気に入った。
    谷崎さんは、椿姫などの外国文学のように、商売女を扱わない。誰もに潜む、しかし見栄があり認められない変態性を描き出す。つまり、普通の人の狂気だ。高圧的な上司に文句を言いながら、自分が上司になったら決断をしたり、部下の仕事の安定の責任を持つ勇気がないことを認められないといった心理のように。それをテーマに扱うことはすごいとは思うが、内容にそれほどの深さは感じない。ただただ、日本語の美しさ。それに尽きる。wikiの「耽美主義」の説明に同意する。

    怖いのは「少年」。サディズム。私は、サディズムなとこは少ないと思っていたが、この話を読んでいると私にもあるかもしれないと思えてくる。

    刺青の足をほめる表現が好き。

    家族へのゆがんだ感情についての「異端者の悲しみ」は、心に刺さった。私も一緒の境遇にいるから。160ページ周辺の自らがまず大人になると、父親の態度も変わり、自分自身の良心のとがめもなくなるのではないかなど。私も父親のことをなんとも思わないことを子供のころに思い、人間として失格なのではないかと悩んだことがあるので、よく気持ちがわかる。反抗して家を出ても、やっぱり戻るところがそこしかないといったところなど。自分の教養に自信を持ち、世間に非があると思ってしまうのも、多くの人が理解できる感情ではないだろうか。私が谷崎の特徴だと思っている、認めにくい誰もが持っている普通の人の感情だと思う。

    母を恋うる記は幻想的で、最後まで設定がよくわからない。少年が母を探して、海沿いの松原を歩いていく。途中から月が出てきたり、その情景の美しさがやはり谷崎。歩んでいくと、三味線を奏でる女が一人。それは泣いている母だった。母を探して長々と歩いてきた悲しみがあふれ、共に泣きだす。目が覚めると、自分は大人で、母は去年亡くなり、改めて涙を流す。これが綺麗な情景でなく何なのか?やはり谷崎は美しい。

  • 谷崎潤一郎の初期短編である"刺青(1910)"、"少年(1911)"、"幇間(1911)"、"秘密(1911)"、"異端者の悲しみ(1917)"、"二人の稚児(1918)"、"母を恋うる記(1919)"の7編を収録。フェティシズム、マゾヒズムの妖しい世界に溺れることの出来る作品集です。やっぱり、この谷崎ワールドは素敵すぎます。くわえて、文章に使用されている日本語が耽美です。ここまで突き詰めれば、変態趣味も芸術に昇華されるんです。短編でとても読みやすいので、谷崎文学に初めて触れようとするときにオススメです。

  • 処女作『刺青』からしてもう、谷崎潤一郎は谷崎潤一郎なのだなと思う。
    世界観が確立されている。
    『少年』『秘密』しかり。
    人の痛みを悦び、秘密に焦がれる性癖。

    だけどそれは異端なのだろうか?
    自身を異端者と書いているけれど、読む限りそれは異端者であるというより、異端の者になりたい、であるはずの自分だ。
    しかし、誰の心にもこのような世界があることを、彼は疑ったことはなかっただろうか?
    自分は皆と同じような真っ当な人間ではない、自分はほかの人間とは違う、だけど何者にもなりきれていない今は家族に無頼を気取り、友達には道化てみせる。
    普通じゃないですか?

    やはり、『刺青』『少年』『秘密』『幇間』あたりが、谷崎潤一郎でなければ書けない文章だろう。

    読みながら、なんとなく永井荷風を思い出したりもしたのだけど、谷崎潤一郎は永井荷風の大絶賛を浴びて文壇に送り出されたのですって。さもありなん。
    だけど永井荷風は一歩離れて対象物を見ているようなところがあるけれど、谷崎潤一郎は同化していきそうな気配がある。
    そこに違いがあると思った。

    で、実は『母を恋うる記』が結構気に入っていたりする。
    やっぱり異端者ではないよ思うよ。偽悪者ぶりっ子。

  • 『少年』の文章から漂うエロさは凄い

  • この本を手に取るのは、勇気がいりました。
    けど、読んでみてよかったです。
    「秘密」はとくにミステリアスでおもしろかった。

  • 「刺青」「少年」「幇間」「秘密」の前半4編は理解に苦しんだ。肉体上の痛みや恐怖が耽美への世界へ変わっていくのを自分でも認めようとはするのだが、それには変態的で官能的すぎる。はっきり言ってしまえばSMの世界なのである。解説ではそれを、能に見る「殺しの場」と同様、芸術的感激を与えるものだと言っている。

    自伝的作品といわれる「異端者の悲しみ」は一転、作者自身の魅力を知るのに重要である。作品を読む限りでは気違いのように思われる作者は実は、気が遠くなるほど真面目すぎた。少年から青年に成長する上での不徳を許されぬ罪としていつまでも背負い、自責を続け、逃げる場所もなくしてしまう。このような感情に覚えがある人もいるのではないだろうか。とにかく吐き気がするほどリアル。

    「二人の稚児」「母を恋うる記」の2編は非常に文章の綺麗さ・精密さが目立つ作品。

    代表作となっている「刺青」だけでなく、すべての作品に目を通して欲しい。

  • 刺青の章だけ読了。何とも形容し難い、本当の文章としてのエロティシズム、耽美主義であると思う。繊細な描写と語彙の選択のひとつひとつが艶めかしく、文章そのものが妖艶さを放っている。
    彫刻家(芸術家)の心描写とその生き様、生きる意味や意義を描くところはとても素晴らしい。

  • ・異端者の悲しみ

    主人公の中に何年か前の自分を見た。
    主人公のモデルは彼本人らしい。
    最近、もの書きというのはこういう一面を皆必ずと言ってもいいほど持っているものなのかもしれない‥と思う。

  • 谷崎潤一郎は「痴人の愛」と「春琴抄」しか読んだことがなかったのだが、これを読んで一つの発見をしたかも。
    それは谷崎小説に登場する男性が揃いも揃って変態的ということ。
    この作品で谷崎自身がマゾということも知ったのであながち間違いではないはず。
    「痴人の愛」も「春琴抄」もM男が大活躍するし。
    谷崎の凄さはその変態性を文章の美しさで低俗に感じさせないところにも一つあるのではないか。
    品のある艶めかしさが印象的というか。
    これが西洋だとエロばかりで下品になりがちだったりするけど。
    個人的には「異端者の悲しみ」が印象に残った。
    谷崎も中二病的な自伝書いたんだな、と微笑ましくなった。
    今ではあんなの通用しないだろうけど、やっぱり作家の自意識が生んだ作品は気になってしまう。
    結構やらかしてると思った。

  • 日本語の巧みさ、美しさを散りばめられた
    変態大谷崎の処女作であり、初めて読んだ本。
    背に大蜘蛛が彩られる情景の文には
    日本語の美で描く官能の色を感じさせられた。

  • 後の「文豪」谷崎潤一郎の初期作品集です。
    流石に早熟の天才だけあって実に読み応えがあります。
    『刺青』では絢爛な文体と共に女性崇拝、マゾヒズム、足へのフェティシズムなど晩年まで一貫している谷崎独特の世界観が処女作にて既に完成されている事実が分かります。
    非日常への怪しげな憧れを描いた『秘密』は語り口の上手さに引き込まれ、あっという間に読み終わってしまいました。ポーに傾倒していた谷崎は当時から純文学より通俗的であると一等下に扱われていた探偵小説にも理解を示していたのです。
    『少年』『二人の稚児』『母を恋うる記』は谷崎の少年の心理描写の巧みさを味わえます。
    中でも『二人の稚児』は後に源氏物語の翻訳を始めとした王朝ものを予期させる点でも興味深いです。
    また『母を恋うる記』はまるで泉鏡花のような幻想文学。テーマについては置いておいてそのロマンティシズム溢れた描写は見事の一言です。
    谷崎の面白さとはその特異な「空想」が「現実」を侵していくスリルにあると考えています。またその錯綜した「空想世界」に酔いしれるのもいいでしょう。その点では異色作である『異端者の悲しみ』はまるで谷崎らしさのない自然派文学のような暗澹とした作品。唯一読み切ることができませんでした。

  • エロスというよりマゾヒスト、フェティスト、覗き見、と妖しげな女性への美意識に足を突っ込んだ作品です。
     三つ子の魂百まで、といいますがデビュー作からこんな感じで突っ走ってる人ので、文科省推薦作家(教科書に載る作品を書く人)になるはずがなく、あえて自分から手を出さないと一生食わず嫌いで終わる可能性のある作家です(同じ類の大家に、永井荷風がいます)。
     とにかくノーベル文学賞候補に何度ものぼっ文章力は伊達でなく、’’天賦の才溢れる変態’’といったところでしょうか。この本の中では’’少年’’が好きです。これも妖しいですよお

  • 耽美というと昔はとにかく美しい世界、花や宝石や月や星、美男美女のめくるめく愛のようなものを想像していた。
    それも間違いではないのだが、実際は美の概念というものを考えさせられる世界だ。
    醜悪な姿や心やグロテスクなおどろおどろしい話、そんなものの内に美を見出すのはどういうことだろう。
    考えてみると、それが人間の理性を超えた世界だからかもしれない。
    倫理や秩序を超えた根源的な欲求、それを満たす陶酔や解放感を、美とあらわすほか言葉を知らないだけかもしれない。
    人間の本質は秩序からかけ離れたところにあるのかもしれない。

    この作品を読んでいて思い出したのが、映画「ブラックスワン」と「ドリアン・グレイの肖像」だった。
    そのどちらかが好きな人ならば耽溺できる世界観だと思っている。

    谷崎氏の文章の魅力はその放埓さと、絢爛な言葉遣いにある。
    「刺青」は最後の一文がいつまでもからだの裏側で冴え渡っていて、視覚の一部を盗まれたような心地がした。
    「秘密」もまたあやうくたまらなくエロティックで、極限までその期待とおそれとをふくらませてからの呆気なく残酷な幕引きが余韻を残す。
    やはり表題作のこの2点が印象として強い、と感じた。
    「少年」もまた無垢な残忍性から記憶に残る話ではあるが、好みから少しずれていたので、おそらく再読はしないと思う。

  • 面白かったです。描かれる倒錯した世界にうっとりしました。寂しさも感じつつ、耽美。「刺青」「秘密」「母を恋うる記」が特に好きです。「母を恋うる記」の月夜の情景が淋しくて美しかったです。終わり方も悲しくて好き。

  • 刺青が一番良かったです。
    時代物は、少し苦手。

  • 著者の作品をちゃんと読んだのは初めてでした。作品によって好き嫌い分れると思った。

    良い→刺青、異端者の悲しみ、母を恋うる記
    ちょっと無理→少年
    それ以外は普通

    刺青、母を恋うる記…物語そのものより文章や世界観を楽しむような感じですね。詩を読んでいるような感じ。
    異端者の悲しみ…これ(主人公)、自分の事なんだろうなとは思って読んでたけど割とこういった閉塞感も持っていた人なんだな?とちょっと意外でもありました。生きていれば誰でも感じうる息苦しさを思い起こさせる話。
    少年…好きな人多いんだろうけど、私は駄目でした。

  • 太宰に興味を持った高校時代、その派生で読んだ谷崎の本作。軽い気持ちで手を出すような代物ではなかった。

    人間の弱さとか見栄とか、色々な感情が描かれていて、高校生なりに「とんでもないものを読んでしまった」と思ったことを覚えている。

  • 刺青だけ読んだ。スタイリッシュなカッコいい小説という印象。

  • ☆4か5で迷ったけど、『異端者の悲しみ』が最高すぎて☆5。
    『刺青』は短いけれど、ドSをさらに上から行くドSが最高ってことをよくわかってらっしゃる。さらに最終的には開発して自分がドMになって喰わせるという、さすがタニジュン。こんな短い小説の中に、そんな要素をよく入れたなと。
    他、『少年』『幇間』もとてもよかった。最後の2本、『二人の稚児』『母を恋ふる記』だけ若干毛色が違ったかなと。『異端者の悲しみ』もだけど。

    谷崎は性倒錯とか、簡単に言えばド変態な世界だけど、面白いのはそこが理由じゃない。単純にエンターテイメントとして面白い。文章がうまい。そして面白い話は読みやすい。のめり込んで読める。
    最後の二本だけ読みにくかったなぁと思う。読みにくい作品はあまり好きじゃない。

    初期作品だと『麒麟』は収録されてないので、中公のシリーズで読みたいと思います。

  • 谷崎氏の変態さというか、性壁みたいなものを感じた。

  • 今年のプレミアムカバー、すてき!
    なんかエロチックな感じ笑
    別に直接何かが書いてあるわけでもないんですけど…
    文体かな?読みやすいけど独特でした。

  • 「文章読本」を入れれば三冊目の谷崎潤一郎。収録されている順に「刺青」「少年」「幇間」「秘密」「異端者の悲しみ」「二人の稚児」「母を恋うる記」がある。印象的だった順では、「母を恋うる記」月明かりに照らされた浜辺の松並木の描写がただただ幻想的。音の描写も綺麗で、こんなに美しい文章は久々ー「異端者の悲しみ」主人公の最低さに読んでいて胸糞が悪くなったが、逆に自らをここまでクソ野郎に描ける一種のサドマゾヒズムは他の作品と通ずる部分があるー「少年」少年らの嗜虐性に満ちた禁断の遊びを見てしまった、という背徳感が印象的ー「幇間」太鼓持ちが誑られていると知りながらも馬鹿を演じる最後のシーンが好きー「刺青」短いながらも艶やかで蠱惑的、誰もが狂っているー「秘密」一番理解に苦しんだが、男性の刺激を求める姿には自分を重ねてしまったー「二人の稚児」情欲に溺れた稚児と仏道に身を捧げる稚児の対比を描いた作品。人間の影の部分を鋭く描く作者では右に出るものはいないのではないか。

  • (2016.06.29読了)(2002.04.20購入)(1991.08.10・46刷)
    『細雪』を読んだついでに、手に取りました。
    明治42年から大正8年までに書かれた7つの短編が収録されています。
    自虐的なもの、被虐的なもの、退廃的なもの、純なもの、など、特異な世界が繰り広げられます。これらの作品に比べると、『細雪』は、ずいぶんとまともな日常が描かれているようです。それでも、『細雪』の洪水の場面とか、台風の場面とか、病気の場面は、特異な状況と言えそうです。谷崎は、こういった特異な場面に才能を発揮したのかもしれません。

    【目次】
    刺青
    少年
    幇間
    秘密
    異端者の悲しみ
    二人の稚児
    母を恋うる記
    解説  河盛好蔵

    ・刺青
    清吉、刺青師、奇警な構図と妖艶な線

    ・少年
    萩原の栄ちゃん、尋常四年、蛎殻町二丁目、
    塙信一、同級生
    仙吉、上級生、餓鬼大将、いじめられ役、
    光子、信一の姉、

    ・幇間
    幇間の三平、元兜町の相場師、桜井、
    榊原の旦那、
    梅吉、芸者、催眠術、

    ・秘密
    Mr. S. K.、女装、
    T女、上海旅行、

    ・異端者の悲しみ
    間宮章三郎、八丁堀、裏長屋、独り言、文科大学学生、
    お富、妹、病気、
    父親、
    母親、
    お葉、叔父の娘、
    鈴木、茨城県の豪農の息子。五円、
    法科のS
    工科のO
    政治科のN
    芳川、医者、

    ・二人の稚児
    千手丸、十五、近江の国の長者の子、比叡山、女人禁制、
    瑠璃光丸、十三、少納言の若君、
    「お前たちは、よくよく仕合せな身の上だと思わなければなりませぬぞ。人間が親を恋い慕うたり、故郷に憧れたりするのは、みな浅ましい煩悩の所業であるのに、山より外の世間を見ず、親も持たないお前たちは、煩悩の苦しみを知らずに生きてこられたのだ。」(194頁)

    ・母を恋うる記
    潤一、七つか八つ、
    「天ぷら喰いたい、天ぷら喰いたい」

    ☆関連図書(既読)
    「痴人の愛」谷崎潤一郎著、新潮文庫、1947.11.10
    「細雪(上)」谷崎潤一郎著、新潮文庫、1997.04.10(1955.10.30)
    「細雪(中)」谷崎潤一郎著、新潮文庫、1997.04.10(1955.10.30)
    「細雪(下)」谷崎潤一郎著、新潮文庫、1997.04.10(1955.10.30)
    「鍵・瘋癲老人日記」谷崎潤一郎著、新潮文庫、1968.10.25
    「源氏物語 巻一」紫式部著・谷崎潤一郎訳、中公文庫、1973.06.10
    「源氏物語 巻二」紫式部著・谷崎潤一郎訳、中公文庫、1973.07.10
    「源氏物語 巻三」紫式部著・谷崎潤一郎訳、中公文庫、1973.08.10
    「源氏物語 巻四」紫式部著・谷崎潤一郎訳、中公文庫、1973.09.10
    「源氏物語 巻五」紫式部著・谷崎潤一郎訳、中公文庫、1973.10.10
    (2016年7月2日・記)
    内容紹介(amazon)
    肌をさされてもだえる人の姿にいいしれぬ愉悦を感じる刺青師清吉が年来の宿願であった光輝ある美女の背に蜘蛛を彫りおえた時、今度は……。性的倒錯の世界を描き、美しいものに征服される喜び、美即ち強きものである作者独自の美の世界が顕わされた処女作「刺青」。作者唯一の告白書にして懺悔録である自伝小説「異端者の悲しみ」ほかに「少年」「秘密」など、初期の短編全七編を収める。

全312件中 1 - 25件を表示

刺青・秘密 (新潮文庫)に関連するまとめ

刺青・秘密 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

刺青・秘密 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刺青・秘密 (新潮文庫)の単行本

ツイートする