もの思う葦 (新潮文庫)

  • 893人登録
  • 3.56評価
    • (75)
    • (61)
    • (192)
    • (9)
    • (5)
  • 63レビュー
著者 : 太宰治
  • 新潮社 (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006147

もの思う葦 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前期に書かれた表題作「もの思う葦」から晩年の「如是我聞」まで、太宰の言葉が集められた1冊。
    太宰はどこまでも一生懸命で、全力で文を書いている。(そのことは、何かの短編で語っていた。)不器用な懸命さというかなんというか、自己犠牲的なもの。命懸け。でも命懸けで書きたかったのは、小説であって、創作だった。だから随筆とか自分のことについては、おざなりでやっつけ感満載。お金のための、お酒のための仕事といった感じ。
    「如是我聞」は、今まで溜め込んで来たものを一気に書き散らした、自己破壊的な印象を持った。世間に対する恨みのようなものもあったかもしれない。そしてうわあああっと喚いて、あっけなく死んでしまったのだから、織田作之助のような最後の足掻きに近いものがある。
    太宰、よくやった!

  •  
    ── 太宰 治《もの思う葦 200205‥ 新潮社 19800825 新潮文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4101006148
     
    …… 川端 康成の、さりげなさそうに装って、装い切れなかった嘘が、
    残念でならないのだ。たしかに、こんな筈ではなかったのだ。
    http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1607_13766.html
     
    (20171108)
     

  •  太宰治の随想集。「如是我聞」と「織田作之助君の死」が収録。全般的に太宰だなあと思えてしみじみする。唐突に出てくるフランス語等に戸惑う。

  • 日々の生活…

  • 奇しくも桜桃忌に読了。「笑い。これは強い。文化の果の、花火である」この一文を読み、又吉さんの「火花」というタイトルはこの言葉へ捧げられたオマージュだろうか?と思った。本書は太宰の小説以外の随想集で、少し毛色が違ったエッセイが収められている。「川端康成へ」と志賀直哉への痛烈な批判「如是我聞」が強烈だ。如是我聞では「いくらでも書くつもり」なんてしめているのに…続きが読めず無念。「悶々日記」が意外と好き。小説よりも太宰の人間くささに触れられる好著。

  •  随筆など小品を集成。短いものは1頁程のもの。多くは2、3頁程で、気軽に読み進むことができて楽しい。

    とりわけ、以下の短編・随筆が面白い。
    『酒ぎらい』。お酒が好きな太宰だが、外の居酒屋で飲むのを好み、自宅に一升瓶があるだけで妙に落ち着かない性分。ある日、旧来の友人が家に来訪するのを機に、お酒を一気に飲み干し、在庫処分せんとするのだが…。
    随筆だが、短編の趣もあり、楽しい。

    『「井伏鱒二選集」後記』の“早稲田界隈”の話。太宰は、最敬愛の師井伏氏と共にぷらりと早稲田の町に立ち寄ったところ、早大の文科生らがぞろぞろどこまでもついて来る。「皆、呑むつもりなのだ」。

    そして『如是我聞』。志賀直哉に対する、実名を挙げての批判攻撃。ここまで言うかと失笑するほどの口撃。小気味好いほどで、且つ、文学に対する太宰の姿勢、美学も滲んでいて面白い。

  • 太宰を読まずに死ななくて良かった。
    惚れっぽい自覚もあるので、知る人には「またか」と言われてしまいそうだが、
    これまでひらいたことのある小説や評論、随筆の中でも、こんなに痛快で、心が軽くなったり、苦しくなったりした文章はない。
    本当に、これを知らずに死ぬなんて勿体無い。
    別に、太宰を読め、と言いたい訳ではない。
    人によっちゃあきっと、「何だこの卑屈屋」と吐き捨てる人もいるだろうから。
    だが、少なくとも私にとっては、知らずに死ぬことはできなかった人だ。

  • 自分が大好きなんだなあ……。

  • ブログかよ、というのが素直な感想です。

  • 日本が負けて戦争が終わったってえのに
    文壇じゃ相変わらず戦争前の伝統やらを重んじて
    戦争協力してきた連中をありがたがっていやがるのは
    いったいどういう了見だ
    これあるを期してさっさと死んだ芥川を
    ちったあ見習ってみてはどうなんだい
    といった具合の剣幕で怒り狂う太宰の「如是我聞」は
    戦後日本に対する、たったひとりの宣戦布告である
    これによって太宰は、ほとんどの文芸誌にあっさり干されてしまう
    そもそも芥川にしたって
    志賀直哉や久米正雄のようなずぶとい神経にあこがれて
    「エゴイストになりたいのだ」などと書いてたはずなんだけどね

全63件中 1 - 10件を表示

太宰治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

もの思う葦 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もの思う葦 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もの思う葦 (新潮文庫)の文庫

ツイートする