パンドラの匣 (新潮文庫)

  • 2462人登録
  • 3.84評価
    • (255)
    • (264)
    • (359)
    • (15)
    • (3)
  • 268レビュー
著者 : 太宰治
  • 新潮社 (1973年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006116

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

パンドラの匣 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 太宰特有の湿っぽい暗さがなく、明るく希望に満ちた作品だった。
    「正義と微笑」は希望を持って前に向かっていくという最後だったために、自分が太宰の作品を読んでいるということを忘れるくらいだった。
    太宰の暗さが苦手だという人には一度読んでもらいたい。
    きっと太宰の印象がこれまでとは違うものになると思う。

  • 「正義と微笑」との2編である。どちらも青春小説で、暗いところがなく好きだ。特に、「パンドラの匣」は、友人との書簡形式文章であるが、好きなのになんとも思わない振りをし続ける青年をいやらしくもなく書かれている。最後に素敵な文章が書かれている。

  • まだ少年の域から抜けきれていない、ちょっとばかしイタイ部分もある二十歳のヘタレ君の、キュートで明るく、そしてほろ苦い青春失恋小説です。  

    結核治療のため、終戦と同時に「健康道場」と称するまことに風変わりな療養所で暮らすことになった二十歳の青年「ひばり」。  
    彼は親友への書簡として、閉じられた退屈な世界の中のささやかで他愛もない日常を、青少年期という微妙な時期特有の悩ましさと滑稽さ、さらに、愚直さによって様々な色彩を加えながら、日々、綴っていきます。  
    自身を、何事にも惑わされない「あたらしい男」になったなどとうそぶき、硬派な男をよそおっているくせに、その実、最も多く記すのは、道場の奇怪な風習や同室のへんてこな男たちのことではなく、身近にいる女性たち ―― 仕事はできないけど、天真爛漫で愛らしくて、いつも彼を振り回す十八歳の若き看護婦「マア坊」と、優秀な年上の美人看護婦「竹さん」 ―― のこと。    

    愛嬌ある年下の小悪魔系美少女と、面倒見のよい年上美女の間で揺れ動く優男の話かい!!・・・と、途中でツッコミをいれたくなりますが、それだけでは終わらないところは、さすが、文豪の腕。  


    書簡という、身近な他者が「読み、返事を寄越してくる」ことを強く意識して描かざるを得ない特異な状況を文体として採用することで、親友にさへひた隠しにして胸に秘め続けたひばりの本心を最後の最後にようやく暴露させる手法や、三人の関係に終焉をもたらす予想外のどんでんがえしを暗示するかのように実は話の始めからちゃっかり織り込まれていた伏線の存在、好きな男への女心の機微の表出の仕方など、読み終わって振り返ると、思わずうなってしまう心憎い演出が散りばめられています。  
    若者特有の軽妙で少しばかり斜に構えた語り口と、内面的にも外面的にも精密になされた描写の絶妙な融合によって、多かれ少なかれ誰しもが持つ虚栄心と自己欺瞞、そして、実らなかったすれ違い両想いのほろ苦く優しい切なさとそれでも失われない希望を、暗さを感じさせないどころか、儚かった恋に傷つく大人になりきれない少年に愛おしささえ感じさせるように描ききった良作です。

    「正直に言う事にしよう。人間は不幸のどん底につき落され、ころげ廻りながらも、いつかしら一縷の希望の糸を手さぐりで捜し当てているものだ。それはもうパンドラの匣以来、オリムポスの神々に依っても規定せられている事実だ。」

  • 10代のころ太宰治がすごく好きだった
    手に取らなくなって久しかったが、久しぶりに女生徒を読んだのを皮切りに
    未読だったこの作品も読んだ。
    太宰治の著作の中で一番好きかもしれない。
    死の影を背負いながら、生きてること、人生を無条件に肯定しているぐらい、前向きで光に溢れた作品。
    よんでいるとフッと笑みが漏れる、作中の人物が全ていとおしい。

  • 2015.09.20再読。

    読み終わったになっていたけど、読んだ記憶がなかったんだけどな。

    『正義と微笑』
    高校受験に失敗し、俳優を目指す主人公の話。
    周囲は白痴ばかりと認識しながら、自分の才能に関しては臆病でもある。
    しかし、そういう自分を省みることが出来る点で読んでいて苦はなかった。すっきり前向き

    『パンドラの匣』
    最初の喀血シーン。怖っ!
    死を前にして、人はどう生きるのか。
    話の筋はあまり面白くなかったが、明るい太宰を読めた。

  • かっぽれさんの天然っぷりが素敵でした。ひばりのツッコミもなかなか。孔雀のあだ名を「孔雀が地味になったんだから一字取って雀にしよう」という案は機知に富んでていい。「亀は意外と速く泳ぐ」の主人公の少女二人の名前が孔雀と雀なのは、ここから来てるのかな?

  • 太宰治の作品にしては凄いポップな感じの作品です。自分は単純に太宰治は女性が本当に好きなんだなと感じた。いいも悪いもあれだけ深く観ているのは特定の人が好きなのではなく女性が好きなんだなと。
    この作品に関しては共感することも多く太宰治作品の中で1番楽に読めました。
    映画版も鑑賞したがこちらもいい出来でした。

  • 根拠もなく自分は特別なんだと思い込んでいて、
    そのくせちょっとした事で傷つきやすくて、
    自分にもこんな気持ちがあったなと、読んでいてうわぁーってなる。
    「パンドラの匣」と「正義と微笑」のどちらの主人公も
    青春のぐるぐるした感情に振り回されていてかわいらしい。

    手紙や日記形式の小説は盗み読んでるような感覚になるからか
    妙に惹き付けられるものがある。

  • 1話目「正義と微笑」は
    太宰治節なのに太宰治じゃないみたい
    なにこのとんとん拍子のサクセスストーリー
    許せーん
    読みながら「そろそろ奈落の底に落ちていくんでしょ?」と
    期待に胸をふくらませていたのにっ

    2話目「パンドラの函」も
    死の病に冒されているのに
    延々と女性批評を繰り返す主人公に
    血は?!血は吐かんのですか?!と
    肩をつかんで前後にゆさぶってやりたい気分

    なんにしても太宰治だし
    太宰治のユーモアな部分全開なので
    割と太宰治好きな自分は楽しめました

    ちょっと時間かかったけど
    変な期待に振り回されて楽しかったので
    星は3つ

  • あかるくなる。強くなれる。
    太宰治はわたしたちにいろいろな感情をくれるけれど、睫毛についたほこりの光みたいな、電車の窓から入ってくる正午の太陽の光みたいな、きらきらした中期の作品からもらえるものはとても多すぎる。
    世間的には後ろ向きの代表のような存在だけれど、この一冊は春の嵐のようにやさしく生暖かく、けれども確実に背中を押してくれる一冊だ。

  • 今まで読んだ太宰作品で三本の指にはいるほど好きだ。

    特に、正義と微笑。
    颯爽と難儀なことを成す人は、素敵だ。

    微笑をもて正義を為せ!

    日記帳、また手紙に綴られた主人公の語り口は、美しいほど素直で悪びれず、哀しいものがある。

    思春期の心の揺れが痛々しいほど鮮明で、引き込まれる。

  • 映画より、小説の方が細かく描かれていて、味わいがある。
    ただ、映画では川上未映子さんがすごく可愛い☆

    レビューですが、
    思春期!青春!を描いた作品!
    太宰 治なのに、明るい。

    「やっとるか」「やっとるぞ」「頑張れよ」「よしきた」!
    こんな前向きでストレートな言葉たちに励まされました!
    日常生活も、挨拶からさわやかに生きたいものだ!良作。

  • 「健康道場」という風変りな結核療養所で、迫り来る死におびえながらも、病気と闘い明るくせいいっぱい生きる少年と、彼を囲む善意の人々との交歓を、書簡形式を用いて描いた表題作。社会への門出に当って揺れ動く中学生の内面を、日記形式で巧みに表現した「正義と微笑」。いずれも、著者の年少の友の、実際の日記を素材とした作品で、太宰文学に珍しい明るく希望にみちた青春小説。

  • 太宰のくせに明るかったです(笑)太宰らしさというか、鬱っぽさは相当薄いですね。両編とも希望があって読んでいて楽しかったです。しかし、その中にも生きることへの葛藤があったりして、一筋縄ではいかに面も。太宰でもこんなものが書けるんですね。太宰が一段と好きになりました。

  • 苦悩の果ての静かな希望というものに、無風の穏やかさとでもいったものを感じた。チェーホフが好きだそうだが、分かる気がする。『桜の園』などを思わせるか? この人はやはり自意識の不純の果ての純粋を求めた人だと思う(「パンドラの匣」)。

  • らしくないと言うべきか、明るく希望に溢れた青春の青臭い匂いがする素敵な小説。いいよね-。太宰治が書くから生意気なひばりが好きになる。この若さゆえの偏屈さが好きだ。屈折した愛情が好きだ。思い上がりが好きだ。傲慢さが好きだ。ねっとりと絡む暑苦しいくらいの気だるさと希望が眩しいくらい。読んでいてなんとなく恥ずかしくなるのは、その若さが身に覚えがあるから、でしょうなぁ…。
    凄かったなぁ。こういうの読みたかった。薄暗くて、でも目を開けたら眩しすぎるくらい眩しい。びくびくしながら大胆なことをする臆病さ。言葉と裏腹な気持ち。全部人間の素敵なとこだ。何回も読み返そう。太宰治ファンとしても大満足でした!

  • けだるさと、希望が入り混じる。

  • キラキラしてて、小難しい【ひばり】がうらやましい。

  • 昭和二十年秋、連載の際に読者に送る言葉がいかにも太宰らしい。

    パンドラの匣という題については、この小説の第一回に於て書き記してあるはずだし、

    ここで申上げて置きたい事は、もう何も無い。

    はなはだぶあいそな前口上でいけないが、しかし、

    こんなぶあいそなあいさつをする男の書く小説が、案外、面白い事がある。

  • 収録の2作品とも、青年を主人公をしているために、良くも悪くも若さが前面に出た作品となっている。
    特に表題作はどこまでも明るく前向きで、その爽やかさが胸を打ってならない。

  • 結核診療所を舞台にし、「人間は死に依って完成せられる」という太宰治の死生観、戦後という時代背景から、主人公ひばりが求める「新しさ」、それらがこの小説のテーマになっているのだろう。

    自分はどこか特別なんだと感じてしまう感情、どこから出てくるのかわからない自信、素直になれない自分、どれも共感してしまって切なさを感じてしまう。
    ただ、それらの感情を持ったひばりが結核という病気、同じ塾生の死、助手への恋心など様々な人間関係を通して、「自分」というものを受け入れていく様子は、太宰の心に流れてくる文章と相まってとても美しい。

    物語の背景は暗いものだが、そこに描かれる生き生きとした登場人物たちがその暗闇を照らす光となって、一層眩しく感じられる。

    溢れる希望で心が満たされる、太宰流の青春小説。


  • 生と死

    重く難解なテーマでありながら、
    このパンドラの匣では
    明るく軽やかな雰囲気のなかで
    物語が展開されていく

    この作品で説かれている
    「生の在り方」「死の意義」を通じて
    生きることに困憊し、何度も心中を試みた
    太宰の死生観、命に対する考えを
    垣間見たような気がした


    −人間は
     死に依って完成させられる。
     生きているうちは、
     みんな未完成だ。


    死は「無」になることではない

    人間が
    人間らしくあるために通る最後の道


    そして
    あのパンドラの匣の
    片隅に転がっていた
    小さな「希望」の石が

    未完成な私たちを 生かしてる

  • 貸してくだすった先輩曰く
    「太宰はこんな瑞々しい文章も書くんだよ」とな。
    何すかその粋な表現!
    でもおっしゃられる通り、すごく遊び心満載で、最後とかちょっと
    「えぇー太宰さんそんなえぇ終わらし方しはりますの」的な。
    やっぱ要所要所太宰節みたいなとこはあるけど、
    とっても生き生きしていて新鮮な1冊でした。

  • 「正義と微笑」が可愛くてしょうがないですけど。「お前の日記見たよ。あれを見て、兄さんも一緒に家出をしたくなったくらいだ」「でも、そいつぁ滑稽だったろうな。無理もねえ、なんて僕まで眼のいろを変えてあたふたと家出してみたところで、まるで、ナンセンスだものね。木島も、おどろくだろう。そうして木島も、あの日記を読んで、これも家出だ。そうして、お母さんも梅やも、みんな家出して、みんなで、あたらしくまた一軒、家を借りた、なんて。」とか言うお兄さんラブ。!冗談言うのに気の弱いお兄さん。可愛すぎる。「パンドラの匣」の手紙という形式から現実と矛盾した情報を読者に植え付ける技術。ひばりの心の動きに、読んでてあたふたします。やっぱり若いんだ、青春なんだ。ああ青春ていいなあ。

  • 人間失格だけが太宰じゃないのですよみなさん!

全268件中 1 - 25件を表示

パンドラの匣 (新潮文庫)に関連するまとめ

パンドラの匣 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パンドラの匣 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パンドラの匣 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

パンドラの匣 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

パンドラの匣 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする