細雪 (下) (新潮文庫)

  • 1385人登録
  • 3.85評価
    • (168)
    • (115)
    • (232)
    • (5)
    • (2)
  • 125レビュー
著者 : 谷崎潤一郎
  • 新潮社 (1955年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005140

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
夏目 漱石
川端 康成
有効な右矢印 無効な右矢印

細雪 (下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • はぁー面白かった! あらすじから受ける印象とは比べ物にならない面白さだった。下巻後半になると上巻にあったおっとりした雰囲気が消えることもあり、ほぼ幸子視点で妹二人に気を揉み続け。途中で「ちょっと待てよ」と我に返る隙も与えられず、妙子の行状が明らかになるシーンでは幸子同様にショックを受けてしまった。『細雪』は閉じた人間関係の不健全さを流麗に描いて傑作なので、日本の美とか興味なくてもどろどろホームドラマが好きならおすすめ。

    それにしても妙子。有能なのに人の気持ちに興味がなくて、それでおかしなことになり、姉さんたちも妹がかわいくて波風立てたくなくて、きちんとフィードバックを返さないために事態を拗らせて。家族って互いの短所を強化してしまうところがあるから怖い。

    最後のあれは、聖女を人間の女に引きずり下ろしてるんだな、と思いました。

  • だいたい1930年代後半~40年代初頭を舞台にした、芦屋の金持ち四姉妹の話。船場老舗商家の蒔岡家。主人公姉妹の父の代までは豪奢に暮らしていたが、晩年には既に経営は傾いていたようで、父の死後は後を継いだ長女の婿が店をたたんでいる。妹たちはそれが面白くなくて、他にもいろいろ(非理性的なものも含めて)理由があって妹たちはこの義兄とはあまり仲良くない。
    長女(40くらい?)の婿は銀行員。この夫婦は「本家」。子だくさん。転勤で東京渋谷に引っ越す。
    二女(30後半?)の婿は会計士。この夫婦は「分家」。芦屋に住む。娘がひとり。
    三女(30ギリ前半くらい)と四女(ギリ20代くらい)は未婚。本家と東京が嫌いなので分家に住んでいる。
    多くが二女視点で書かれていて、三女のなかなかうまくいかない見合い、四女の奔放な恋愛沙汰、それらの監督責任を本家から問われるかも、といったことに悩みながら、ピアノを弾いたり芝居を見たり鯛を食べたりお買い物をしたり習い事をしたりして暮らしている。専業主婦ね、と思うなかれ、主婦業は当然、女中のお春どんやらお久どんやらがやるのです。
    「これは当時の最高級品だった」とか「これを当時持っていた家庭は数パーセント程度だろう」とか、そういう巻末注釈ばかりふられる生活の描写。
    四女が丁稚あがりの男と恋に落ちようものなら「あれはまったく種類の違う人間だと思っていたからそんなこと想像もしなかった、まさか蒔岡家の娘がそんな、」と慌てふためく。

    …と、こう冷静に書くとなかなかいけすかない女たちのようにも思えるのだが、読んでいる間は不思議とそんなふうには感じなくて、結局「お嬢さん育ちで人が好い」ということなのか、作者の筆力ですっかり芦屋ライフに引き込まれているからなのか、いろんなエゴも「人間臭くて共感できる」というくらいに感じられる。
    戦争はどんどん激しくなるのだが、洋裁の修行のためにパリに洋行したかったけど危ないなとか、お隣さんだったドイツ人家族が帰国していったけど達者だろうかとか、あまり華美にするとやかましいご時世だから父の法事を盛大にできなくて寂しいとか、婚礼衣装を新調できないとか、恒例の花見でいつも行っていた料亭は今年はやめねばとか、、、切迫感に欠ける。

    何が面白かったか、と聞かれるととても難しい。でも面白かった。映画を先に観ていたおかげもあるだろう。そしてこの、起伏のない長編を、市川崑はきれいに映画にしたもんですね。すごいなー。
    原作のほうもまた最後の終わりかたがねー。そうやってこの長編を終わるんか!っていう。やってくれる。(別にどんでん返しとかじゃないですよ。)

  • 美しい4姉妹の物語。義理の兄までもが大きく巻き込まれて縁談の話をまとめるために奔走する時代が、そう遠くない昔にあったのだということにまず驚きました。それに関わって、あれこれ思い悩む次女の心中が細かく描かれています。
    あれこれ思い悩むことがあると、こんなに悩んでいてはいけない、と思ったりもしていましたが、悩むだけ悩んで、人にも相談して、よりよい対策を練るという手順を踏んで日々の生活を送ってもいいじゃぁないかと思えるようになりました。
    これは、名作と言われる本書の本道の読み方ではないかもしれませんが、読んでよかったです。
    神戸育ちなので、地名や駅名がわかって頭の中で風景を想像できるのも楽しく、また姉妹の関西弁が頭の中に自然にはいってくるので、関西を離れて暮らしている自分にはとても懐かしいような心の落ち着く文体でもありました。

  • (旺文社文庫特製版)
    中巻読み終わった辺りから忙しくなって、2週間くらいずっとなかなか読めん日が続いたんやけど、7月入ってからやっと一気にばーっと読んだ。

    3巻通して面白かった。下巻だけで言うと雪子(橋寺の件)妙子(こっちはもう言うまでもない)まじおまえらなんなんていうくらいの展開で精神的には中巻のあの水害よりも修羅場やと思った。幸子の心臓もたんのと違うか。
    幸子視点やけん、雪子妙子の心情は幸子の想像なんやけど(鶴子もじゃ)、実際のところ何考えとんて思った。妙子の本心は結局分からんままでちょっともやもやするわ。進歩的なフリやったのか、気持ちはそのつもりやけど…とかなのか。
    幸子は結局ずっと狂言回し的な役割で、自分が中心になることはほとんどないのに、間近で大変なことが起きたり板挟みやったりと、ほんと苦労人気質やわ。
    そうそう、下巻の最後の方でようよう鶴子の心情なんかも見えてきたりしてそれも面白かったよ。3人だけで遊びに行くって言われたら寂しいよ。

    これから本格的に戦争に入っていくくらいの時期で、華やかで優雅な彼女らのお話はここでおわっとくのが一番ちょうどいいやな。雪子のあのラストはすごく好きです。

    6月30日に、西宮に遊びに行ったついでに神戸文学館に行ったんやけど、細雪でいっこのコーナーができてたー。きちんと読み終わってから見たかったな。西宮への道中、作品の中で見知った地名の駅に停まったりすると内心興奮してしまった。

  • 雪子の縁談はまとまるのか、妙子は多くの問題を引き起こしながらどうなるのか。

    船場、蘆屋、京都といった幸子家族の暮らす関西地方、妙子の暮らす名古屋、鶴子家族の暮らす東京と主に幸子の移動に伴い舞台を移しながら物語は進む。
    巻末の注解も詳しくされているため、関西や東京の地理に疎い読者でも情景を思い浮かべやすく書かれている。

    妙子の奔放というよりは寧ろ、厚かましいに近い行動に眉をしかめつつ、一家にひとりはこういった人物は欠かせないと面白く読んだりする。

    谷崎潤一郎による回顧といった文章や、磯田光一さんの解説もわかりやすく、余り谷崎潤一郎に詳しくないわたしにも興味を持って読むことが出来る。

    この作品は、栄華を誇った上流家庭が、父親の死後衰退していく没落の美学といったものを感じさせるのみならず、物語に併せ奇しくも戦況厳しくなり、敗退へとまっしぐらの日本と重ね合わされてくる。

    戦中であっても市井のひとびとの日常は、華美を控えつつも悲壮感漂うといったものではない。戦争を知らないわたしたちの思うよりもずっと普通の暮らしを送っている。
    有吉佐和子さんや宮尾登美子さんの作品でも、何ら変わりない毎日を送るひとびとが描かれており、食べるものもなく生きることに必死といったイメージを覆される。

    終わり方も、めでたしめでたしでも涙溢れるというでもなく、あくまで人生のひとつの章が終わったといった形であるところが、これからの四姉妹の人生をあからさまに示すでもなく想像を許す余裕があり、読者それぞれの読み方でその後が感じられる。

    いつか読もうと思い、読む前は険しい山を登るように意気込んでいたけれど、時間を忘れて谷崎潤一郎の世界に引き込まれる読書だった。

    戦中、時代に即さないと軍からの圧力を受けながら、谷崎潤一郎はどんな思いで書きつづけたのだろう。作家の意地とも矜恃とも言える強い思いで書いたであろう「細雪」は、そんなことは微塵も感じさせない美しくたおやかな一冊だった。

  • 中巻でだいぶ妙子を応援したい気持ちになっていたので、下巻はなんだかショックが大きかった。そういえばこれまでずっと幸子の目線で書かれていることもあって、妙子の言い分がすべて本当かはわからないぞ、と思いつつもいつの間にか幸子の「身びいき」に無意識にこちらまで引っ張られていたのだと読んでいて気が付いた。啓坊嫌いだけどちっとは同情する。雪子がズバッと妙子に物申すところはただの内気なお嬢様ではない一面が垣間見れて印象深い。
    いつかは雪子も妙子も嫁に行くだろうというのはわかっていたことだけれど、そこがちょうどこの物語の幕切れというのがまた…。バラバラになった姉妹はそれぞれどんなその後を送るのだろう。戦争がこれから本格化するというのも気になるところ。幸子は二人の妹が家を出て喪失感は味わうだろうけど、頼りになる夫がいるので細々と幸せに生きそう。でも雪子と妙子は…あまりいい未来が想像できない。

  • 読み進めようと思っても、この物語の起伏の少なさのためかなかなか手が伸びず、
    かといっていざ読み始めてみると何となしに読み続けてしまう、
    そんな不思議な小説だったように思います。

    優美で品のある関西の上流階級の習俗。
    それが時局の変化とともに変わりゆく様子が幸子たち4姉妹を通して描かれており、全体に僕はもの寂しさを覚えました。

    日本語の勉強にもなったように思います。あーこの言葉ってこんな漢字で表せるんだ、こういう表現があるんだ。とか。

  • 鶴子、幸子、雪子、妙子の四姉妹の物語だが、ほとんどが次女の幸子の視点で語られており、幸子の住居のある蘆屋を中心に話は展開していき、長女の鶴子は当初大阪に住んでいて、物語の前半で東京に転居するため、鶴子の登場場面は少ない。
    良いとこのお嬢さんたちの話であり、歌舞伎を見に行ったり、高級料亭で食事するなど、その暮らしぶりの描写に階級の高さが垣間見える。
    私は男性なので、それほど関心が持てない話ではないかと思っていたが、予想以上に引き込まれる物語であった。私は神戸市に住んでいるので、馴染みのある地名が数多く出てきて、場所のイメージがしやすかったということもあるが。
    雪子のお見合い話、阪神大水害に遭遇する話、板倉と妙子の間の出来事、雪子の再度のお見合い、妙子の病気、雪子の再々度のお見合い、妙子の爆弾発言とその顛末、といった大きな出来事が次々と起こり、最後まで読者を退屈させない。
    この物語の根幹にあるのは、当時の日本に重く存在していた「家」中心の考え方。雪子や妙子の結婚相手には、家柄、階級というものが何よりも重要視されているなど、当時の人の生き方において、いかに「家」や「家族」が大きな存在を占めていたかを感じさせる作品だ。
    幸子、雪子、妙子の三人の性格の違いも印象的である。
    幸子は家のことを第一に考え、家族思いな日本の平均的な女性。
    雪子は、大人しくて控えめで、外では自分の意見を言うことができない、内向きな、古いタイプの女性。
    妙子は、活動的、開放的で、自立した、新しいタイプの女性。
    面白いと感じたのは、鶴子の夫の辰雄も、幸子の夫の貞之助も、雪子のことは大事に思っているが、妙子を疎んじていること。雪子のような女性が当時の男性には受けが良かったのだろう。
    幸子は、雪子にも妙子にも、その行動にイライラさせられるのだが、それでも二人のことを憎むことができない。性格は大きく違う姉妹だが、お互いを理解し合って、尊重しており、強い絆で結ばれている。
    三姉妹が離れ離れになるラストの場面には、そぞろに淋しさを感じた。

  • こういう終わり方なんですね、覚えてない、、、
    まぁさておき意図的なものだったらちょっと鳥肌もんですが、ほかの作品とかも見るにどうもそうでもないような気がする。時代に逆らってないんじゃないかな、この作家。無理言うなと言われること必至ですが、だからこそ余計に残念感が募るというか何というか。
    まぁそれは横においても特に雪子・妙子の描写がしつこくて若干ええ加減にせい、と突っ込みたくなる。ちょっと時間の感覚が現在とは異なるってことかな?

  • 上巻、中巻は絵巻物らしい風光明媚さが際立っていたようだったが、下巻は四姉妹それぞれの駄目なところというか、人間らしい至らなさが目につく書きぶりであったと思う。
    姉妹の中でもわけてイデア的な存在だった雪子も最終行において、風に散った桜が地面に落ちたような、現実感を示されて物語が終わる。

    まさに「物語」という感じ。今は古典とされるものも、当時読む人にはこの作品のような活き活きとした情景や心情のもとで読まれたのだろうなあということに思いを至らせるような。
    面白かったです。

  • 読了に先立って、先般放映されていた映画版を見ていたので、そちらの大団円的な幕引き(貞之助を除く)に比べて、なんと不穏な印象が残る結末だろうか、と思った。最後の一文が下痢のこととは。。。

  • 作家が、戦前~戦中~戦後の時局下で書き続けた、強い反戦の思いがこもった作品、という解説の手引きを受けて読むと、作品が理解しやすいように思われた。

    作品の読後感は、耽美的、叙情的な美しい作品かという先入観より、はるかにデモーニッシュであり、一部グロテスクにも感じた。これば主に四女妙子を中心に展開する大洪水や赤痢罹患、男性関係などからの印象だが、進歩的で才能もある彼女が、四姉妹の中でだんだん鬼っ子のように、自己抑制も効かず変化していく様は、台頭していく軍国主義と重ね合わされているのかもしれない。

    一方、大洪水の場面の息をのむ迫真の描写もすごいが、三女雪子のお見合いをめぐって、二女幸子が様々な気配りや段取りを考えるところなど、複雑な状況や分析、人物のそれに対する内心、つまり「その間の事情」を仔細に十二分に語りつくし、綿々と続く文章も息をのむように美しい。作家が源氏物語の現代語訳を完成した影響といわれていて興味深い。

    さらに、舞台の神戸らしく、外国人家庭との交流も描かれ、大戦に巻き込まれていく世界の状況も描かれる。最後は晴れて縁談がまとまり、上京する雪子だが、下痢が止まらないとは妙子の赤痢などを思いださせ、明るくない将来を暗示しているのではないだろうか。

    作家が愛し、描きとどめた古からの上方の風物、そして焼け野原で敗戦を迎える前の東京の文化。
    一体戦争に関連して亡くなる人の中に、「なんでこんなことに!?」と思わない人はいるのだろうか?
    繁栄を極めたあとの閉塞感、現代は「細雪」の時代に似ているようにも思われ、たいへん心配だ。

    原作を読んでから、市川崑監督の同名映画も、映画のもつ時間的制約を逆手にとり、思いきった取捨選択でまとめていることがわかった。作中の一文を巧みに捉えたシーンや、オリジナルで加えられた台詞、場面など。映画は比重として雪子のお見合いをめぐる美しい風物詩がより強く印象に残る。公開から早くも20年以上になるようだが、映画ならではの映像美、音楽、主役どころはもちろん脇まで豪華な俳優陣の名演技をとどめ、もうなかなかこんな映画はとれないのでは、とこちらも記念碑的作品に思われる。

  • 上流社会の家庭の日常、事情をつらつらと描いているだけのことである。しかし読むうちにその家族の一員あるいは傍らにいる者になって気にかけずにはいられなくなる。四季折々の花、風景、衣装を思い浮かべながら読み進む。なるほど絵巻物だ。職業婦人、自由恋愛が当たり前の現代に通づるものがある。

  • 70
    中買い忘れ。
    当時の生活感とかがわかった。

  • いやぁ、やきもきさせまくった上に、最後はこうでしたか・・・
    一種の反則技のような気もしますが、
    「これでいい」とか「これがいい」とか「これだからいいのだ」とか思ってる人も多いんでしょうか・・・
    上中下で、すごいページを読んだと思うのですが、飽きもせず楽しめたのは事実です。

  • 雪子の縁談がようやくまとまるが、妙子はバーテンダーとの間に子どもを授かる。そのことで
    啓坊を諦めさせてできちゃった婚に仕向けようと画策するが、死産に終わる。
    雪子はようやく結納や結婚へと着々と事が進むが下痢にかかって終わるという。なんという終わり方や笑。

  • 最後の最後、下痢だなんて。
    谷崎さん、いいなぁ。
    嫌いじゃない。

  • 展開が気になってついに読了。数十年を経て三度目。
    三度目とはいえ、引き込まれる内容だし淡々としていてもなお、趣深い文章だし感情移入できる箇所もあるけど舌を巻くところもあったりでとても楽しめた。
    最後のシーンは印象になかったけれど余韻ということを考えればあれでよかったのでしょうね。

  • (2016.06.21読了)(2013.01.25購入)(2009.09.10・94刷)
    下巻も幸子さん、雪子さん、妙子さん、の三姉妹を中心に話が進みます。
    雪子さんは、見合いの話が、次々と舞い込みました。妻に先立たれた男やもめたちでした。女性が三十を過ぎたら、相手は、四十過ぎの男になってしまうんですね。雪子さんは、三十三歳の厄年です。
    最初の二つはうまく行きませんでした。電話が苦手とか、話の受け答えが、あまり上手ではないようです。子どもの相手をするのは得意そうですが。
    妙子さんは、板倉さんが亡くなった後、奥畑啓三郎さんとよりを戻したかのようです。啓坊が、家を出されてばあやと住んでいるので、慰めているのだとか。
    妙子さんが、啓坊のところに行っているときに高熱を出して寝込んでしまいます。赤痢にかかってしまったようです。女中のお春さんに電話がかかってきて、事の次第がわかりました。
    なかなか回復しないので、知り合いの病院に入院させて、専門の看護師をつけ、雪子さんも泊まり込みで看護した結果何とか治癒したようです。
    啓坊のところで、しばらく厄介になったので、お礼に伺って、啓坊のばあやに聞いた話によると、妙子さんは、ずいぶん啓坊にお金を使わせていたようです。着る者やらアクセサリーやら買ってもらうとか、朝から夕方まで入り浸って、食事もさせてもらっていたとか。
    妙子さん本人に言わせると、自分でお金を稼いで、そのお金で暮らしているし、パリを行くための貯金もしている、というような話だったのですが。
    最近は、人形作りもしてないし、洋裁学校にも通ってないし、さらには、バーテンダーと付き合っていて、啓坊ともめているとか。
    美容室の方が、アメリカに行ってくるとか言って、神戸の美容室をたたむけど、雪子さんの嫁入り先が決まらないのが心残りということで、華族との見合い話が持ち上がりました。見合いは東京でということで、幸子さん、雪子さん、妙子さんで上京します。
    洋装好きの妙子さんはどういうわけか最近は、和装で過ごしています。東京への移動のあとも、ずいぶん疲れているようです。
    読みながら、ひょっとして! とか思っていたら、妊娠していました。
    啓坊とすっぱり別れるために、バーテンダーと作ったのだとか。
    雪子さんの結婚がほぼ決まったので、妙子さんの妊娠は隠しておかないといけません。有馬温泉にお春と行かせます。
    妙子さんは産み月を迎え、無事出産と行きたかったのですが……。
    雪子さんは、華族と結婚という運びなのですが、結婚式の前に物語は終わってしまいました。
    蒔岡家の四姉妹の幸せを祈りたいのですが、太平洋戦争前夜で、物語は終わっているので、だれか続編を書いてくれないかなあ、と言ったところです。
    まあ、曲がりなりにも、雪子さんも妙子さんも結婚相手が決まったという形で、物語は終わっているので、作者としては、もはや書きようがなかったのかもしれません。
    不安を残しながらの終わり方は、これから太平洋戦争下の話になるので、やむを得ないのかと思います。

    菅野の姉、大垣の豪農、義兄の長姉、
    沢崎、名古屋の素封家、
    井谷、美容院、
    丹生夫人、
    橋寺福三郎、医学博士、大阪・天王寺、東亜製薬・重役、
    御牧子爵、建築設計、
    三好、バーテンダー、

    ●奥畑の婆やの話(216頁)
    婆やが話したことのなかでお春がいちばん意外に感じたのは、ここ数年来、妙子は大部分奥畑の経済的支持に依って生活していたという事実で、分けても去年の秋から此方、甲麓荘でアパート暮らしをするようになってから以後は、ほとんど毎日、朝早くから、と云うのはつまり朝飯を食べる前から、奥畑方に遊びに来、三度の食事を西宮の家で済まして、夜遅く、ただ寝泊まりをするためにだけアパートへ帰った、だから... 続きを読む

  • もともとこの作品は美人四姉妹の日常を描いたものなので、物語の完結ではなくちょうど一区切りという形で終わってます。文庫裏表紙のあらすじが完全にネタバレなのが気になりますが、雪子と妙子の明暗がくっきりし過ぎてて居たたまれない気分になりました。谷崎氏は妙子みたいな女性は好きじゃないのかな……確かに昭和の時代の型にはまらない生き方だけど。
    上巻と中巻は作者が男性なのに作品の中の女性たちに違和感なく読めるなーと思ってたのですが、ここへきて周りばかりに骨を折らせて自分はただどっしり座ってただけの雪子が丸く収まって幸せになるのがなんかなぁと思いました。はっきり自己主張をしない女性こそ大和撫子だった時代なんだなと思いました。
    雪子と妙子がどうとかじゃなくて、それぞれに幸せを掴んで欲しかったなと思うわけです。あまりに長い作品だったいつの間にやらすっかり感情移入してました。
    もっとも雪子の電話対応にはアンタ一体いくつだよ!ってツッコまずにはいられませんでしたが。

  • 禁じられても書きたかった、遺さんとして。

    そんな終わり方!?と驚きつつ、谷崎がどうしても書きたかった、上に睨まれても書き続けたことに思いを馳せる。震災があって、戦争になって、そして戦争が終って、どんどん変わっていく日本の人々。「正しい」ことも、「間違っている」ことも、「ここ」にはあったのだと、そしてそれを愛した人がいたのだと、伝えたくて。

    誰が一番幸せなのか、それはわからない。妙子はまた翻弄されながら、もがきながら、それでも突き進んでいくのだろう。雪子は静かに、しかし頑固に自分の道を行くのだろう。二人の妹はどうにか縁付いたといえど、幸子の苦労は絶えないに違いない。東京の鶴子と幸子の心の距離は遠ざかるのか、近くなるのか。この先を想像することは難しい。四姉妹の運命がどう転ぶかはさっぱりわからない。この物語は1941年の4月で終わる、つまり、まだ太平洋戦争開戦も敗戦も迎えていないのである。

  • ラストがあっけなくて、つまらなくなった。

  • 私としては、谷崎の日常系は笑える と思っているので、
    本当にこの三冊をおもしろく読みました。
    みなの人柄が手に取るようにわかり、
    いろんな気持ちになりながら。

  • 先に読み進めたいという気持ちと、終わりを迎えたくないという気持ちが交差しながら読み進めていった。特別なストーリー展開がある訳ではない。比較的裕福である蒔岡家の4姉妹(中心は3姉妹)の日常生活が、次女幸子の目を通して彼女の心の動きとともに語られていく。読者によっては、どの家庭にもある普通の日常がそのまま淡々と語られていく形にはついていけないかもしれないが、自分にはその日常さにあって、主人公たちの心の動き、考え方や感じ方がここまで現実味を持って書かれている作品にはなかなか出会ったことが無かった。特に、自分の育った環境が、芦屋ではないものの、関西であり、ある意味対面を重んじ過ぎたり、自分がどうしたいかよりも、世間様がどう思うかという事を考えすぎる文化、社会に触れたことのある者としては、ここの描かれている蒔岡家4姉妹達の思考回路が手に取るように感じられ、その内に、あたかも彼等が自分の親戚であるかのような思いすら起き始めていた。

  • ふんふん言いながら見合いを重ね無碍に断られる雪子が可哀相になるが、諦めずやるしかないし、かと思えば妙子は男関係がだらしなくて勘当。幸子は頭を悩ませながら、夫の助けを借りて乗り越えていく。夫は頼りになるようで何の役にも立つてないような。信じ合えば救われるのも夫婦。後書きで当時は雑誌に載せられなかったと知った。

全125件中 1 - 25件を表示

細雪 (下) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

細雪 (下) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

細雪 (下) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

細雪 (下) (新潮文庫)のKindle版

細雪 (下) (新潮文庫)の文庫

細雪 (下) (新潮文庫)の文庫

ツイートする