人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))

  • 14849人登録
  • 3.70評価
    • (1717)
    • (1792)
    • (3114)
    • (241)
    • (66)
  • 1874レビュー
著者 : 太宰治
  • 新潮社 (2006年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006055

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 太宰の思想と人生、祈りが色濃く反映された
    自伝的小説「人間失格」。

    「恥の多い生涯を送って来ました。」
    あまりに力強いこの一文だけで圧倒される。

    人生の本質や普遍的な人間の罪、弱さ、
    愚かしさ、美しさ、愛情、恐怖を
    すさまじいまでの集中力で落とし込み
    苦悩と解放の間でもがき書ききった太宰。

    根拠のない自己肯定のできる人間たちに戦慄し、
    傲慢の醜悪さに苦い思いを抱く。

    苦しみから逃れ、享楽的に生きることの
    愚かしさを人生を持ってして示し、
    暴力的な時代への嫌悪を嘆き、
    実体のない世間へと祈りを込めて矢を放つ。

    麗しくも恐ろしきは浮世なれ。
    人の世を憂い、時代に絶望しながらも
    それでも生涯求めてならなかった人間への
    長い長いラブレターに思えた。

  • この男はヒドイね、ほんとダメだね。
    超ネガティブ、超後ろ向き。
    でも、超純粋で超ナイーブなんだなぁ、きっと。
    女性にもてるのは解る気がします。
    放っておけず、あなたを解かってあげられるのはわたしだけ、と錯覚させてしまう魅力はあるよね、なんか。

    太宰の自叙伝といわれる遺作、底知れぬものを感じます。
    巻末の解説がまたすごい。
    他の太宰作品未読のわたしには深すぎる・・・
    確か高校のときに読もうとしてあまりの暗さにやめてしまった気がするけど、あの頃のわたしにはこれは読めないわと思うのであります。

    何で突然太宰治なのかというと、今年の読書目標として
    「月にひとつ、文豪の作品を読む」と決めたからです。
    今まで気になりつつも、なかなか手を出せなかった領域に踏み込んでみようと。
    そして、誰のどの作品を読もうかいろいろピックアップしているうちに今月も終わりに近づき、いちばんメジャー感のある「人間失格」を手にしたという次第です。

    文豪(あくまでわたしの考える)って、誰を読んだっけ?と考えると
    芥川龍之介や宮沢賢治は児童文学で数作品読んで、あとは夏目漱石を読書感想文の課題で読まされたくらいか。
    吉行淳之介はあんまり文豪ぽくないけどけっこう好きで何冊か持ってます。
    あとは現代の文豪村上春樹とかね。
    外国文学となると、ミステリーか児童文学ばかりだしな。

    そんなこんなで読んでみたい文豪作品リストがずいぶん長くなったので、数年かけてぼちぼち読んでいけたらいいなぁと思います。


    「人間失格」ハマリはしないがおもしろかったです。
    一度で理解できたとは到底思えないけど、読み終わって改めてこうして感想を書いていると何かがじわじわ来る。

    “ただ一さいは過ぎて行きます。 
    自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来た所謂「人間」の世界に於いて、たった一つ、真理らしく思われたのは、それだけでした。”

    ラストの無常観はすごい。

  • 人間失格、読んでいなかったのである。
    ひねくれ者の私は、あまりにも有名な「恥の多い人生を送ってきました」を読む機会を逸して、今の今まで読めずにいたのである。

    しかし、読んでみて「ああ、やっぱり凄いなぁ」と思った。
    もしこれを私が高校生のときに読んでいたら、間違いなく今よりずっと太宰ファンになっていただろうと思う。
    逆に言えば、今の私はこれを、一歩引いて読んだのかもしれない。

    この本の感想を一言で言うと、「憐憫」。物語として、お話としてのきれいな哀れみ。
    途中途中で心臓をぎゅっと締め付けられるような描写や気持ちは、たくさんあった。「ああ、自分と同じことを思って生きている人がいる・・・」というような。
    しかし、それ以上に、太宰は悲しいくらい芯から道化だったのだな、という思いのほうが全てを読み終えた今では強い。
    それは物語の冒頭の「恥の多い人生を送ってきました」よりも、最後の最後、「神さまみたいないい子でした」に、よく表れていると思う。これを読んだとき、私は、あ、このお話は一種のファンタジーだったんだ、と思った。太宰もそれを痛いくらいわかっていて、だからこそ主人公の手記が、他の誰かの手に渡ったという形にしたんだ・・・と。

    この「神さまみたいないい子でした」を読むまで、私は『人間失格』は太宰の叫びなのかな、と思っていた。
    しかし違ったのだ。確かに叫びでもあったけれど、それ以上にこれはおとぎ話だったのだ。少なくとも、太宰にとってはそうだったのではないかと思う。ちゃんちゃらおかしい話。どこかの誰かが残した、本当か嘘かもわからない、哀しくてきれいなお話。
    太宰の絶望は『人間失格』よりも、もっともっと深かったのではないかと思う。けれど彼は、その持ち前の「道化精神」から、どうしてもその絶望をありのままに書けなかったのではないか。ありのままに書きすぎたら、読者に申し訳ない。読者に気に入ってもらえない。それに、なんだか、一人でもうダメだダメだと言っているようで恥ずかしい(自分では、もう何もかもダメだとしか思えないんだけど)。
    だから、「人間、失格」ですら彼は「おとぎ話」にしてしまったのではないか、と私は思う。本当は太宰の絶望は、これ以上にずたずたに脆くて、打ちひしがれて、繊細だった。けれど、その繊細さが、彼は恥ずかしくて申し訳なくて、たまらなかった。だからより一層、辛かった。

    そういう意味で、『人間失格』は太宰の道化精神を痛いくらいに表した、とてもきれいな「おとぎ話」だと、私は思ったのだった。本当の絶望は、自分の気持ちすらフィクション(作り物)としてしか認められないこと、なのかもしれない。

  • 人間失格。
    人間に合格も失格もあるものだろうか。
    堕落し道化に成り果て、追従ばかりになり、生きるのが辛くなればなるほど、それこそが人間なのではないか。
    と、するなら、人間失格者はもっとも人間らしいのかも知れない。

  • 太宰治は色々な評価があり、色々と言われている作家ですが、結論を言えばわたしはこの人間失格という本に65%くらい共感して感銘を受けた。もうすごく言いたいことも分かるし、あなたの絶望も分かるし、あなたの明るさの陰に隠れた卑屈な臆病な心も分かると全肯定したくなる。わたしだけがあなたを分かると言いたくなる。そんな不思議な魅力を持った人物。残りの35%は、わたしはここまで行ききれないという気持ち。ここまでは、世を捨てられないし、ここまで絶望はしていない。レベルが違うと悲しくなる。隔たれている、と感じるのが35%だった。
    しかしどちらにしろ、ひどく魅力的な本。それよりも嬉しいのは、この本をすきと言う人が日本中にたくさんいること。わたしと同じように太宰治を捉えるひとがたくさんいるということ。それだけでよし生きてみようという気持ちになる。

  • もっと早く読んでおきたかった。ひとつ怠を覚えるとみるみる転げ落ちるのよ、と素直だった頃の自分に教えてあげたい。自分を好きになるためには服飾や仕事ではなく、結局は自分を好きになれる行動を積み重ねるしかないのだと感じた。

  • 初めてコレを読もうとしたのは、中学生の時。薄っぺらいから簡単に読めるだろうと思ってたのが間違いだった。意味分かんない、全く頭に入ってこず、速攻投げたのである。
    ところが、最近プライベートでうまくいかずモヤモヤして、人生もう嫌んになってきた時、ふとこの「人間失格」が思い浮かんだ。そして、再度、読んでみた。
    すると、今回はスラスラと読める。しかもそれは、その言葉1つ1つが胸に突き刺さってくるのだ。そして思わずページをめくる手が、何度も止まる部分があった。これは自分じゃないか、そんな錯覚に襲われて、衝撃を受けた。
    絶望、失望、苦悩、葛藤、罪、とにかく人間の奥底にあるであろう、人間の闇が詰まっている。それらを見てるうちにふと、これはこれは自分だ、と思うのではないだろうか。そのググッとエグられる場面は、読書の年齢や職業、現在の境遇などによっても変わるだろう。
    この小説は、最初と最後に登場する「私」と、手記を書いた「葉」の2つの視点で展開される。語りかけてくるような文体は、あたかも太宰が耳元で囁きかけてるような感覚に陥る。距離が近いのだ。これがより没入感を高めてくれる。
    わずか300円程度の文庫でまさか、こんなにも衝撃を受けるとは思わなんだ。その衝撃はあまりにも大きく、大げさにいえば人生を変えた、いや人生を見つめ直す機会をくれたと言った方がいいかもしれない。人生の節目節目で、何回も読んでみたいと思った。
    この本は「猛毒」である。この毒を少しでも心地良くいいなと思ってしまったら、それはもう太宰ワールドに引きずり込まれた証だろう。そんな奴がここにも1人居る。

  • 太宰治がツイッターやってたら絶対フォローする

  • 新年最初に読むのはこの本しかない。
    何度読んでも、色褪せない。

    今年は堀木に注目して読んだ。


    10代の頃は、読めば泣いたり暗くなったりしていたこの本も、いつの頃からか、もう、太宰ったら、かわいいやつめ、という気になるのだから。

  • 一見世の中の全ての事象についてどこからか冷めた目で俯瞰しているようにも見えるが、
    そればただ自分自身を偽り悟られたくなく、それらを意識していたのだが、欺瞞していく中身で自分の脳さえも欺き、
    およそ世界に興味のあるが無くなってしまったかのように主人公が見えた。

    自分が傷付きたくない、傷つけられたくないという思いに駆られ、一見楽な道をを歩んでいるかのように見え、
    じつは凄絶な人生の中を歩んでしまっていた。

    節目節目で転換期となり得る場面があったのだが、持ち前の皮肉さとそれにつられたウンメイとで、
    やはりとも云うべきか、逃してしまう。

    自分の内面が外界に与える影響、外界が内面に試練を与え、それにどう反応するかで、
    人生というものが決まっていく。

    そこには深い因果関係があるようで非常に揺蕩たっている。
    そんな感想をもった。

    他、こんな比喩もあるんだと感心した。

    「牛が草原でおっとりした形で寝ていて、突如、尻尾でピシッと腹の虻を打ち殺すみたいに、
    不意に人間のおそろしい正体を、怒りに依って…」


    あとは「レギンス」という名称は最近出来たものばかりと思っていたが、まさか「人間失格」に出ていたとは思わなかった。
    http://profile.livedoor.com/book_dokushonikki/

全1874件中 1 - 10件を表示

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
坂口 安吾
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))に関連するまとめ

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))はこんな本です

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))のKindle版

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))のオンデマンド (ペーパーバック)

人間失格【新潮文庫】 (新潮文庫 (た-2-5))のCD

ツイートする