グッド・バイ (新潮文庫)

  • 2216人登録
  • 3.65評価
    • (175)
    • (214)
    • (409)
    • (17)
    • (7)
  • 184レビュー
著者 : 太宰治
  • 新潮社 (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006086

グッド・バイ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦後、幼子ふたりと妻と共に疎開し、苦労する太宰の苦悩や戸惑いを生々しく感じられる薄明、苦悩の年鑑から始まり、非常に読みやすい文体にどんどん引き込まれました。
    時に大真面目に書いてあることが可笑しくてたまらなくクスリとさせられたり、なんとも遣る瀬無い気持ちに地団駄踏みたい気持ちにさせられたり、身につまされたり、一冊を読み終わる頃には実に自分の中を様々な感情が自分の中を往来したことにびっくりしました。
    表題作グッド・バイに関しては、いよいよ面白くなる矢先にストーリーが途絶え、続きが読みたくてなんともたまらない気持ちになりました。
    傑作になるに違いなかった本作が未完の絶筆となったことが心から残念でなりません。

  • 太宰治の未完の遺作。
    「10人の女と不倫している男が、妻子を東京に呼び寄せるため、絶世の美女を“妻役”に雇い、10人の女とグッドバイしようとする」話。

    とんでもないストーリーだが、「魅力的なダメ男」を書かせると右に出るものはいない太宰である。
    完成していたら、さぞ読者は主役に(見下げ果てつつも)感情移入できる作品になったろうと想像を膨らませている。

    さて、東京で公演中の舞台『グッドバイ』は、太宰の未完品に、脚本演出のケラリーノ・サンドロヴィッチ氏が続きを足した脚本が土台。

    主役には仲村トオル。小池栄子や水野美紀、緒川たまき、萩原聖人、池谷のぶえなど魅力的な俳優がそろう。

    ドタバタのコメディで、切ないラブストーリーで、あたたかな人情劇。とても素敵な舞台だった。何度でも観たくなる。

  • フォスフォレッセンスが特に気に入った。

  • 妻子連れて4人戦火を逃れ、三鷹から甲府、故郷津軽へと疎開した太宰であるが、戦時中の疎開生活から日本の無条件降伏によって幕が降りた大戦後の日本、そこに生きる人々、男女、そういったものが、そのままそっくり、描かれている。
    そのままそっくり、というのは、当時の表現者たちといえば「偽善的」で「サロン派」な平和主義者ばかり、しかし太宰というひとはそうではなかった。
    家族との乞食同然の生活の惨めさ、日本敗戦の口惜しさ、情けなさ、今後への展望、ユートピア信奉、田舎出身の自虐的態度、都会の不変さ。
    全てが気取らず(仮に気取って書かれていても、気取り自体をまた如実に告白するのが太宰という男かと)、残酷な程に生々しく投影されている。

    グッド・バイは未完のままであったが、他作品に比べ、皮肉的ではあるがユーモアがある。コメディがある。
    解説にもあったが、太宰の第四期は花開き掛けていたのであろう。

  • 戦争という時代にあっても、この太宰という人間はやっぱり太宰という人間なんだと思ってほっとする。戦争だろうと、貧しかろうと、家が焼けようと、やっぱりこの人間はものを考えている。そんなところとは関係なく、考え続けている。仮に徴兵されたとしても、やっぱり酒を呑んで考え続けていたんだと思う。それが、この太宰という人間なのである。
    彼にとって、別にそんな些末なことはどうでもいいのである。なのに、かえってそういうことをとやかく言われるからうんざりして逃げ出したくなってしまう。確かに彼と生活を共にする人間からすればたまったものではない。彼は生活しないように生活しているのだという二重性を、誰が生活している人間の中で理解できようか。もともと世を拗ねた人間が、どういうわけか世の中で生きてしまっているのである。これが彼にとっては屈辱的なことであった。生きるというのはこういうことなのか、彼は津軽で生まれ育った時にはもうそう感じていた。早く生き過ぎたと言ってもいい。彼にとっては、もう十分生きたからさっさと死にたいくらいのことなんだったと思う。
    だが、死ねばすべて解放されるというのがわからない。死の魅力というのは、あくまでことばの上に過ぎない。だって、誰も死んだことがないから。じゃあ死んでみようということになるが、死んだその時、死んだと感じるその存在はいるのか。そんなものいないのである。死に対してなぜそんなに魅力を感じるのか。別に善く生きられないのに生きろとは言わない。だが、死ねば終りだと思うことだって、彼が厭わしく感じてやまない生活と何ら違いはないのである。その辺、「反抗だ」と言ってのけたカミュの方が断然上である。

  • 太宰の晩年の短編集。遺作となった「グッドバイ」など、意外にもコメディタッチの作品が多い。戦中の経験を書いた作品も面白く、太宰の面白さを堪能できる一冊。

  • 太宰の遺作でもあり、タイトルからしてものすごく悲惨なメンヘラ小説を想像していたのだが、読んでみたら明るいコメディ小説で引き込まれた。これはめちゃおもしろい。軽妙で気楽に読めるし、太宰のMCぶりとやらが存分に発揮されていると思う。太宰はこういうふざけたところも持ち味だと思うし、初めて人間失格を読んで引いた私が再読しようと思ったのは太宰の全力でふざけているところに気づいたからだ。かなり続きが気になる。何故最後まで書かないで死んだんだ!ちゃんと書き終わっといてくれ!と言いたくなった。死人に口無し。悲しい。

    再読。後期の太宰からは触れれば切れるような鋭さを感じる。「眉山」「男女同権」は人間失格にも通ずる虚無的な暗さがある。「冬の花火」が好き。戯曲を書いていたことに驚かされた。「饗応夫人」はなんだか悲しい。「グッドバイ」は笑えるが中期太宰ののびやかなユーモアより引きつった捨て身の笑いを感じた。返す返すも未完が惜しい。全体的に荒廃的で捨て鉢な雰囲気が漂っていて、太宰は新しい段階に進もうとしていたのかそれとも破れかぶれになり死を決意していたのか。凡才の私にはわかりかねる。

  • 確認したい事があって再読。十貫を楽に背負うかつぎ屋は永井キヌ子、二十五、六。ほっそりして、手足が可憐に小さく、顔は愁いを含んで、梨の花の如く幽かに青く、まさしく高貴、すごい美人。そして鴉声。トンカツ屋でキヌ子が食べたのは、トンカツ、鶏のコロッケ、マグロの刺身、イカの刺身、支那そば、ウナギ、よせなべ、牛の串焼き、にぎりずしの盛合せ、海老サラダ、イチゴミルク。その上キントンを所望していたからそれも食べているだろう。大食いでも十貫背負って歩けば太らないらしい。
    それにしても最後の原稿が『グッド・バイ』とは偶然か狙ったのか。

  • 「春の枯葉」より

    (雪がとけて、その下から去年の秋に積もった枯葉が出てきたシーンで、主人公の男性のセリフ)
    永い冬の間、昼も夜も、雪の下積になって我慢して、いったい何を待っていたのだろう。ぞっとするね。雪が消えて、こんなきたならしい姿を現したところで、生きかえるわけはないんだし、これはこのまま腐っていくだけなんだーーーー

  • 2015/08/08読了

    今回、伊坂幸太郎の「バイバイ・ブラックバード」がグッド・バイに影響されたと言うことで、まず読んでみようと思い手に取った。太宰治の本は有名な作品しか読んだことがなかったが、社会等に対する皮肉、ユーモアや会話のやり取り、文章の構成など、現代の作家が大きく影響を受けたことが伝わってきてどの作品も楽しく読めた。

全184件中 1 - 10件を表示

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
三島 由紀夫
三島 由紀夫
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

グッド・バイ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

グッド・バイ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グッド・バイ (新潮文庫)の作品紹介

被災・疎開の極限状況から敗戦という未曽有の経験の中で、我が身を燃焼させつつ書きのこした後期作品16編。太宰最後の境地をかいま見させる未完の絶筆『グッド・バイ』をはじめ、時代の転換に触発された痛切なる告白『苦悩の年鑑』『十五年間』、戦前戦中と毫も変らない戦後の現実、どうにもならぬ日本人への絶望を吐露した2戯曲『冬の花火』『春の枯葉』ほか『饗応夫人』『眉山』など。

グッド・バイ (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

グッド・バイ (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

グッド・バイ (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする